« 「熱」だー!!! | トップページ | 天使のウインク♪ »

2006年5月18日 (木)

マニアな八重咲きカンアオイ


「セノビカンアオイ八重咲き」 地下茎が背伸び~な奴。カンアオイの仲間は地域変異が多くてよく解りませ~ん。
「トミさん、変な八重のカンアオイが交換会に出てたよ」と言う知人からの電話。
「「セノビカンアオイ」って言うらしいけど、こんなカンアオイ、俺、聞いた事ねぇー!知ってる?」と言われても、オレも聞いた事ねぇ~。
聞いた事のないカンアオイで、しかも八重咲き、八重咲きカンアオイマニアとしてはこれは聞き捨てならない。
先方も良く知ってくれていたもので「取敢えず落としておいたから、割った時に一芽返してくれればいいから、渡しとくよ!」と嬉しい言葉。
「悪魔の様な悪い人たち」の代表の様な「悪い人」のくせに、何てイイヤツなんだよ~!」と涙・涙・涙。
この「セノビカンアオイ」早速本やネットで調べますが、なかなか答えが返ってきません。
結局、ヒメカンアオイの一変種で、写真の通り茎の節間が長めでやや匍匐して、葉茎も内側にカーブしながら立ち上がる特徴があり、その姿から「背伸びカンアオイ」と呼ばれているそうです。ラベルには能登産と書いてあります。
考えてみたらカンアオイにはこんな変な名前のものが多く、蕊柱の先端がカギの形だから「カギガタカンアオイ」、子房が三個だから「サンコカンアオイ」とか、葉が厚いから「アツバカンアオイ」とか花が小さいから「コバナカンアオイ」とか、「アツミカンアオイ」なんかは渥美半島にあるのかと思ったらガク弁に厚みがあるので「厚身カンアオイ」だし、かと思うと、「アシタカカンアオイ」なんかは茎元が高くて「足高カンアオイ」かと思ったら、静岡県の愛鷹(あしたか)山の名前だって言うし、もー、カンアオイの名前、よく解りましぇーん。
けっきょく「セノビカンアオイ」の普通の花や姿の写真は未だに見ずで、「並品」を見ずして「八重咲き」を入手してしまいました。
そうこうしている内に、九州のKさんから「未だどこにも出ていない珍しいスズカカンアオイの八重があるよ」とのお話し。
またまたいても立ってもいられなくなった「八重咲きカンアオイマニア」はすぐさまオネダリ開始。
(相変わらずプライドは無い!!)
その甲斐あって「スズカカンアオイ八重咲き」もGETだぜ~!(ちっとばかし古いよ~)

スズカカンアオイ八重咲き」 一つ出てくると色々な花に八重咲きが見つかるのがとても不思議~。弁化もしっかりしてます

« 「熱」だー!!! | トップページ | 天使のウインク♪ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「熱」だー!!! | トップページ | 天使のウインク♪ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ