« 「秋茜」の咲く季節 | トップページ | 黄花ミスミソウの証言 »

2006年12月21日 (木)

「園芸」と「山草」の狭間が人気なのかも??


シクラメン・コウムの斑入り」 全面に白の砂子斑を散りばめた非常に美しい個体。実生繁殖も可能ですよ。

ヘレボルス・ニガーの斑入り」 黄色や白の散り斑縞を全面に散らしてとても綺麗。実生で色々な斑にばらついて面白い。
さて、先日の事です。
いまや有名人と化した「クリスマスローズ」や「シクラメン」で超人気のYさんが遊びに来てくれました。
「こんなもの増やしてみたんですけど・・・売れますかねえ・・・」と言ってわざわざ持ってきてくださったのが写真の「シクラメン・コウム」と「クリスマスローズ・ニガー」の斑入りです。
どちらもマニア好みの「ゴクッ・・」と生唾もののなかなか美しい斑入りなのですが、流石はYくん、ちゃ~んと山草屋さん向きのものも増やしておいてくれました。
当園等も他人事ではないのですが、最近では「園芸?」と思える分野の植物が山野草として各地の山草屋さんや通販店のカタログ等で取り上げられるようになりました。
特に、洋種のプリムラやシクラメン・クリスマスローズ・クレマチス・球根植物・多肉植物・食虫植物から斑入り樹木、古典園芸植物等、多岐に渡って「山草屋さん」の領域が広がっております。
当園の様に「世界の野山に生えるものはみんな山野草だー!!」と割り切ったものの考え方の業者さんも増えているようですが、ただ単純に「売れるから」と言うだけで「取り敢えず扱ってみている」業者さんも少なくないようですけど・・・。
たしかに、山野草マニアの一部には「育種」に走っている方も増えていますし、園芸マニアの一部にはコテコテの園芸よりも「原種やF1」に回帰している方も増えており、その、丁度接点と言えるのが今時の例に挙げた植物たちで、共通して「雪割草」や「ウチョウラン」「ギボウシ」「ツワブキ」「イカリソウ」「福寿草」「シダの変わりもの」「カンアオイ」等も集めながら、「クリスマスローズ」や「シクラメン」「クレマチス」「食虫植物」「多肉植物」「球根植物」等も栽培したり、育種を楽しんだりしている方がとても多くなってきているようです。
即ち、今例に挙げたこれらの山草や園芸植物こそが今注目の「園芸と山草の狭間の植物」たちなのです。
その隙を逃さずに直ぐに取り入れるのが「山草屋さん」の柔軟性(又の名を「節操の無さ」と言う)なのですね。
そんな所をきちんと理解して、すかさず「山草屋さん」向きの斑入りなんぞに手を染めているYくん、さすがですねぇ~。時代を読んでますよ・・・。その節操の無さが又いいですねぇ~。
しかも、とっても「山草的な斑入り」ですしねぇ、渋いよね。ポイント高いですよ。
そんな訳で、これらの斑入りを「新・やまくさホームページ」の「特別販売品」第一号としましょう。興味のある方は「新・やまくさホームページ」の「特別販売品のご案内」をご覧くださいね。
山草屋も園芸家も注目する「園芸と山草の狭間の植物」、これから一番の注目株になる事は間違えありませんね。

クリスマスローズ・オリエンタリスHybの斑入り」 いや~、園芸植物の斑入りでもここまで来ると流石に良いですねえ~!!

« 「秋茜」の咲く季節 | トップページ | 黄花ミスミソウの証言 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

ここで、メールするべきことなのか
よく判りませんが、「やまくさの花たち」クリックしたとき、手がでないんですが、
(クリックできない・・・)
私のパソコンだけでしょうか?
なんか使い方が悪いんでしょうか。
正月に子供が帰ってくるので、聞いてみますが、やつ等、ここぞとばかり、エラそうにするので、気分悪いんです。
山草となーんも
関係ないことですんまへん。

木彫店様、こんばんは。
「やまくさの花たち」は未だアップしてないので「手」は出ませんし、見ることも出来ません。
今は忙しいので、少し時間がかかるかも知れません。
アップしたらブログでご連絡しますね。

斑入り苗ほか、先ほど届きました。
思っていた以上に、きれいな斑だったので、
うれしいです。
ありがとうございました。

8月下旬くらいにお店へうかがって、アクィレギア等を買いましたが、
いつかまた、行きたいと思ってます。

やま@よこはま様、こんばんは。
先日は有難うございました。
気に入っていただいて何よりです。
また、園のほうへも遊びにいらしてください。
お待ちいたしております。

 有名人にされたうわさのYです。中身もしっかりしないとと、心配気味です。
 先日はお世話になりました。だんだん僕の頭の中まで斑が入ってきたようです、笑。でも本当に山野草の世界は面白いです。僕自身はその山野草と園芸業のまさに隙間産業がねらいです。だって色々な人と会えるし、面白いです。やまくさ様の多国籍多品種植物たちにはいつも感動を得ています。時に広く付き合い、時に深く植物と付き合う、どんな植物でもいい、なんていい加減なのに楽しい事なんでしょう。
 また色々教えてください、師匠!!

ちょーゆーめーじんのY様ことなおすけ様、こんばんは。
コメント有難うございます。
ボクのほうこそとっても楽しませてもらっています。
今度クロア君たちをもらいに伺います。
シクラメンもヘレボも、先ずは「純白」探しをしたいですね。
なんで「素心」が無いんでしょうかね。
僕の方はこれから「多国籍種子」の買い漁りシーズンです。
結構お金かかりますよ。とほほ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「秋茜」の咲く季節 | トップページ | 黄花ミスミソウの証言 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ