« 「二段唐子咲き」が隠れた人気 | トップページ | 「天地二段」への道 »

2007年3月20日 (火)

白と赤の二重奏

今年はなぜか白/赤系の二段咲きに人気が集まりました。
また、早いうちから「白/赤二段を追求してみたいんで親が欲しい・・」と言う方も多くいらっしゃいました。
確かに、何年か交配を繰り返していると「白/赤二段咲き」にはある意味「限界」が見えてきます。
その理由は簡単な事、親に「限界」があるからです。
皆さんは「白/赤二段咲き」に使用できる親株を何株くらいご存知でしょうか。
では・・・考えて見ましょう。
「白風車や乱獅子とその兄弟」「紅矢車」「陽春」「花夜叉」後は西山系の「花車」「波の音」「雪姫」等、チョット毛色を変えて「春の宴」「天女」等など・・・。
おそらく、現存する「白/赤二段」の殆どがこの辺の親に共通していると思います。
実際、これらだけで追っているとシベ二段以上の美しい二段咲きは生まれません。弁化すれば白だし・・・。
さて・・・どうしよう・・・・・
白/赤二段咲きにこれから求められるものは「端正さ」と「二段弁の厚み」そして「紅色の鮮度」です。
基部まで紅に染まった二段弁は誰もが理想とするところでしょう。
弁化すればするほど白退化する二段弁をどのように色をつけるか・・・これからの課題ですね。
最近では千重タイプの同系色である「緋の丸」や「墨絵の光」「太白」「秀吉」何かを使って、白/赤の千重を作ろうと考えている方も多くおられるようです。
でも、先ずはこの白/赤二段をクリアしないと次には進みませんね。
「白/赤」や「白/紫」・・みんなでチャレンジしてみませんか!!
さて・・・どうしよう・・・・・



無名白/赤系二段咲き」 この3枚の写真は何れも「桃寿×吉祥天」に白/赤の♂を交配した兄弟実生です。原型は「文殊タイプ」なのですが、分離では無くクロスによってシベ型の二段弁に厚みを持たせ、更に花弁にも厚みを持たせています。この様に「白/赤は白/赤同士で交配する」という固定観念を無くして、ピンクや紅色の二段咲きと交配する事によって、これからの方向性と広がりが見つけられる事もあります。僕は良くやる方法ですけど・・・。

« 「二段唐子咲き」が隠れた人気 | トップページ | 「天地二段」への道 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「二段唐子咲き」が隠れた人気 | トップページ | 「天地二段」への道 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ