« 今日も「実生新花展」です。 | トップページ | 標準花の行く先は・・!! »

2007年3月 5日 (月)

果てしなき流れの中で・・


星の思い」 朱鷺日輪に白覆輪F1を交配して作った花で、本人はなかなかの傑作と思っています。この雰囲気で千重咲きを作りたいですね。
「流行」というのはどのような世界にも存在します。
雪割草だけを例にとっても、特にここ数年の間の流行の変化には目覚しいものがあります。
さしずめ現在の流行は・・・と言うと、世間の風潮としては「三段咲き」ブームなのでしようか。
それも、「良く開く綺麗な三段咲き」かしら・・・。
「三段咲きを自分の手で作る」・・と言う事にある意味、憧れの様なものがありました。
最近でも、「これまでも実生で段咲きが出ていたけど、三段咲きが自分の手で咲く様になってから俄然、実生が面白くなったよ!」と、いう方がとても多くいらっしゃいます。
「三段咲きの実生は面白いほどに変化が多く、見ていて飽きないよ」・・こんな声も聞こえてきます。
しかし、その反面「二段咲きの交配はパターンが決まってて面白くない」「もうこれ以上、二段咲きはやりようが無い」等という声も聞こえてくるようになりました。
でも、それって・・・・・・・・ホントォ~?
例えば二段弁の容を整える、例えば標準花にある様な「花模様」を取り入れる、例えば花を大きくする、例えばコントラストを良くする、例えば全体のシルエットを整える、そして・・・その全てを含めて、より「綺麗」にする・・・。
確かに派手な三段咲き系の交配を試みるよりはとても「地味」な作業です。
でも、この様な事をコツコツと続ける事によって、何処にもない「時流の花」が生まれてくるものです。
これらは、単純に三段咲きを作るよりもずーっと難しい作業であるかもしれません。
当然、多くの「ロス」もついて回ります。
でも、その遊び心こそが「オリジナリティー」なのではないでしようか。
「山に存在しない花」を作るのは楽しい作業です。
でも、一歩一歩階段を登りながら、山の花を少しづつ綺麗にして行くことも楽しいものですよ。
こんな事も「悠久の時」の中ではほんの小さな出来事一つなのです。
ただ、ここ最近の時流を見ると、こんな地味な作業が、やがて大きな役割を担うような気もしますね。
僕の今年の交配の目標の一つには、こんな事が数多くあるのです。
目標としては・・・。

網目系二段咲き」 網目系の二段咲きは数多くありますが、くっきりとした網目で二段弁の整った花は余り多くありません。とても素敵な花ですよ。

地合い系日輪咲き」 網目地合い系の緑褐色日輪咲きです。輪郭を淡く白覆輪状に彩り、ほんのりとした優しい花です。

赤覆輪二段咲き」 「初鏡」と「ことぶき」を使った交配から生まれた花です。くっきりとした赤複輪と紅色の二段弁のコントラストが実に見事な花です。

紫/白二段咲き」 今年初花の幽谷型二段咲きです。よりボリュームのある花型とくっきりとしたコントラストはこの上ない美しいインパクトを持っています。
どうです、二段咲きもまだまだ遊べるでしよう。
コツコツやっていればこんな花も咲いてきますよ。

« 今日も「実生新花展」です。 | トップページ | 標準花の行く先は・・!! »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

初          ブログ 拝見しました  まだまだ 見るだけの 自分ですが      きれいな花には 手間が かかって いるのですね  勉強します    がんばってください

IRUKA様、こんばんは。
コメント有難うございます。
時間はかければかけるほど、やはり結果はついて来てくれます。
でも、交配は始めてしまえば、時間なんてアッと言う間ですよ。
好きこそものの何とやら・・・ですね。
色々やってみて・・・
色々好きになってください。

やまくささん、‘快’です。

私のような素人の投げかけた事を、しっかりと受け止めていただき、このような今後を見透おす講義のような解説までしていただき、嬉しい限りです。

それ以外にも気になることがあるのですが、
あまりに三段咲き花に特化した傾向が続きすぎたのでしょうか
入門者への間口を狭めてしまって、新潟大会に限らず他の展示会でもここ数年増え始めていた若い人達の姿をほとんど見かけることがありませんでした。

ところで、やまくささんもN山雪園のHPへ行
かれるのですね。  どうしてですか?

私の場合、担当のTさんの写真に惹かれたからです。
シャープなのに柔らかくて、花に体温があるとしたら、その温もりまでも伝わってきそうな写真・・・毎夜、夜光虫のごとくその花に
吸い寄せられています。

ひょっとして、やまくささんもその口ですか

一枚の写真を撮るときに、その対象への愛情も一緒に写し込むことができるとしたら、彼女はなんて優しくて、花への愛情が深いのだろうと思います。

そして、やまくささんの花の魅力はどうなんだろうと考えたときに、
やまくささんは周りの多くの人達から愛されているんだなという印象がありますが、
そういう人柄であるやまくささんが創り出す花だからこそ、また多くの人達に愛されるのだろうか・・・花創りの過程で、人柄まで注入できるわけないのですが、やまくささんの
花を観ていると、そんなありえないことまで信じたくなってしまいます・・・などと勝手に見当をつけているところです。

やまくささんの花を、N山雪園のTさんが写真に撮ったらどんなだろうと想像してみたくもなります。

ken-ji様、こんばんは。
またまた、赤顔しそうなコメント有難うございます。
僕は根っから「雪割草」が好きなので、アチコチのホームページやブログは見てますよ。
他人の花は知っている花でも好きですから。
ビジネスの点で言うと、「情報収集」もかねてですね。
そんなところからも「時流」は見えてきますから・・・。
N山雪園さんの花も、大体どの辺の所の花かは写真見てると良く解りますよね。
鬼火とか大自然とか四季織とか舟山とか・・・。
この世界はこれはこれで大変な世界ですから・・。
是非、がんばって欲しいですね。
若い方で交配されている方は多くいらっしゃいますよ。
ただ、そういう人たちはオークションなんかを利用しているみたいですけど・・・。
でも、皆さん熱心ですよ。
やっぱり「三段咲き」狙いの方が多いみたいですケド!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日も「実生新花展」です。 | トップページ | 標準花の行く先は・・!! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ