« 勝手に混ざっちゃ困るのだの巻・パート2 | トップページ | 「園芸」と「山草」の狭間が人気なのかも?? »

2006年12月20日 (水)

「秋茜」の咲く季節


コシキミツバツツジ「秋茜」 春と秋に2期咲きするミツバツツジの仲間。この花が咲くともう直ぐお正月ですね。
この花を最初に見せていただいたのは今から7年ほど前、新座のKさんが埼玉の重鎮Oさんのコレクションの大きな鉢を見せてくださった時でした。
樹齢100年以上かと思えるほどの、太く、大きく笠の様に広がった盆栽の鉢を見せていただいた時に「こんな小さな葉のミツバツツジがあるものか」と感動した覚えがあります。
Kさんからはよく、販売用の由緒正しい色々なミツバツツジの仲間を分けていただいたのですが、数年前にミツバツツジの庭植え様の苗をお持ちくださった中に、この「コシキミツバツツジ」が入っていました。
「もしかしてこれ「秋茜」ですか」と尋ねると「2本持ってきましたよ」とのご返事です。
丁度、引っ越して直ぐだったので、その中で型の良い1本が我が家に来たことは言うまでもありません。
ミツバツツジの仲間としてはとても葉が小さく、枝も細かくて繊細です。花はせいぜい2cm~3cmの小花で、枝の先端に1茎1花、ポツポツと花を咲かせます。
秋咲きと言っても通じようは12月頃から咲き始めて、冬を越えた3月末頃から又ふただび本咲きします。
何とか増やして販売したいと考えていますが、ミツバツツジの仲間はミストでなければ挿し木が出来ないので、実生でも・・・とも考えています。ただし、寒い時期に咲きやすいので、結実は余り良くありません。
でも、紅葉の中に咲く赤紫の花はなかなか可愛らしく、風情がありますよ。
今日、とりあえずですが「新しいやまくさのホームページ」をアップしました。(やっとだよぉ~)
植物写真などはまだまだ、これから順次作っていこうと考えていますが、何とか基盤は出来上がりました。
興味のある方は是非覗いて見てください。
アドレスはhttp://www7b.biglobe.ne.jp/~yamakusa/
です。
新しいリストも入っていますので、どうぞご覧ください。

« 勝手に混ざっちゃ困るのだの巻・パート2 | トップページ | 「園芸」と「山草」の狭間が人気なのかも?? »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

パソコンのことは、分かりました。まったくすみません。
実は私は、エビネ会なので、斑入り植物は嫌いなのです。もう20年位まえですが、岡崎のA植物園(園芸店)に行った時、けっこう斑入りのコレクションがあって、庭の雑草まで、斑が入っているのに感心した事があります。ここのオヤジは、兎に角矢作砂で、当時まだ野性しかなかったウチョウ蘭を、矢作のミジンみたいなので作っていました。「こうして、ひとの3倍時間をかけて作れば、丈夫に出来る・・」最後の園芸職人って言ってもいい、頑固な人でしたね。わたしは、中学生の頃から、100円玉握り締めて、サボテン買いに通っていました。(わたしも、最後の木彫職人って言ってもいい存在になっちゃいましたが、節操はないですね。ヘラヘラしてるって言われます。)
さて、斑入りっていうのは、バイラスの固定したものも沢山含まれていると思うのですが、緑花アジサイのファイトプラズマウィルスについて、教えてください。
天竜緑って言って。天竜川の奥で友人が採集したものですが、花や葉に奇形はありません。10年以上作っていますが、他に感染したり、本体が枯れたりもしません。挿し木でよく増えます。
アジサイコレクターとどっかの大学の研究室から、「自生地を教えて欲しい。早急に処置しないと、流域のアジサイが全滅する
。」と言った内容の問い合わせが、人を通じて、私の処にあり、私も、自生地は、分からないので、そのやうに返事しておきました。私は、天竜緑を作り続けていいんでせうか?

木彫店様、こんばんは。
ボクも「頑固な植木屋のオヤジ」になるのが夢です。いいですよね、頑固で偏屈なオヤジ。
さて、緑花アジサイですが、きっとマイコプラズマの事だと思います。
丁度、ウイルスと細菌の中間的なものだそうですが、良く、アジサイの緑花やニリンソウの緑花、ドクダミやコゼンタチバナ等の緑花も全てマイコプラズマと言われています。
じゃあ、マイコプラズマが何かと言われると勉強不足でよく解らないのですが、白い花に不規則に緑色が出たり、萎縮して緑花になる様なものは要注意ですね。
特に、アジサイマニアの方は大抵は緑花はマイコプラズマと決めてかかっている節もあるようですが、実際は良く解りません。
ちなみに、最近、体の病気や性病なんかでもマイコプラズマ感染症やウレオプラズマ感染しようなんて言葉を聞くみたいですね。
マイコプラズマ、良く解らなくてすみません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝手に混ざっちゃ困るのだの巻・パート2 | トップページ | 「園芸」と「山草」の狭間が人気なのかも?? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ