« 今日は「実生新花展」です。 | トップページ | 果てしなき流れの中で・・ »

2007年3月 4日 (日)

今日も「実生新花展」です。


今年初花の実生千重咲き」 3年生初花の実生中間タイプ千重咲きです。濃紫にツマ白とグリーンの中段のバランスがとても面白い花です。ア゛~!! 撮影した後鉢ひっくり返したぁ~ ! 急いで植えなきゃあ~!
今日も朝からいいお天気です。
早い時間から花が開き始めていたので、お客様が見える前から作場で花選びです。
途中で呼ばれたりして売店に行ってみると、いつの間にかお客様でいっぱいでした。
今日は「三段咲きの新花」や「紫/白二段」「赤/白二段」等の良い花を探していらっしゃる方が多く、作場で探しては出血大サービスです。
僕が欲しい花はお客様も欲しい花です。
お客様が欲しい花は僕も欲しい花です。
という訳で、朝選んだ花の良いものは殆どお嫁に行く事になりました。
皆さん喜んでくださった様子で、とても嬉しく思います。
どうか大切に育ててあげてください。
明日は曇りから雨との事ですが、気温が高いので閉めていれば交配が出来そうです。
それを見越して今日は親探し。
最新交配の三段の♀だけで100以上を選別しました。
白覆輪や網目地合い系の二段や三段の親も沢山拾いました。
少しでも交配できればウレシイのですが・・・。
さて、今年は何交配できるのでしようか。
注文もあり、やりたい交配もあるので、今日もT山のTさんに黄花の良花やN山のおじちゃんに白覆輪段や素心段等、少し親をSOSしておきました。
やはり材料集めが肝心です。
今週からいよいよ本格的に交配開始です。
お願いだから・・・あんまり咲き進まないでねぇ~。



今年初花の実生千重咲き」 何れも実生3年初花の三段中間タイプの千重咲きです。上2枚写真ボケました。何年か作り込んでみたい花ばかりですよ。

« 今日は「実生新花展」です。 | トップページ | 果てしなき流れの中で・・ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ken-jiと申します。

唐突ですが、新潟大会がっかりしました。
多分これまでで最低のレベルだったのではないでしょうか。

底辺拡大との業界の謳い文句は、随分前から
聞き飽きてはいますが、実情はこれとは全く
逆行しているかのような昨今の三段咲き花流行の感を個人的には抱いております。

とはいえ、貴兄の方でも三段タイプの花が画面を賑わし、頗る評判も良いと耳にタコができるほど聞きますし、実際新潟の地でも2,3のお店で貴兄の交配された花を目にすることがありました。

私はまだまだ初心者の域を脱していませんので、具体的な言葉で表現する事はできませんが、貴兄の花には他にはない何か惹きつけられる様なモノがあるように感じられます。


ちょっと堅苦しい訪問になりましたね。

じゃ、そういう訳でそれが何なのか、どんなモノなのか自分なりに確認したいので、鬼に
笑われそうですが、来年は新潟大会はほっといて、そちらにお邪魔しようかなと思っていますので、その時はよろしくネ♡

申し訳ありません

連続投稿になってしまいましたので、
消してください。

ken-ji様、こんばんは。
お名前は良くN山雪園のけいじばんで拝見しております。
「弥生」・・・大変でしたね。
「新潟大会」は同じ様な話が何箇所からか入ってきました。
まあ、全国大会も含めて「○が花」と「○織」ですから・・・なんだかなあ・・・という人の話も良く耳にしました。
雪割草は今、丁度ターニングポイントに来ているのかも知れません。
「コレクターへの道と一般への道の葛藤」なんですかね。
僕の花もそんなにたいしたものではありません。
こんな事を書いていただくと嬉しいけど、ヤッパリ照れてしまいます。
実際、僕の交配の目的はただ一つだけなんです。
「綺麗な花を作りたい」
ただそれだけです。
「風情」「詫び錆」「品」「格」「味わい」「趣き」こんな言葉が大好きです。
「日本人」なんでしょうね。
遠いですが、来春は是非遊びにいらしてください。
お待ちいたしております。
でも、「たいした事ない」って言われちゃいそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は「実生新花展」です。 | トップページ | 果てしなき流れの中で・・ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ