« 庭のヒトツバオキナグサ | トップページ | 個体選別(その2) »

2006年7月10日 (月)

庭のコウホネ


サイジョウコウホネ」として入手したもの。柱頭盤の紅色がとってもセクシーで可愛らしい花です。原種説と交雑種説がありますが、交雑説が有力だそうです。個人的には「コウホネ」よりも「コオホネ」の呼び方のほうがすきなのですが・・・・・。
昨日に続き庭の話をもう一つ。
僕の家の庭には「ロックガーデンの様なもの」の奥の方に、上流の池と中流の流れと下の池に分かれた「せせらぎの様なもの」が作ってあります。と、言っても市販のプラスチック製の物ですけど・・・。
そこの上流の池に、子供がすくってきた金魚と一緒に入っているのがこのコウホネです。
そもそも、「何か小型で可愛い花のコウホネが欲しい」と色々調べていたのですが、調べているうちに到達したのが「べにオグラコウホネ」と「サイジョウコウホネ」でした。
その折、日本全国の珍しい植物を探索している「元、関西地区で最も有名な山草屋さんで働いていた」H君にその話をしたところ、忘れた頃に2株贈ってきてくれたのがこの写真の「サイジョウコウホネ」と称する花です。
今一つ「サイジョウコウホネ」と確証が持てないのは、実は「サイジョウコウホネ」は「コウホネ」と「ベニオグラコウホネ」の雑種とされる説が有力で、情けない事に正確な「ベニオグラコウホネ」を見た事のない僕には、いったいどこが違うのか良く解らないのです。ネットなどで検索しても、違う花と思われるものや、写真が遠すぎて肝心の花が良く解らないものばかりでした。どちらも広島市の西条に見られるもので、そのへんのところも誤解が多い要因のような気がします。実際は浮遊葉のみか違うかとか、葉茎の断面などの違いがあるようですが、栽培下ではその辺も微妙な所です。
この写真でどなたか解る方がいらっしゃいましたら、ぜひとも教えてください。(コメント待ってます)
でも、形の良い花と、黄色に赤い柱頭盤のツートンカラーはとっても美しく、お気に入りの逸品です。
ツートンカラーと言えばもう一つ、何と言ってもその代表的なものは高層湿原の池沼に生える「オゼコウホネ」です。
実はこの「オゼコウホネ」も下の池に入れてあります。
上の池と下の池に「サイジョウコウホネ」と「オゼコウホネ」、なんてゼータクなんでしょう。とーっても幸せだわ~ん。

オゼコウホネ」 高層湿原の池沼を代表する名花、下の池で毎年良く咲いてくれます。大輪のツートン花を次々と咲かせてとても綺麗です。複雑で幾何学的な花は見ていて飽きませんね。

« 庭のヒトツバオキナグサ | トップページ | 個体選別(その2) »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、はじめまして。
私もコウホネは大好きな植物の一つで、時々近くの池に眺めに行きます。勿論我が家にも植えておりますが、のびやかに育つ池で見る方が、格段に美しく見えるものです。
私が住む東広島市には池がたくさんありますが、そんなたくさんある池の中でも、サイジョウコウホネが自生するのはほんのわずかです。
我が家のそれは、数年前水抜きであやうく絶えそうになった株の一部を持ち帰ったもので、毎年私を癒やしてくれます。
残念ながらほとんどが農業用水のための池なので、時折そんな作業が必要のようです。
ところで、私も悩んだベニオグラコウホネとの区別ですが、以前名付け親である下田さんの論文にふれた時、「ベニオグラコウホネは葉柄が中空である」という文章に確信を得た記憶があります。それに柱頭盤の紅もサイジョウコウホネの方が鮮やかでした。
私のサイジョウコウホネと比較しても、貴方の写真は間違いないものと思われます。大切に育てて下さいネ。
私は水と縁が深いのか?水辺の植物には心を魅かれます。別の池ではヒメコウホネも見かけますが、少し小型でかわいくて清楚な感じです。あなたのオゼコウホネも、とてもかわいいですね。

M.Yuuji様、
コメントありがとうございます。
私も下田さんの論文で確証を得ました。
この後、サイジョウもオゼも少しづつですが実生が出来て、知人たちの棚で元気に育っています。
今年も沢山種子が採れそうです。
昨年はシモツケコウホネを見てきました。
今年はナガレコウホネを見てこようと思っています。
暑い夏、いよいよ水草のシーズンですね。
また、色々とご教示の程よろしくお願いいたします。
この度はどうもありがとうございました。

はじめまして。

サイジョウコウホネの検索から貴日記にたどり着きました。

もし可能でしたらサイジョウコウホネの植え替え時剪定し終えた
余り物、種子等譲って頂けないでしょうか。

突然の連絡であつかましいお願いで本当に恐縮です。


こちらから差し上げられるものは一般的なものばかりで
これ!と言ったものはございませんが、もし必要なものが
ございましたら送らせていただきます。

関西型ヒメコウホネ、オグラコウホネ、ヒメシロアサザ
アサザ、ガガブタ、トチカガミくらいですが・・・


もし可能でしたらお手数をおかけ致しますが
メールして頂けるとありがたいです。

どうかよろしくおねがいいたしますm(_ _)m

兵庫県 小林

小林 様
サイジョウコウホネは現在は未だ余剰がありません。
そもそも・・・殆ど植え替えしてませんので・・・恥・・
実生は少し出てますが、まだ、分けられるほどでは無いです。
もうしばらくお待ちくださるよう、悪しからずご了承ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭のヒトツバオキナグサ | トップページ | 個体選別(その2) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ