« 「梅雨明けだ~!」とは言うけれど・・・。 | トップページ | ハダニの季節ですよ »

2006年7月31日 (月)

イズアサツキの変??


イズアサツキ」 伊豆半島須崎産のアサツキの変種。伊豆半島と三浦半島の一部に見られ、全体に小型で葉の先端が尖る。
今日は朝から筑波大実験植物園のM先生が来年の植栽用植物を探しにH社のOさんと共に園を訪れました。
シダが専門のM先生ですが、フィールドの一部が伊豆の須崎だそうで、ハウスの中に咲いていた「イズアサツキ」にすぐに目が止まった様子です。
園にある「イズアサツキ」は、兵庫の重鎮Mさんより分けていただいたもので、「これからはアリウム、おもろいでぇ~」と言って、二人で色々集めて取り替えようと共同戦線を張っていたものの一つです。
筑波のM先生、この「イズアサツキ」を見るや否や一言、「これは変種扱いになったんですよー」。
「なにそれ??何のこと??」よく言ってる意味がわかりません。
「変種って、なんですかぁ~」と問い訪ねてみると、M先生ニッコリ笑って「実はね、イズアサツキは最初に発見されたタイプが白花だったんですよ。本当は白花のほうがずーっと珍しいんですれどネ、でも、最初のタイプが白花だったんで、こっちの方が変種扱いで発表されたみたいですね。」との事です。
「そんな殺生な~、勝手過ぎますねん。」
でもそんな事だそうです。
「これからはね、学者は海浜植物は狙い目ですよ!、結構色々と変種や新種が出てきますよー」。
オイオイ、いーのかそれで・・・・。
どーも僕の好きなラッキョウなんかも色々と細分化されそうな気配だそーです。
たしかに園にある「甑島のイトラッキョウ」や「屋久島のラッキョウの仲間」なんかはかなり違いますよね。(屋久島は最近、3種類ほどに分けられたようですね)
何れこれらも増殖して販売出来ればと考えています。
さーて、次はいよいよ、本家の下北弁天島の「ベンテンアサツキ」を狙いたいですね。でも、ルートは全くありませんね。(もちろん「エゾネギ」では無く、「本家」です)
もうすぐこの仲間の大本命が咲いてきます。
十年以上も待って、漸く「本物」を入手した、あの瀬戸内の島諸に生えるあの「ニラ」です。
花が咲いたら又、この場で報告しますね。
ちなみにイズアサツキはM先生曰く「美味いよ!」との事でした。今度食べてみよっと!!

« 「梅雨明けだ~!」とは言うけれど・・・。 | トップページ | ハダニの季節ですよ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「梅雨明けだ~!」とは言うけれど・・・。 | トップページ | ハダニの季節ですよ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ