« 「故郷は地球」 | トップページ | ほんとうのほんものなのだ(その2) »

2006年5月 6日 (土)

ほんとうのほんものなのだ


アクィレギア・サキシモンタナ」 なかなか本物にお目にかかれなかった幻な奴。かなり特徴のある花ですね。
「ウルトラマン」の次は「天才バカポン」の様なタイトルになってしまいました。
写真の「アクィレギア・サキシモンタナ」(Aquilegia saximontana)を見て、「あれっ!オレのと違うぞ」と思われた方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。
実は、国内のホームページ等を見ていても、そのほとんどの写真に本物はありません。
かく言う僕も、昔から種子を蒔いているのですが、そのほとんどは「アクィレギア・フラベラータ」(ミヤマオダマキ)や「アクィレギア・ディスカラー」等で、昔、ロッキーの図鑑(確か、ワイルドフラワー・オブ・ロッキーだったかな?)で見たそれとは大きく姿が異なるのです。
国内はよく解りませんが、少なくとも海外の大手の種子屋さんやナーセリーで販売しているもののほとんどに本物はありません。又、ロッキーの種子屋さんでもガーデンシード(自家庭採種)を販売している所は先ず本物では無いようです。海外の山草会の頒布種子にも殆ど本物はありません。今年も、数箇所からこの種の種子を入手したのですが、やはり本物はナチュラルシード(野生現地採種)を分けてもらった1ヶ所だけです。
こういった事はこの種類には限りません。
以前より数十ヶ所のタネ屋さんから種子を購入していますが、種子の正確性、種子の善し悪し、発芽率の高さ、などから次第に絞られて、最近ではガーデンシードの多い不確実なナーセリーからは殆どこう言った珍しい花の種子は購入していません。僕らが珍しいと思う花程、偽者が多いからです。ところが、多くのマニアの方が種子を入手している所は、殆どこういった表舞台のタネ屋さんなのです。(裏舞台のタネ屋ってあるのか?)
まあ、販売する方も決して悪気はないのでしょうけれど。
この仕事は信用問題も多く関わってきます。少しでも多くの資料を集めて、確実なものを販売できるように努力していきたいと思っています。が、珍しいナチュラルシード等は逆に資料も無いですし・・・(困った、困った、困った、困った・・・)
ともあれ、足掛け10年近く、やっと本物を探していた植物に巡り合えました。小型でとても素晴らしい花です。
今年も少し販売しましたが、今は数固体の兄弟株を残して、毎日シブリング(兄弟交配)を行っております。
少しでも多くの種が取れればコンスタンスに販売できて嬉しいのですが、はたして。

« 「故郷は地球」 | トップページ | ほんとうのほんものなのだ(その2) »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「故郷は地球」 | トップページ | ほんとうのほんものなのだ(その2) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ