« 雪割草早咲き展 | トップページ | 全国大会10日前、でも・・・ »

2007年2月12日 (月)

早咲き展・最終日です。


未だいまのところ無名の二段咲き」 網目地合い系から追った深い古代紫色の二段咲きです。地合い独特のベタッとした色合いがそのままストレートに出ました。白い二段弁は「幽谷」の血かしら・・。未来の銘花になるといいけど。(あれっ、オイオイこんなの展示してねーよ!!)
今日は早咲き展の3日目です。
朝はかなり冷えましたが、開園の頃には風も無く穏やかな天気です。
3日目なので心配しておりましたが、朝から多くの方にお越しいただきまして有難うございました。
この展示会の期間中3日間は、朝、園に顔を出してからは直ぐに作場に入ります。
作場で新しく開花した花を持ってきてはケースに入れて売店まで運びます。
その時、売店にいる間にお客様のお相手をします。
また、作場に行って花を選んではケースに入れて、トコトコと売店まで運びます。
その時、売店にいる間にお客様のお相手をします。
また、作場に行って花を選んではケースに入れて、トコトコと売店まで運びます。
その時、売店にいる間にお客様のお相手をします。
また、作場に行って花を選んではケースに入れて、トコトコと売店まで運びます。
その時、売店にいる間にお客様のお相手をします。
また、作場に行って花を選んではケースに入れて、トコトコと売店まで運びます。
その時、売店にいる間にお客様のお相手をします。
また、作場に行って花を選んではケースに入れて、トコトコと売店まで運びます。
その時、売店にいる間にお客様のお相手をします。
また、作場に行って花を選んではケースに入れて、トコトコと売店まで運びます。
と、言う事で、2時過ぎまでは殆ど、同じ事の繰り返しです。
嗚呼・・・さっすがに・・・疲れますた・・・。
気がついたら直ぐに花がつぼむ時間になってしまいますので、2時30分頃からあわてて写真撮影をします。
また、お客様が見えるとお相手をします。
その後、10分くらいでお昼を食べて、ようやく作場で翌日の花探しをします。
今日は閉園後に展示品のかたずけをしました。
もう・・・・・・・・くたくたです。

いよいよ、苗の作場全ての換気扇を止めて、開花体制に入りました。(これで、冷やしているのは親鉢置き場と交配室のみです)
反応の早いものでは直ぐに、今日のうちに咲き始めたものもあります。
新しい花も次々と咲いてきました。
いよいよ明日からは「山場」に突入です。
多分、僕はなかなか捕まらないと思いますので、悪しからずご了承くださいませ。

この3日間、多くの方にお越しいただきました。
沢山のお買い上げも有難うございました。
僕も、とても楽しく、勉強になった3日間でした。
心より御礼申し上げます。
2月17日(土)・18日(日)は本咲き展です。
更に多くの即売品をご用意して、ご来園をお待ちいたしております。(出るか、秘蔵品!!)
どうぞ気をつけてお出かけください。

未だもうちょっとは無名の二段咲き」 俗に「初初」と呼んでいる「初鏡×(初鏡×幽谷実生)」からた生まれた濃紫/白二段咲きです。外弁に霜痛みが出たのが残念ですが、抜群のコントラストの美しい花です。(夕方なので写真暗くなりました)

陽紅梅」 H13年実生の「彩の華」銘花です。「錦華山×初跳」としては一般的なタイプです。光に当たると輝く三段弁がよく目立ちます。

両神」 秩父の名峰の名を冠した跳珠系の「彩の華」中間タイプです。今年は割りすぎて花が小振りになりました。(残念) やはり小花弁が光に当たるとキラキラと輝きます。

« 雪割草早咲き展 | トップページ | 全国大会10日前、でも・・・ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪割草早咲き展 | トップページ | 全国大会10日前、でも・・・ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ