« 植物の寿命 | トップページ | 稔りの秋 »

2006年9月 5日 (火)

ヘテロな奴


キツネノカミソリ八重咲き」 以前チョット触れた「子房のある八重咲き」です。ちゃんと花の基部が膨らんでいて、よく見ると中心に糸の様なメシベの痕跡が見られます。ただし、柱頭は崩れています。ところがこの花、これだけではなかったのです。
前回、キツネノカミソリの八重咲きの話の時に、「子房のある八重咲き」の話をチラリとしたと思いますが、この数日でその株が開花を始めました。
今日は知人や業者さんがいらっしゃったので、「こんなのもあるよ」とこの株をご開帳していました。
ところが、この花をしみじみ眺めていると、「アレッ、なんか変だぞ・・・」と感じました。
よーく見ると、上の写真の様に子房らしきものの先端にメシベの痕跡が見られます。「やっぱりね!」なんて思いはしたのですが、残念ながら柱頭はありません。
「これじゃ、タネは出来ないや・・」と思って他の花を見てみると・・・アレレレレレレレ~~~。

どうです、解りましたか。
そう、花弁の一部に葯の痕跡が残っていて、そこから花粉が吹いているんです。
4花咲いているうちの2花に葯の痕跡がが見られます。
なんと、この花は子房があるだけではなく、オシベも有り、花粉も吹いていたんです。
俗に「坪採り」と呼ばれる、同一自生地で数個体の変異の見られる場所には、必ずこの様な「ヘテロ」と呼ばれる「不定形な弁化」をした個体が見られることが多くあります。
この様な個体は「八重咲き」を人工的に作出する為には欠かせない、育種家ならお涙モノの品種なのです。
これで、リコリスの世界にもヒガンバナに次いでキツネノカミソリにも八重咲きを作るための「親」が見つかったのかもしれません。
ただ、残念なことに、ちょうどこの花粉が発見された時には、業者さんにオオキツネノカミソリ純白花の開花中の株を渡した後でした。と、言うことでせっかく花粉が見えているのに、今年は交配する花は何一つありません。失敗したねぇー。もし、それが残っていれば十数年後には純白八重咲きが生まれていたのにね。(オイオイ、ホントカヨ・・)
とにかく、いきなり見つかった「お宝」、大切に増やしたいですね。

« 植物の寿命 | トップページ | 稔りの秋 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 植物の寿命 | トップページ | 稔りの秋 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ