« 最高の一品!(早く増えて欲しいですね・・) | トップページ | 雪国タイプの「イカリソウ」 »

2006年11月18日 (土)

最高の一品!(パンダコパンダ雨降りサーカス)


パンダカンアオイ素心」 わ~い、しろくまだーしろくまだー
「うわっ、スゲェー!!」 
これがこの花を最初に見たときの感想です。
「シロクマだよ、シ・ロ・ク・マ・・・」
今から何年位前のことでしょうか。北関東のIさんがこの花の写真を見せてくれたのは・・・。
「パンダカンアオイに素心があったらきっと綺麗な花だろうなぁ」、そんな事を考えながら想像に浸っていつかは見てみたいと思っていた花、それが今、目の前にあるのです。
「今度増えたら分けてくださいね」、取り敢えずお願いだけはしておかなきゃ、これは社交辞令ではなく僕の本心です。
それから一年後、「言われたから一応持ってきたんだけど・・・」と言って、Iさんは2鉢の「シロクマ」くんを持参してくださいました。
もう嬉しくってたまりません。一つは無地葉、もう一つは雲紋葉です。
来園してくる知人を捕まえては「ねえねえ、シロクマだよ、シ・ロ・ク・マ・・・見たことないでしょ!!」と言っては見せびらかして歩いたものです。
このシロクマ君、最初は普通のパンダカンアオイを実生したら偶然発生した1本の青軸が全ての元だそうです。
この青軸が咲いたらなんと素心だったとの事で、現在増やしているものはその実生から出た青軸たちだそうです。
とーぜんの事ながら、この春も交配に勤めてみたのですが、なぜか今年は1つも結実しませんでした。これは、Iさんや知人のところでも同じ結果でした。何か気候的な影響でも有ったのでしょうか。
また、Iさんの話では実生の素心たちは実りが今ひとつの様でもあるそうですので、そのせいかもしれませんね。
次なる目標はこの素心の最初の親株です。やはりルーツは大事ですよ。
この春に見えたときに元株のことを伺ったら「根伏せがあるかも」との事なので取り敢えずお願いしておいたのですが、秋にIさんが「0番」の一番元の青軸を「取り敢えず持ってきてみたんだけど・・・」と言って持参くださいました。このときはもう一つ、綺麗な雲紋葉で葉も軸も明るい黄緑色の個体も持参くださいました。
お蔭様で実生を含めて葉模様のあるものや無いもの等色々揃い、株も大きくなってきましたので、来年からは本格的にセルフやクロスで実生をしてみたいと思っています。
カンアオイの仲間は花は長く咲いているのですが、交配に適当な時期はせいぜい咲いて3日~1週間程度なので、以外にタイミングの難しいものでもあります。
この系統のシロクマくんは、結構各地の山草屋さんに少しづつ散っているようなので、近い将来は「シロクマくん」の販売品も出始めるのではないかと思います。
いずれにしてもこの「シロクマ」くん、1鉢は育ててみても良い代物ですぞ!!

無地葉のシロクマくん」 やや抱え咲きかしら、でも花はデカイよ。交配したけど結実しませんでした。残念!

« 最高の一品!(早く増えて欲しいですね・・) | トップページ | 雪国タイプの「イカリソウ」 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最高の一品!(早く増えて欲しいですね・・) | トップページ | 雪国タイプの「イカリソウ」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ