« 今日から山野草だよ~ん | トップページ | 「アブラムシな奴」も感激~! »

2006年5月 1日 (月)

アルプスの王様のともだちなのだ


「エリトリキウム・アレチオイデス」 キング・オブ・アルプスの仲間の素敵な奴。ロッキ-山脈の3000~4000mの高地に生えます
「アルプスの王様」と呼ばれる植物をご存知でしょうか。
「キング・オブ・アルプス」学名をエリトリキウム・ナヌムと言います。ミヤマムラサキの仲間で小さな毛の生えたロゼットをクッション状に密生させて、ブルーの小さな花を一面に咲かせます。余りに華麗なその姿から「アルプスの王様」と呼ばれて、欧州アルプスではエーデルワイスと人気を二分するほどに有名な花なのです。
この仲間は北半球に多く分布して、特に苔の様なマットになるタイプのものは「クッションマニア」憧れの逸品です。
ただし、小型になればなる程に難物ではありますけど・・・。
さて、写真のこの植物は、そのエリトリキウムの仲間でも特に青い花と黄色い目玉の美しいもので、北米・ロッキー山脈の高地に生える「エリトリキウム・アレチオイデス」(Eritrichium aratioides)です。
この花は当園の常連さんの一人・Kさんが「2年前に分けてもらったものが開花したので」と、わざわざ鉢をお持ちいただいたものを撮影したものです。
このKさん、埼玉県の越谷にお住まいなのですが、「越谷」と言う所は関東でも夏が最も暑い所で有名です。(夏は連日35℃は当たり前~!ルンルン♪)
そんな所で珍品や難物を色々と育て上げてしまうのですから(しかもナント100円ショップのテラコッタで、、)なんともとんでもない達人です。
当園の「幻の夏リスト」では必ず品切れになるこの仲間も、これだけきちんと栽培していただけていると、本当にこの仕事をしていて良かったと思います。
でも、この手の植物を毎年御注文いただいている各地のみなさん話を聞いているとみんなスゴイですよね。
なんか、ヘーぜんと難物を咲かせるみたいで。
Kさん、又何か咲いたら見せてくださいね。

« 今日から山野草だよ~ん | トップページ | 「アブラムシな奴」も感激~! »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

私もエリトリキウム大好きです。以前、ナヌム、コーカシカを育てていました(やまくささんの苗だったと思います)。以外に丈夫で花のあと夏越しもできました。
ところで、憧れのエリトリキウムがあります。アラスカのプリビロフ諸島に産するArctic forget-me-not(Eritorichium sp.)です。青ではなく濃い紫に中心部オレンジのクッションタイプです。いまは亡き写真家の星野道夫さんが写真にとってみえますが、私の知る限り海外のナーゼリーのリストでも見たことがありません。いつかは育ててみたい植物です。もしかしてやまくささんの秘蔵品にあるとか・・・?

コメント有難うございます。
アラスカのセントローレンス島等に生えるものと同じものかと思われます。
おそらく、エリトリキウム・アレチオイデスではないでしょうか。
分布は広くロッキーの高地まで生えています。
E.ナヌムにも似ていますが、中心の目玉が黄色から橙色になるので、以前は変種扱いされていました。最近ではE.エレガンスとかエロンガーツム等とも呼ばれている様です。
(違ってたらごめんなさい)
今年は完売ですので、来年にご期待ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日から山野草だよ~ん | トップページ | 「アブラムシな奴」も感激~! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ