« 私はダリでしょう? | トップページ | 正月休み最後の日 »

2007年1月 3日 (水)

宴の始まり


栄冠」 この花もどちらかと言うと「いの一番」グループですね。1芽で大きな株になると緑が強くなって迫力出すぎます。(7~8花咲きそうですが3番花位からが綺麗です)
今日は「潅水の日」ですが、余り乾いていないので一応ハウスの通風と温度上昇防止の換気に園を訪れました。
実は今年は昨年よりも2週間ほど早く、雪割草達が咲き始めています。と、言っても何時も早く咲くグループですけど。
それでも、芽が割れてきたものが結構ありますね。
やはり「暖冬」なのでしょうけども、先月半ばにハウスのビニールを張り替えて作場が明るくなったのも原因かもしれません。
丁度咲き始めていた「いの一番」グループを少し写真に撮ったので載せて見ます。

左「No.216」 紫白の夢や大八州等と同坪で、玉紫艶や春鶯等と一緒に選別されたもの。中断に桃色のリングが入り色のバランスが面白い花です。
右「桃太夫」 No.71と言われていたもので、とにかく巨大輪の桃色に赤褐色のリングは迫力があります。


左「福音」 ふくいんと読みます。サーモン系の優しい桃色の千重で、中段にモスグリーンのリングが規則正しく入ります。咲き姿も美しく見飽きない銘花です。
右「鶯声」 古い紫白の夢の坪兄弟で、赤みを帯びた中心との対比が面白いものです。繁殖良く株立ちで楽しみたい花です。


左「仙涯嶺」 栄冠と同坪の柔らかい雰囲気の花です。発見者の千の字を仙にかけて中央アルプスの山の名前ともじって銘々しました。
右「八坂」 草房さんの古い実生銘花ですが、シベの色対比が好きで気に入っています。雰囲気は暁灯に似て、繁殖良く株立ちで楽しめます。


国の光」 弥彦山系国上山で古く発見された青紫地合い咲きの逸品です。葉も特徴あるカニ葉で、繁殖悪く、現存株は片手に余ります。何時も花が早く、ヘラ乙女系なので実生も殆どしていません。当時は花の模様から「アメリカンショート」と呼ばれていました。たしかに・・・・・。
どうも「雪割草たちの宴」は始まりつつあるようです。
これからも時間があれば、開花順に紹介してみますね。

« 私はダリでしょう? | トップページ | 正月休み最後の日 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私はダリでしょう? | トップページ | 正月休み最後の日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ