« 今シーズンの反省 | トップページ | 写真撮影の日 »

2007年4月 9日 (月)

今年も実りの季節

今日は、寒気の影響で夕方頃から雷雲が発生しました。
最近は携帯で雨雲や雷雲の動きが解るので、以前よりも早い段階で状況判断が出来るようになり便利です。
西の空でゴロゴロ言い始めたので、いつもよりも30分早く閉園することにしたのも束の間、帰宅する頃には何発か落雷がありました。
こんな季節になってくると、雪割草の種子の結実がドンドン早くなります。
今日も雑用が多く、余り時間が取れませんでしたが、早いものはポロポロとタネが落ち始めました。
わずか1日でドンドン種子が熟してきますので油断は禁物です。
交配ノートを見て、早めに交配したものから順番に種子の袋かけを始めます。
そろそろ、始めのころに花粉を使った♂親なども種子の落下が始まります。
セルフは特に目印を入れていないので、気を抜くといつの間にか落下してしまいます。
これからしばらくの間は、午前中は写真撮影や山野草のチェック、交配等があり、午後は雪割草のタネ採りと古葉の整理が続きます。
又、幾つかの自宅仕事も入ってきたので、ダラダラと暇無しの日々が続きそうです。
今年は天気もチョット心配ですね。
雹なんか降らなければ良いんですけど・・・。
これから当分の間はタネとの競争です。

結実の始まったタネです。このくらいになれば袋をかけます。

枯れた花ガラやシベの跡を取り除きます。これを取らないとカビの原因になります。

種子回りをきれいにした状態です。これでカビが防止できます。

袋をかけて種の落下を防ぎます。袋はパッチ付きのビニール袋を小さく切って、セロテープでとめて、剣山等で蒸れない様に穴を開けます。袋の口は長短になっていますので、必ず長い方を上にして水が入るのを防ぎます。袋の先端に小さく切れ込みを入れると中に水が溜まりません。袋には交配ナンバーを明記して、奥まで入れて口を閉じます。

早い時期に交配したものでは、袋をかけたとたんに種子がバラバラにほぐれるものもありました。この場合は採種して、湿り気をとって、密閉出来る容器に入れて、冷蔵庫で保存するか、採り蒔きをします。

« 今シーズンの反省 | トップページ | 写真撮影の日 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんばんわ(・∀・)ノ
西山雪割草園のTOMOMIと申します~
お勉強させて頂こうかと、ブログを読ませて頂いていたら・・
先日、当園に来て頂いたんですね♪(デスヨネ?)
閉園中だったので、お会いできなくて残念です><
雪割草好きの若いスタッフだけで始めたお店です~
まだまだお勉強中の身で開いたお店なので、
やまくささんが気になるようなお花は無いとは思いますが、
今度いらっしゃる時は、是非お会いしてお話したいので、
閉園中はご連絡して頂けるとうれしいです~♪
いつでもマッテます~
できれば、やまくささんにも遊びに行ってみたいです~

TOMOMIさん、こんばんは。
何時もブログ、楽しく拝見しています。
せっかくN山のおじちゃんの所に遊びに行ったので、とりあえず雰囲気だけでも覗かせていただきました。
今度はお伺いできたらと思います。

当園はゴチャゴチャでグチャグチャなところですが、
是非機会がありましたら遊びにいらしてください。
(所沢方面にでも来た時には寄ってください)
うちも、雪割草のスタッフ(ウサギさんチーム)は、20才と25才、それに今度20才の女の子の3人です。
色々勉強させてあげてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今シーズンの反省 | トップページ | 写真撮影の日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ