« 始めの一歩(その8) | トップページ | 花徒然の旅(その1) »

2006年3月16日 (木)

始めの一歩(その9)



左上・内裏系地合いと跳珠系交配の赤地合いヘラシベ
右上・内裏系地合いと三千風系交配の赤地合い短シベ
左下・絵草子系に青嵐系交配の紫地合い三段咲き
右下・佐渡小町系に八海山・跳珠系の網目三段咲き

今、マニアの方が求めているのはいったいどんな花でしょうか。
これから先に流行る花はどんなイメージなのでしょうか。
いつもそんな事を考えながら交配しています。
今、一つの兆しとして「模様花」が注目されています。
「標準花の花模様を段咲きに取り入れられたら」とは、以前にもこのブログで書いたとおりですが、やはり、ひとつの方向性としてはアリかナとは思います。
とにかく思いたったら何でも交配して見ましょう。結果はどうあれ、蒔かぬ種は生えません。
僕は二段咲きや三段咲きのF1を作る時、必ずついでに地合いや網目、白覆輪等の標準花クロスを作っておきます。花の数が有れば赤白シベや紫白シベ、さてはサーモンピンクや紅すだれの様なものまで交配しておきます。
数の中には上の写真のようにちゃんと地合いや網目などの模様花でF1が咲いてきます。
後は分離しようがクロスしようが、どう使おうと自分の感性次第です。
運がよければ下の写真の様に地合いや網目の段咲きが咲くかもしれません。
これからは明るく・綺麗で・品や格のある花が主流となってくるでしょう。
ついでの作業と言いましたが、この作業も実は結構計画的だったりもするのです。
こんな作業こそが、「始めの一歩」として最も大切な作業なのだと常々感じています。
PS・・・明日から3日間はお出かけです。店にはいません。ごめんなさい。
17日は国際の会の審査、18日は新潟の展示会巡りから島に渡ります。19日は島巡りで夜にはお帰りの強行スケジュールです。相変わらず色々な人を巻き込んでドタバタドタバタしている事でしょう。
そんな訳でブログも3日間はお休みです。

« 始めの一歩(その8) | トップページ | 花徒然の旅(その1) »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 始めの一歩(その8) | トップページ | 花徒然の旅(その1) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ