« 果てしなき流れの中で・・ | トップページ | 派手な花も人気の主流? »

2007年3月 6日 (火)

標準花の行く先は・・!!


未だ無名の実生初花」 「鉄心」の整形花を目指して交配した(赤星×(赤星×鉄心))の初花です。肉厚でこの上ない花型に大満足!
昨日は二段咲きの話しをしましたが、今日はそれよりもどーしようの「標準花」です。
実際に交配をやってみると良く解るのですが、これほど「ロス」の多いものもありませぬ。
何せ、普通に網目や地合い、白覆輪、吹っ掛け、キメラ等の花模様芸の他に、濃赤、濃紫、サーモン、等の花色を作る位でしたらそんなに苦労はしません。
普通に気に入った花を交配して、そこそこのものは得られると思います。
ところがデス、
今ある花を超えて、なおかつ、自分のお気に入りの花となると、これが作るに「一筋縄」では行きません。
単純に「数の勝負」の様なもので、綺麗に咲いても殆どが「少し前なら良い花なのにねぇ・・・」と言った花ばかりになります。
皆さん、余りに簡単に「円弁花」だ「梅弁花」だのと言ってくれますが、今更、単純に「円弁や梅弁」だけの花ではなかなか見劣りしますよ。
それでも、単純に「円弁や梅弁」の花すら出ないんですけど・・・。
良く咲き始めの写真だけを見せられて花を入手しますが、結局、全開すると「唯の花」なんですよね。
僕は、自慢ではありませんが標準花は相当見ている方だと思います。
知る人ぞ知る「標準花コレクター」でもありますし・・。
その僕が「ドキドキ」する様な標準花、これ以上一体どーやって造ればいいって言うのよ!!
「標準花のイイのが欲しいんですけど」・・・
たのむー、そんな事、気安く言わないでくれぇ~!!
こちとら、どれほど苦労してると思ってるんだい!!・・・なーんて「愚痴」はさておいて・・・。
それでもお気に入りの花が咲いてくるとすんごく嬉しいものですよ。
絶対隠しておきたくなるもんね!
○附の某氏の言い方で言うと「こんなの見せたら目垢がつくわね!」ってなもんですよ。
標準花ももう「中途半端」ではすまない時代になりました。
皆でタネを蒔きましよう。
「すんごい標準花」 一番見てみたいのは、何を隠そうこの僕なんですから。

未だ無名の実生初花」 「彩の夕景」のセルフから生まれた不思議な色模様の絞り花です。全体の雰囲気もなかなかの味わいで、幻想的な美しさです。

未だ無名の実生初花」 タップリとした巨大輪の花で、色調もなかなかのものです。「花飾り×紫紫紫」の中の逸品です。

未だ無名の実生初花」 「真心」のセルフから生まれた花で、色・形が初花ですでに親を超えています。花肉も更に厚みが増してがっしりした雰囲気です。もちろん、青軸無毛ですよ。
さあ~、みんなで蒔こう「標準花」。

« 果てしなき流れの中で・・ | トップページ | 派手な花も人気の主流? »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 果てしなき流れの中で・・ | トップページ | 派手な花も人気の主流? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ