« 今シーズンの「だいいちごお」 | トップページ | 今日の出来事! »

2006年12月26日 (火)

年の瀬だと言うのに「変なもの」入荷!


ウスダクモキリ」 長野県南部で発見された変なりパリス。その正体は如何に・・・!!(Phot by ラ・ラ・ラ・O=GL)
今日は12月も押し詰まったと言うのにとんでもない低気圧が来たみたいで、この付近は警報が出ております。そんな訳で、ちょっとですが何時もよりは早めに園をあがりました。
今朝は長野県南部のSR園さんがお見えになって、以前から頼んでおいた「ウスダクモキリ」をご持参くださいました。
そもそも「ウスダクモクリ」って何?
最初は臼田で発見されたリパリスの仲間かと思ったのですが、実際はウスダさんという発見者の人の名前から付いた仮名です。
長野県の中央アルプス周りで発見されたもので、花は写真の通り、丁度、ジガバチソウとクモキリソウの中間の様な形状で、おそらくは両種の自然雑種ではないかと言われています。
リパリス属のランは時に良く解らないものが見つかりやすく、特にマニアや好きモノが多いのか、長野県あたりでは多く色々なものが見つかっています。
写真の「ウスダクモキリ」はやはりこの手の好きモノの、長野県北部のラ・ラ・ラ・Oさんの撮影された写真で、今回、了承の上掲載させていただきました。
今回は増殖球が40球ほど入荷したのですが、SR園さんの話では、未だに自生地にもある程度の個体数は見られるようで、「黙して語らず」を心掛けているようです。
これまでリパリスの仲間には多くの交雑種といわれてきたものが多く有ります。
ただし、どのタイプも交雑種の割には個体変異が少なく、どれも同一の顔をしているものが多いようです。
もし、交雑種だとしたら経験上から考えて絶対に多少は個体変異があるはずです。
この「ウスダクモキリ」は果たしていかがなものでしょうか。
何れウスダさんに、自生地での個体のバラツキ等も聞いてみたいですね。
もし、バラツキが無いようでしたら固有種の可能性もありますし・・・。
そんな訳で、この「ウスダクモキリ」も特別販売品にしましょう。
数に限りがあるので早い者勝ちですよ~ん!!

« 今シーズンの「だいいちごお」 | トップページ | 今日の出来事! »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今シーズンの「だいいちごお」 | トップページ | 今日の出来事! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ