« キキョウの季節(その4) | トップページ | 北限の白狐 »

2006年7月27日 (木)

ノヒメユリの?????


左「ノヒメユリ」            右「???ユリ
何れも平尾台産の実生からの開花です。

ユリの仲間も個人的にはとても好きな仲間なのですが、特に写真の「ノヒメユリ」は好きな花の一つです。南日本の石灰岩の台地に多く見られて、一見ユリらしくないイネ科のような姿から「スゲユリ」とも呼ばれています。
花は日本のユリの仲間としてはとても小型で、大きく反り返った艶の無いオレンジ色の花は特徴的で、ブロッチが無いのもこのタイプには珍しいものです。
華やかなものが多いユリの仲間にあって、楚々とした雰囲気が又、人気の秘訣のようで、先日も都内の園芸の集いでかなりの人気との事でした。
さて、問題は右の花です。(上手くタイミングが合わずに、花が散りかけてしまい急いで写しました、解り難くてゴメンナサイ)
これは数年前に知人より入手した「福岡県平尾台産」のノヒメユリの実生から咲いたものです。
このような花が何株か見られて「ノヒメユリ」で販売したものが「コオニユリが咲いた」とお叱りの苦情も受けた事がありました。
確かにこの花「コオニユリ」なのですが、確かに「ブロッチ」も入っているのですが、でも何かヘン、、、、そうです、草姿がイネの様な「ノヒメユリ」の姿なのです。花も強く反り返って、やや下向きに開きます。茎に白毛もありません。
「福岡県平尾台」は日本でも有数の石灰岩台地です。ここの「ノヒメユリ」は余りにも有名で、毎年多くの見学者が訪れます。
インターネットで色々な方の植物検索写真を拝見すると「そうであると思っている」写真が数多く見られます。
この、「平尾台のノヒメユリ」も同じで、そこにこの右側の花のヒントが隠されていました。
平尾台の「ノヒメユリ」群生地の周辺には思いのほかに「コオニユリ」が自生しています。
インターネットで「ノヒメユリ」を検索するとこの平尾台の自生写真が多く見られるのですが、結構な枚数で「コオニユリ」の写真を「ノヒメユリ」として載せている写真に出会います。(なかなか笑える)
この人たちはきっと「コオニユリ」を見て、「ノヒメユリが咲いている」と満足されてしまったのでしょうか・・・・・カワイソス。
おそらくこの写真右のユリは「ノヒメユリ」と「コオニユリ」の自然交雑種がたまたま結実したのではないかと考えられるような気がします。ただし、学実的な根拠は無く、そんな気がするだけなんですけどね・・・・・。
タネを蒔いていると、時として驚くような花が咲く事があります。
そこが又、種蒔きの楽しみでもあります。
ちなみに「ノヒメユリ」と「ヒメユリ」も名前が紛らわしいのか、よく勘違いされています。
むしろ、「スゲユリ」の呼び名の方が解り易く、風情もあるので、適切かと思うのですが・・・。

« キキョウの季節(その4) | トップページ | 北限の白狐 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

スゲユリで検索すると大半はコオニユリがヒットし極まれにノヒメユリがヒットしますが
どちらが正しいのでしょうか。

GARAPPA様、こんばんは。
面白そうなので「スゲユリ」で検索してみましたが・・・「ユウスゲ・ユリ科」というのが一番多くヒットしてビックリしました。
ノヒメユリはそのスゲのような草姿からスゲユリと呼ばれていますので、正しくはノヒメユリの別名と思います。
ちなみに・・ノヒメユリの黄花はキバナノヒメユリ、コオニユリの黄花はキヒラドユリです。
何だか良く解りませんね!!

Hello,
May I ask you a question?
Could you tell me whether it is possible for you to sell seeds of ノヒメユリ to Taiwan? I am deeply interested in this species.
Thanks for your reply and help!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キキョウの季節(その4) | トップページ | 北限の白狐 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ