« この時期の水やり | トップページ | 「本咲き展」二日目 »

2007年2月17日 (土)

今日から「本咲き展」です。


錦彩」 「彩の華銘花」のひとつです。赤い花弁に、金色に輝く小花弁の彩がとても不思議な雰囲気の二段唐子咲きです。(って、あれっ、こんなの展示して無いじゃんか!)
さて、今日からいよいよ「本咲き展」です。
昨日書いた通り、今日は朝少し早出で展示品の搬入をして、それからじっくりと部屋を暖めて開花の準備です。
お客様も良くしたもので、雪割草が早い時間に咲いていないのは良くご存知です。
11時頃までは人出も少なく「アレッ、どーしよう」と感じるのですが、その頃からだんだんと人出も増えてきて一安心。
お蔭様で、今日も多くの方にお越しいただきました。
そろそろ「親探し」の方も多く見られる様子で、最近このブログに乗せている新花たちの兄弟♂♀なんかは特に人気が高いようです。(やまくさ流ブログ的、サブリミナル効果・・・なんてね!)
今日までで、作り込むと面白そうな三段咲き系を100以上選別しました。
とーぜん、その兄弟の♂や♀が色々ありますよぉ~!(またまたサブリミナルだ~、捕まるぞぉ)
午後からはかなり曇ってきたので、2時過ぎ頃から大慌てで少し写真を撮りました。
ただ、デジカメの悪いところで、このような天気になると色バランスがいきなり崩れます。
ファインダーを覗いている段階で「紫」が出無いんですよね。
ゼ~ンブ青く写るんですよ。
まあ、その辺は差し引いて、今日の展示品を少しご覧ください。
明日は午前中は雨の様です。
少しでも晴れ間が出てくれれば良いんですけど・・。
いいもの沢山揃えてお待ちしてます。

玉翠」 全国大会の常連千重咲き。色のグラデーションの面白い花です。(ちょっと青かぶり)

紫天狗」 この墨色がなんともいえない味わいです。佐渡産の三段型唐子咲きで、元にびっしりと短い♂があります。

紅の輪」 昨年の農林大臣賞も少し小さくなりました。でも、花芸はピカイチですね。
妖艶」 言わずと知れた妖精咲きの銘花。夕方から展示したので、昼過ぎまでの人は見てません。

辻が花」 未だ咲き始めで、根元でデッカク咲いています。この後、数日で花茎が伸びていきます。

月光」 おそらく「わかば」なんかの兄弟実生だと思います。C植物園さんの選別花です。未だ苗ですが渋い味わいがなかなかの花。

大麒麟」 「彩の華銘花」のひとつです。昨年以上の迫力で、咲き姿も見事な銘花と自画自賛。このデカさ、この迫力、とても片親が「紫薫」の血とは思えないね・・。

半額御前」 未だ苗だけどこの迫力。ドッシリと作り込みたいけど意外に増えやすい。岩さんの花としては比較的入手しやすいかもしれませんよ。

千代の寿」 C植物園さんの銘花ですが、とても大好きな花です。大輪で美しい花ですが、なかなか皆さんうまく咲かせられないみたいです。僕は大好きで、得意な花の一つなんですけど。
明日も、写真が撮れるくらいの天気なら嬉しいですね。

« この時期の水やり | トップページ | 「本咲き展」二日目 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、今日11時頃から昼過ぎまでうかがわせていただいた者です。

雪割草は2年くらい前からちょっと育てていますが、なかなか夏越しが上手くいかずで、今日は見るだけですみませんでした。

あとスイセンも最近育て始めてまして、いろいろと拝見させていただきました。白い花が好きなので、ちょっと時期的に遅かったようですね。原種のスイセンの情報って余りなくて難しいのですが、いろいろと勉強中です。

今後もよろしくお願いします。

あと山野草の本購入させていただきました。

ともわい様、こんばんは。
今日は有難うございました。
ご満足いく商品が少なくてゴメンナサイ。
お名前はよく「ローズなおすけ」氏のブログで拝見しておりました。
スイセンはまだまだ面白いものがあります。
夏に株分けして、9月頃から売り出しますので、その頃なら一通りあると思います。
遠いですが、又、遊びにいらしてください。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この時期の水やり | トップページ | 「本咲き展」二日目 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ