« ギボウシ自己流進化論 | トップページ | ギボウシ自己流進化論2 »

2006年6月 8日 (木)

麦秋の頃


シクラメン・ファトレンセ」 既に忘れ去られた存在のシクラメン。でも、好きな花です。この花が咲く頃は色々と忙しいんですよね。たわわの麦畑をバックにパチリ!(ビールの宣伝みたいな写真ね・・・by奥さん)
いよいよ入梅でしょうか。この頃の園の周りは麦畑の穂が黄色く稔ってきて今年も「麦秋」の季節を迎えました。
そして毎年、今ごろになると咲く花のひとつに写真の「シクラメン・ファトレンセ」(Cyclamen fatorense)が有ります。
これは、今から10年以上も前にチェコ産の現地種子を入手して実生したもので、今では「シクラメン・プルプレスケンス」の東欧タイプ扱いされていますが、こちらの方が葉や全体の纏まりも良く、花もふくよかなので以前からお気に入りです。もちろん、香りも抜群ですよ。
この花が咲く頃になると「貧乏暇なし」になります。
売店はウチョウランのシーズンに入りますし斑入り植物の準備も、雪割草の種蒔きや苔取り、表土替え等の他にも、暑がる植物に寒冷紗の準備や、雷や雹・大雨への警戒、近くでハナショウブやラベンダーのお祭りも始まるので、見学者も多くなり、何かと周囲が慌しくなります。
何より「夏リスト」のラストスパートで、相変わらず昼間はポット苗作りで、夜はリスト作りに追われています。ブログもしばらくは途切れ途切れになるかもしれません、ゴメンナサイ・・・。
此処のところリスト作成の為に内外のありとあらゆる資料を読み漁っていますが、国内本の写真集などは殆ど役には立ちません。(ざんね~ん!)
植物の写真や、特に解説文には何の思い入れも感じず、どの本もただ写真を並べて、何を調べたのか通り一遍の短文が書いてあるだけですね。本によっては直接関係無い「自称・研究家」の様な人が「卓上の空論」的な文章を述べているだけのものもあります。(誰でもわかる資料の丸写しですね)
ただし、吉田外司夫さんの書かれた3冊の本はどれも素晴らしいです。
植物達の最もカッコイイ部分を把握して写真を撮っているのがよく解ります。どの植物の写真を見ても「カッコイイ」んです。一つ一つの写真や解説文に吉田さん自身の「思い入れ」がダイレクトに伝わってきます。
「こんな感じで栽培してみたい」と思う写真ばかりで、解説文を見ても「こんな感じで栽培すれば・・・」と言うヒントが思い浮かぶ文章になっています。写真と文章が一体となって生の迫力です。
シードマン達の動きも年々未知の植物へのチャレンジが多くなってきています。
今回掲載予定の花たちも、ほとんど現状では手元に資料がありません。
どこかに中央アジアの植物全てを網羅した資料が無いかしら。ホント・・・。

« ギボウシ自己流進化論 | トップページ | ギボウシ自己流進化論2 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ギボウシ自己流進化論 | トップページ | ギボウシ自己流進化論2 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ