« 倦怠期の原因はこれだー! | トップページ | 色を作る(その4) »

2007年3月26日 (月)

色を作る!!(その3)


天白」 濃赤色の最高峰「緋炎」を使った二段/三段交配のセルフ分離から選別した花です。全く退色しない花弁に独特の白い二段弁は、「個性」の塊のような花です。
今月始め頃の話です。
丁度、業者さんが多く見えている頃で、
「何とか段咲きを何ケースが送って欲しい」と言う注文が入りました。
毎日、どこかしらの業者さんが見えている頃で、目新しい変化花や目立つ花は殆ど残っていない様な状態の中で、何とか探し集めて欲しいとの事。
皆で探し集めて、無事に発送出来一安心。
本当はとても送れるほどの花が無く、お断りしようとも考えていたものですが・・・・・。
無事到着のご連絡をいただいて又一安心。
ところがその時です、先方の一言が僕の脳裏をよぎりました。
「花、使えそうですか?」
「ええ、有難うございます。でも、どうしても中間色が多いんですね!!」
ガーン、ショックです!!
花の無い中でもなるべくまとまりの良い段咲きを選んでお送りした心算だったのですが・・・。
将来性のありそうな花を、それでも探して送った心算だったのですが・・・。
この時僕の頭の中は、これまで考えていた事が全て覆されたのです。
「やっぱり型よりも・・・色かぁ・・・」
いいえ、違います・・・!!
型だけではダメなんです!!
色だけではダメなんです!!
「型」も「色」もなんです!!
コリャ~大変だぁ~。色々始めからやり直さなきゃあ!!
「ヤッパリ色だよ!!」 と考えさせられた瞬間です。
この後、色について試行錯誤を繰り返す事になります。
ところが・・この数日後、
僕にとって、更なる「難題」が待ち伏せていたのでした・・!!

慶賀」 大輪でボリュームのあるH13年実生の跳珠系三段咲きです。初花から4年目の花は、さすがに貫禄充分で見事な花姿になりました。

山武士」 大輪の色むらの無い青紫色の花弁に、赤銅色の三段弁との対比がとても美しい花です。H13年の跳珠系実生で、明るく綺麗な色合いは新しいタイプの三段咲きです。

« 倦怠期の原因はこれだー! | トップページ | 色を作る(その4) »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 倦怠期の原因はこれだー! | トップページ | 色を作る(その4) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ