« 「彩の華日記」を始めました!! | トップページ | 「並跳」の証言(その2) »

2006年1月23日 (月)

「並跳」の証言(その1)


                 (「並跳Q」 別格品だす!)
 ブログも始まったばかりですがまだ開花まではもう少しですので、折角ですから少し雑談をカキコしたいと思います。と、言うわけでみんなが知りたい話その1「並跳」について!
 そもそも跳珠系の三段親が注目されてから数年が経ち、マニアの方のお手元にもF1等が浸透してきましたが、その殆どは渡金農園さんの「並跳」or「初跳」だと思います。
 ところが良く聞く話では「並跳は三段が咲かない」とか「並跳駄目だよ」等の話をけっこう各地で耳にします。
 ≪さて、本当に「並跳」はダメなのでしょうか!!≫
下の写真は「並跳」♀に、当園の知る人ぞ知る三段花粉親514(姫神♀×青嵐♂)を交配したもので「一の倉」と銘しております。
この通りちゃんと三段咲きが咲くのです。
ただし「並跳」は1個体ではありません。沢山あります。(中には絶対外に出無い別格品もありますよ!)
だからそれらの中には、もしかしたら跳珠の血の無い普通の標準花がある可能性も否定出来ません。
花粉の吹く個体もあるようですし。
実は我が家の初代「並跳」君もちょっと気まぐれ君ですが、この続きはまた明日。・・・・・・・・つづく。

            (「一の倉」 複雑な三段弁が素敵!)

« 「彩の華日記」を始めました!! | トップページ | 「並跳」の証言(その2) »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「彩の華日記」を始めました!! | トップページ | 「並跳」の証言(その2) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ