« ブログが送信できない | トップページ | スイセンに見るセルフと分離の真実(2) »

2007年1月24日 (水)

スイセンに見るセルフと分離の真実



写真上「ナルキサス・ロミエウクシィー‘トレブルチャンス‘
写真下「‘トレブルチャンス‘のセルフ

いよいよ原種スイセンも本格的なシーズンに入ってザイアニクスが4分咲き程、ロミエウクシィーやカンタブリクスも次々と花芽を持ち上げてきました。
ロミューの中でも特に早咲きなのが写真の「トレブルチャンス」です。
この花は、かの「805シリーズ」の一つと言われ、イギリスのP&M社にて販売されているもので、クリーム系(805W)の「トレブルチャンス」と黄色系(805Y)の「アトラスゴールド」が良くリストに掲載されています。
実際、「ジュリアジェーン」を始めとする805シリーズがどの位あるのかは良く解りませんが、僕は、おそらくこのP&M社で販売されている2種類は、この「ジュリアジェーン」の血を引く交配で、多分、同じロミューの「メサトランティクス」か何かを使った交配ではないかと勝手に推測していました。
では試しに・・・と思って、数年前よりこの「トレブルチャンス」や「アトラスゴールド」を実生してみました。
そして現在咲いている「トレブルチャンス」のセルフが下の写真です。
やはり「トレブルチャンス」よりも花冠が開いて上向きにパラボラアンテナの様な咲き方をしています。これは明らかに「ジュリアジェーン」の特徴を受け継いだもので、そうなると「トレブルチャンス」が805シリーズの流れを受け継いでいると言うのも肯けます。
現在のところはやや花肉が薄く物足りなさもありますが、こうなると、毎年「トレブルチャンス」を実生していれば「ジュリアジェーン」より素晴らしいパラボラアンテナのたっぷりとしたふくよかな花が選別出来るかも知れません。「続ける事」が大切ですね。
今も沢山の原種スイセンの実生を試みています。
一時期は原種同士のクロスなんかも行ってみたのですが、この世界は原種そのものの実生の方が人気が高く、最近では原種のセルフばかり蒔いています。
それでも、色々な花が分離してなかなか面白いものですよ。
やっぱりタネ蒔きは止められませんね!!
今日でこのブログを始めてから2年目に入りました。(ココログは良くメンテナンス後が調子悪いみたいです・・・又、何日か止まりました)
良く続いてますね・・・自分としては。

« ブログが送信できない | トップページ | スイセンに見るセルフと分離の真実(2) »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

祝2年目突入!!
これからも、続けてください。
私も、読みつづけて2年目です(笑)

てらちゃん、こんばんは。
今丁度、NHKの原稿書きが終わったとこですだよ。
お蔭様でこの一年間で打ち込みも早くなったコト・・。
ちなみに僕はろーま字は良く解らんのでひらがな打ちなのですよ。実は。。。
でも打ち込みはすんげえ早いですよ。
これからもある事無い事グダグダと書きたいと思ってますのでどーぞよろしく。
奥様にもよろしくね。

2年目突入おめでとうございます!

分譲いただいたアトラスゴールドが5分咲きになってきました。寒い時期に雪ちゃんよりも早く咲いてくれていい感じです。
キクラミネウスも2球は消滅したのですが、何とか1球生き残り花芽を持ち上げてきております。

トレブルチャンスも魅力的な花ですね。
予約!です。

もう、まる1年経ちましたか。
ご苦労さまです。おかげさまで、雪割草交配の秘密やら、昔々の興味あるお話で勉強になり、また楽しませてもらっています。
今後とも続けてください。お願いします。

ハヤシさん、こんばんは。
キクラミネウス、何でダメなんでしようねぇ。
確かに原種スイセンの中では多湿も乾燥も嫌うので水加減が面倒です。
トレブルチャンスは多分在庫未だ大丈夫だと思いますよ。
何かあったら申し付けください。
いよいよ雪割草シーズンですね。
時間があったら又遊びにお越しください。
お待ちいたしております。

さくまさん、こんばんは。
力強い応援、有難うございます。
これからも話せる範囲で(別に何でも話せますけどね・・・)ネタばらしをして行こうと思います。
これからもどうぞよろしく。
(「天女冠×跳珠」はやはり凄い力がありそうですよ・・・)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログが送信できない | トップページ | スイセンに見るセルフと分離の真実(2) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ