« カリフォルニアの白いリンドウ | トップページ | ギボウシ自己流進化論 »

2006年6月 4日 (日)

長生きしてね!


サウスレア・グナファロデス」 中央アジアの高山帯上部に生える極めて小型のトウヒレンの仲間。こんな植物を栽培できる事自体が夢のようです。長生きしてね。
今日は、日曜日で疲れもたまって、又、腰痛の薬(痛み止め)の御蔭か、少し前から胃にも激痛が走るようになったので定時で作場を引き上げる事にしました。(イヤイヤ、決してサッカーが見たい為ではないですよ。・・・ほんとーにほんとですよ。頑張れニッポン!!)
今年も2000近く実生をしていますが、その中でもっとも標高の高いところで採種の植物はなんだったでしょうか。
写真の植物はサウスレア・グナファロデス(Saussurea gnapharodes)でインド・ザンスカー5500mというとんでもない標高で採種された植物です。
このサウスレア・グナファロデスは、以前、吉田外司夫さんのヒマラヤの本で見て以来、絶対に育ててみたい植物のひとつでした。
今年はこの辺にタネ屋さんが集中したのか、写真の個体の他にもチベット・ドンダ・ラ5200mのものと、チベット・ドンダ・ラ5100mのものも苗が出来上がっています。
はたしてどこまで上手く育ってくれるかはわかりませんが、ここまで来たらせめて花くらいは見てみたいものです。なんせ自生地では開花期でも朝には花が咲きながら凍っているみたいですしね。
ちなみに、下の写真はアブラナ科のクリストレア(Chrystolea)の仲間です。
この仲間は確認されている所ではヒマラヤ6400mの高山帯上部で発見された、もっとも高地にまで生えていたと言われる植物です。今、実生2年目なので、何とか花だけでも見て見たいのですが、害虫やむ薬害に弱くなかなか大変そうですね。

クリストレア・aff・パミリカ」 最も高山に生えるアブラナ科の珍品。タジキスタン・ピク・コムニズマ4600m産の実生2年苗です。この仲間も色々チャレンジして、花を見たいですね。
ハルダ先生ありがとうね。

« カリフォルニアの白いリンドウ | トップページ | ギボウシ自己流進化論 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

腰の方、早く良くなるといいですね。

変なアブラナ科やアンドロサーケと、今年の夏リストもワクワク・ドキドキです。去年末~今年の春にかけて、やまくささんで買った可愛い植物達の近況をアップしてみました。暇だったら見てくださいね。
http://photos.yahoo.co.jp/a850188
これからの夏を上手く乗り切ってくれれば最高なんですがね(笑)

こんにちは。

腰の方、早く良くなるといいですね。

変なアブラナ科やアンドロサーケと、今年の夏リストもワクワク・ドキドキです。去年末~今年の春にかけて、やまくささんで買った可愛い植物達の近況をアップしてみました。暇だったら見てくださいね。
http://photos.yahoo.co.jp/a850188
これからの夏を上手く乗り切ってくれれば最高なんですがね(笑)

つのださん、こんばんは。
写真拝見しました、何れの品物も順調のようで安心しました。
とても出来がいいですね。
これから夏本番です。お互いに頑張りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カリフォルニアの白いリンドウ | トップページ | ギボウシ自己流進化論 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ