« 「申公」の証言(その4) | トップページ | 初めてやりたかったこと。 »

2006年1月31日 (火)

「申公」の証言(その5)


(左上「水晶冠」右上「田園」左下「大団円」右下「如意輪」)
 「申公」はその他にも様々な♂親との交配で力を発揮しています。今回は、「申公」を直接交配した一例をご紹介いたしましよう。
・「水晶冠」 藤紫色の花弁にキラキラ光る三段弁がとても美しいものです。これは、3213(「申公」×(初鏡×跳珠)♂)です。
・「田園」 たっぷりとした外弁と湧き出るような緑褐色の三段弁は侘び寂があります。これは3224(「申公」×佐渡の幻F1♂)です。
・「大団円」 多弁の外弁と三段弁がボリューム一杯の花です。これも3224(「申公」×佐渡の幻F1♂)です。
・「如意輪」 藤紫色のたっぷりした多弁花に明るいグリーンの三段弁が湧き出る様に溢れます。これは3214(「申公」♀×(豪姫×王様)♂)です。
 この様に片親を変えるだけで、三段咲き一つをとっても色々と多様化して楽しいものです。
「申公」の特徴としては、「意外に弁化しやすく三段の場合も良く開くが、時に開きすぎて止まらない」という特徴があります。おそらくこの花自体が幾つかの日輪、二段、三段による分離のF2と思われますが、花を大輪化する事や株を大型化するところ等は、初期の「跳珠F」のイメージも絡んできます。(余り血が濃いとは思えませんが) もう一度、ヘラを拾って更に中心の纏まりをつければ今以上に良いと思い、色々と実践しています。
 何にしても、これから様々な♂親が増えるにつれて、まだまだ多様化出来そうな「申公」です。・「完」

« 「申公」の証言(その4) | トップページ | 初めてやりたかったこと。 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「申公」の証言(その4) | トップページ | 初めてやりたかったこと。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ