« 菊咲きミヤマオダマキ今昔物語 | トップページ | 秘伝「やまくさ流春化処理」? »

2006年5月10日 (水)

「神の花」への憧れ

昔、高山植物の雑誌で「ユキバヒゴタイ」を見た時から、ヒゴタイやトウヒレンの仲間がとても好きになりました。
高校の時、初めて登った大雪山で「ウスユキトウヒレン」を見たときには、極寒の大地で風雪に耐えながら咲くその姿に感動しました。
NHKの特集で「神々の住む山」と題したその映像の中で、不思議な姿で花開くワタゲトウヒレンや雪蓮、ヒマラヤダイオウ等の姿を見たときに「何時かは栽培してみたい」と言う衝動に駆られたのは今に始まった事ではありません。5000mの高地に、全身を綿毛で包まれた「小坊主」の様な不思議な姿はまさに「神の化身」の様な植物で、何としてもこの「セータープランツ」を自分の手で栽培してみたい、と思いは募るばかりです。
ここ数年、多くのプラントハンターやシードマンのお蔭で、多くのサウスレアの仲間たちの種子を入手できる機会に恵まれました。
今年は特に多く、20種類近くの種蒔きが出来、早々に発芽も始まっています。
この仲間を日本で咲かせたという話は今の所聞いた事がありません。
帯広のKさん一人だけ、サウスレア・トリダクティラの花芽がついたと言ってられましたが、残念な事にこの冬越しの最中にネズミに齧られてしまったようです。是非どなたでもいいから、この「小坊主」の様なセータープランツを咲かせて欲しいと願って、今年は蒔き床に発芽した状態のままお譲りしました。
でも、植物のほうもまさか、こんな埼玉の海抜0mに近いところで生まれるとは思いもしないでしょうね。
サウスレアたちの質感を感じ取れるだけでも、とーっても嬉しいものです。
何とか今年は夏越しに挑戦したいので、全力でがーんばっていきまっしょ~い!
取敢えず「苗のうちはこんな姿だよ~ん」と言う感じだけでも味わってみてください。

左「サウスレア・トリダクティラ」 右「サウスレア・グナファロデス」

左「サウスレア・クェルシフォリア」 右「サウスレア・ステラ」

左「サウスレア・cf・ニドゥラリス」右「サウス・ウェルネリオイデス」

左「サウスレア・レウコフィラ」  右「サウスレア・ミヌタ」

左「サウスレア・SP・セータータイプ」 右「サウスレア・レウコマ」
まだまだありますが、こんなところで・・・。
みんな元気に育ってね!

« 菊咲きミヤマオダマキ今昔物語 | トップページ | 秘伝「やまくさ流春化処理」? »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 菊咲きミヤマオダマキ今昔物語 | トップページ | 秘伝「やまくさ流春化処理」? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ