« 金魚はやっぱりミジンコを食べるのだ!!の巻 | トップページ | 黄金色の姫君 »

2006年12月10日 (日)

スイセンの季節


ナルキサス・カンタブリクス・フォリオスス」 カンタブリクス系ではいの一番に花が咲く品種です。忙しくしている間に咲き始めていました。
とにかく忙しい毎日でした。何とか今週中には発送したいと思っていた「リスト追加号」の作成を中心に、栃の葉さんの仕事の色々やNHKさんの仕事、はたまた「彩の華」の販売品や通販屋さんの仕事等、毎日昼よる関係なく追われて、ブログ書きもままなりませんでした。
その甲斐あってか、「リスト追加号」の方は金曜日に無事に発送することが出来ました。このリストは「2006~2007リスト」でお買い上げ戴いた方のみへのサービスリストで、前リスト後に入荷した商品が中心のリストです。早いところでは今日・明日中には届くと思われますので、どうぞご笑覧ください。
気がつくと原種スイセンのカンタブリクス系では唯一、年明け前に開花する「ナルキサス・カンタブリクス・フォリオスス」が開花を始めていました。
この花が咲く頃にはもう、お正月も近いんですよね。ロミューの系統も少しづつですが咲き始めましたし、今年は初めて実生からパピラセウスも花を見ることが出来ました。
スイセンの他にも、ラケナリアやポリキシナ等、色々な原種の球根植物が咲き始めてきました。
年が明けるといよいよ「雪割草」の季節です。1年間がアッと言う間ですね。
先日あたりから「加温用」と「斑入用」のハウス作りの準備に入りました。物をかたずけて棚を移動するのはなかなか大変な作業ですが、みんなで良くやってくれています。
これが出来ると年明けから「雪割草」の花を咲かせる事が出来るし、斑入りのヤマシャクヤクやレンゲショウマ等も本格的に増殖育種が始められます。
でも・・・・・あぶら代がけっこう高いんですよねぇー。
栃の葉さんのかたずけものが未だもう1つ残っているので、もう少しドタバタした日々は続きそうです。
そろそろ本格的に「やまくさ」のホームページ作りを始めなければいけないんですけど・・・。何とか見切り発車でも作ってしまって、新しいリストを載せたいと考えてはいます。
年末は12月28日まで営業です。年始は1月5日からの開始となります。
ドタバタの日々はまだまだ続きそうです。

「ナルキサス・パピラセウス」 タゼッタ系としてはとても小型のもので、最近独立種になった様です。「日本スイセン」を小さくしたような雰囲気はとても味がありますよ。

« 金魚はやっぱりミジンコを食べるのだ!!の巻 | トップページ | 黄金色の姫君 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金魚はやっぱりミジンコを食べるのだ!!の巻 | トップページ | 黄金色の姫君 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ