« 「武王」に改めて見る「跳珠」の力 | トップページ | たまには「斑入り」もいいもんだ! »

2006年4月18日 (火)

2006年「デッカイ葉」コンテスト


チャンピオン「スイカ模様キメラ紺斑」堂々の横幅12.2㎝
今日は何となく葉も出揃ってきたので、「デッカイ葉」コンテストをしてみました。
なるべく大きそうな葉を物差しで計ってみたのですが、今年も昨年同様「キメラ紺斑」(スイカ模様斑)が一番大きく、横幅で最も大きなものは12.2センチありました。(パチパチパチパチ、おめれとぉ~)
二番目は11.5センチで「お嬢」の実生の「重慶」と「おけさばやし」の実生の「紫天晃」が同点です。
ちなみに、大きいと思われている「大観」や「やたがらす」が10.5センチ、「富嶽」「熱唱」「仙の倉」「春の君」が10.2センチ、韓国ウルルン島のマキシマや赤花の「鬼太鼓」が11.0センチです。(あくまで当園比です)
12センチを越えるとさすがにでっかいですよ。
写真は昨年のものですが、昨年は比べこそしませんでしたが、やはり、今年潰れた「世界」と同じかもう少し大きいかだと記憶しています。
この「スイカ模様斑」は少し昔、斑入りの本で見て気に入ったもので、無理言ってササヌマさんに分けていただいたものです。
この品種の凄い所は、一芽では無く、株立ちになっても葉がでかい事で、大株になると他を抜きん出て圧巻です。
斑も、後冴えながら良く出来るとほとんど「スイカ」の様な縞模様となりとても美しいものです。
これからまだ窒素系の肥料を与えるので、おそらくもう1回りくらいは大きくなるでしょう。13センチ位になるんじゃないかしら。
ちなみに「斑入り」部門の第2位は「青鷺」の10.2センチでした。
こうなると12センチは敵無しですね。
でも、葉の大きさを測りながらつくづく思ったのは、「やっとこんなことする時間の余裕が出来てきた」という事かも知れませんね。(だから仕事しろよ・・)

« 「武王」に改めて見る「跳珠」の力 | トップページ | たまには「斑入り」もいいもんだ! »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「武王」に改めて見る「跳珠」の力 | トップページ | たまには「斑入り」もいいもんだ! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ