« 屋久島のイトラッキョウ? | トップページ | 「勝手に混ざっちゃ困るのだ」の巻 »

2006年10月29日 (日)

今日もしつこくラッキョウ三昧


キイイトラッキョウ」 愛知や紀州の岩場に産するイトラッキョウの変種。風に揺れる下向きの花はなかなか風情があります。
さて、ラッキョウを栽培していると一番疑問になるのは「これ、何ラッキョウ?」と言う事ではないでしょうか。
自分の作っているラッキョウが果たして何ラッキョウなのか、この名前で正しいのか、どうすれば解るんでしょうか。
現在、ラッキョウの名前が付く植物は、大きく分けてイトラッキョウ、ヤマラッキョウ、ミヤマラッキョウの3種類です。
この中で、ミヤマラッキョウは本州中部以北の高山や北海道の海岸に生えるもので、扁平な葉のロゼットから、細い花茎に赤紫色の楚々とした花を付ける「アサツキ」に近いもので、花弁から飛び出たしべが特徴的です。
「あれっ、うちのミヤマラッキョウはそんな姿じゃないよ!」と思われた方も少なくないかも。
なぜなら、ミヤマラッキョウやチシマラッキョウの名前で流通しているものは、決してそれが正しい名前ではないのです。では、何でしょうか・・・。
実は、これらの名前で流通しているものの殆どが、上の写真にある「キイイトラッキョウ」なのです。分布は北から岐阜、愛知、紀州、山口などに見られるそうですが、写真のものはタイプの那智のものです。
キイイトラッキョウの特徴は何と言ってもその草姿で、やや下向きに咲いた赤紫色のシベの長く飛び出した花がかなり特徴的です。葉を千切ってルーペで覗いて見ると、中心から大きく空洞に生っている(中空)のが良く解ります。
「キイイトラッキョウ純白花」 紀州産の純白花です、とても清楚で涼しげな花です。ハヤシさん、見てますかぁ~!
これは紀州産の純白花です。キイイトラッキョウの特徴がありありで、葉の断面も中空です。かなり増えてきましたが、まだまだ珍しいものではないでしょうか。

ヤクシマイトラッキョウの全景」 大体こんな感じの植物です。
昨日報告したヤクシマイトラッキョウの全景です。この様に他のイトラッキョウに比べて、葉がかなり太めで、やや平たく長いのも特徴です。花はほぼ平開します。ちなみに葉の断面は水管以外はぎっしりと詰まっていてイトラッキョウに近いものでした。

コシキイトラッキョウ」 俗にサツマラッキョウと呼ばれるタイプの1系だと思われます。褄紅紫の花がとても可愛い。
これは鹿児島県甑島の岩場に生える「コシキイトラッキョウ」です。イトラッキョウのタイプでサツマラッキョウと呼ばれるものの1系統だと考えられますが、栽培されているものの多くは、写真の様な褄紅紫色の花が殆どです。
学術的にはとても貴重な植物ですが、マニアの間でも知る人は知っているようです。
イトラッキョウに比べて花は幾分抱え気味で、やや子房が長く上向きに開きます。葉の断面は、面白い事にキイイトラッキョウと同じで殆ど空洞に近いものでした。鹿児島のサツマラッキョウとも比べてみたいものです。

平戸島イトラッキョウ純白花」 白い花弁に黄色い葯がとてもスッキリ、株立ちで楽しみたい。
大分県のWさんが選別した平戸島イトラッキョウの純白花です。非常に花付きの良い個体で、鉢一面に花を開く様はとても見事です。イトラッキョウのタイプ的なものですが、細い糸の様な葉の切断面は、ルーペで見ると水管以外はぎっしりと詰まっています。葯の長さも花弁より少し飛び出る程度で、やや上向きに咲かせるのが特徴的です。

平戸イトラッキョウ・平戸ホワイト」 小型のイトラッキョウの純白花で、葉の数も少なく、とても可愛らしい秀品です。
これは、同じ「平戸島イトラッキョウ純白花」でも、三田のMさんが現地選別された小型のもので「平戸ホワイト」と呼んでいる個体です。
とても小さな葉を数枚広げたロゼットから、丈10cm以下で白い含み咲きの花を数輪咲かせます。
実に山草的で可愛らしいもので、小鉢で楚々と栽培しても非常に味わい深いもので、余り派手なもの好きでは無い僕にとってはとても好ましい草姿です。
三田のMさんと言えば最後にもう一つ、このラッキョウを紹介しましょう。

ヤマラッキョウ・6倍体」 平戸島の岩場に生える6倍体種です。ド派手の迫力ですよ。
これはMさんが平戸島の岩場で選別したヤマラッキョウの6倍体と言われる個体です。
ヤマラッキョウは学術的に面白いもので、水の好きな場所に生える2倍体、乾いた草原に生える4倍体、礫目の岩場に生える6倍体などが確認されています。自生環境によって倍数体が異なると言うのも面白いものですが、この環境による不安定な倍数体の変化が「ネギ」や「食用ラッキョウ」の基礎を作ったとも言われています。
この6倍体ヤマラッキョウも全体的に大柄で、肥培して作り込んだ時はギガンチュームを小型にした様な迫力すらあります。

このブログでラッキョウを特集していたら、今日等も各地の知人から「サツマラッキョウの面白いもの」や「イトラッキョウの変わったもの」等の連絡が次々と入ってきました。
数日後には現物を見られる機会がありそうなものもあり、実はそれもこのブログの狙いの一つだったりして・・・・。
みなさーん、情報お待ちしてますよ~。(なーんてね)

« 屋久島のイトラッキョウ? | トップページ | 「勝手に混ざっちゃ困るのだ」の巻 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

キイトラッキョ純白拝見いたしました。
いいものですね。軸は長いめですか?

また訪問時に分譲願いますね。
私の正開咲きも面白いですよ。

ハヤシ様、こんばんは。
花茎は15~20cmといったところでしょうか。
直射なら10cmちょっとです。
数はあるので大丈夫だと思います。
正開咲き、ぜひ増やしてくださいね。

やまくささんお早う御座います。
ブログ楽しみに拝見しています。
お忙しいからいつまで続くのかな?なんて思いながら見ていましたが、精力に脱帽!

昨今の話題と少し異なりますが、雪割草の鉢に「白い悪魔」が出現!こいつはいったい何者でしょうか?害虫?菌糸?
正しい対処法はどうしたらいいのでしょうか?

罹病したのは1株なので、取り敢えずはキッチンハイターで殺菌後植え替え、棚全体は殺菌剤ダコニールと、殺虫剤アドマイアーで消毒しましたがどうでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 屋久島のイトラッキョウ? | トップページ | 「勝手に混ざっちゃ困るのだ」の巻 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ