« 浦島太郎さ・・がい~っぱい(これで終わりよの・・その6) | トップページ | 蒔かぬ種は・・・ »

2007年4月28日 (土)

カンアオイの花ものも・・来てます!!来てます!!


マエダカンアオイ縞花咲き分け」 タイリンとオナガの人工交配種の中から生まれた花です。一株で、「青軸の緑地に紫の絞りキメラ」と、「泥軸の色地に紫の絞りキメラ」を咲き分ける驚くべき珍品です。亀甲葉も素晴らしい最高品ですよ。
いよいよゴールデンウィークです。
今日は初日なので、花の入れ替えを・・・と思いました・・・が、昨日からの天気予報で「今日は午後から大荒れ」との事。
数年前の雹の被害を思い出して、花の入れ替えは明日に伸ばしました。
案の定、暖かい陽射しの午前中とは打って変わって2時過ぎからは「青天の霹靂」・・・。
突然空が暗くなってきたかと思うと、ものすごい突風が吹いてきてそれも束の間、これまたものすごい勢いの「どしゃ降り」の雨に変わりました。
丁度、何組かのお客様がいらしていた時で「落雷」が心配です。
皆さん、売店ハウスの中に避難してもらって低気圧の通り過ぎるのを待ってもらいます。
何も聞こえない程の「雨と風」は40分ほどで通り過ぎて一安心です。
県内も各地で雹が降ったようですが、園の周辺は雨だけで難を逃れました。
でも、これから6月まではこんな天気が心配ですね。
連休初日、今日も多くのお客様にお出でいただきました。
特に最近は、「テンナンショウ」や「カンアオイ」「斑入り山野草」をお探しのお客様が多くなりました。
今年はこれらの品揃えも豊富に取り揃えております。
特に「斑入り」はここ数日でかなり揃ってきました。
「ギボウシ」等もラインナップが豊富ですよ。
数年前から「カンアオイ」の「花もの」を集め始めましたが、ここ何年かでその「花もの」をお求めのお客様も多くなりました。
とかく「斑入り」ばかりが取上げられている様ですが、当園は「山草屋」ですので、どちらかというと「花もの」を中心に集めています。
特に最近の「花もの」は、これまでのカンアオイとはかなり感覚の異なったものも多く、何となく「ブームの予感」を感じられます。
出版社の方々も「チェック」を始めたみたいですよ。
さて、今回紹介します「カンアオイ」は、福岡のKさん選別の花たちです。
Kさんはおそらく現在、カンアオイの「青軸キメラ縞花」作出の第一人者です。
ビックリする様な「青軸キメラ縞のカンアオイ」をご堪能ください。

マエダカンアオイ・青軸キメラ縞花」 最初の写真と兄弟です。やはり葉の亀甲模様も美しく、縞も鮮やかに流し染める逸品です。

マルミカンアオイ・旭」 全ての青軸キメラ縞花の原点はこの花の発見から始まりました。今回の縞花はこの花を、やはり野生選別のタイリンの縞花に交配したところから始まったそうです。

タイリンカンアオイ・青軸キメラ縞花」 タイリンのみの交配によって生まれた青軸キメラ縞花です。ややおとなし気な花芸ですが、大輪で味わいのある花です。

タイリンカンアオイ・耶馬雀」 泥軸の絞り花ですがやはりキメラで、色地の絞り模様の中に紫のキメラ縞模様が入る極めて珍しい花です。ジックリ見ると引き込まれる味わいのある大輪の逸品です。

マルミ×タイリン・青軸キメラ縞花」 初期交配ですが花型・縞模様共に抜群の完成された花です。全体的には両者の特徴が良く出ています。この花を起点に多くの花が生まれていきました。

マルミ×タイリン・青軸キメラ縞花」 深みのある緑地に紫の縞模様を放射状に流し染めます。ここまで来ると花は殆どタイリン型で、葉軸にもキメラ縞が入ります。渋い味わいの、マニア好みの一品です。

マルミ×タイリン・青軸キメラ縞花」 巨大輪の花です。顔つきは殆どタイリンの特徴で、ハッとする美しさとインパクトのある花です。

オナガカンアオイ・紫々舞」 僕の大好きなオナガカンアオイの青軸色地キメラ縞花です。青軸の桃色花の中に紫のキメラ縞が入る風変わりな花で、まだ数の少ない秀品です。オナガカンアオイにはこの他にも色々な青軸キメラ縞花が見られ、これらを交配によって進化させるのも面白いものでしょう。
さて、いかがですか。
これらの花の中に、これからの青軸キメラ縞花のヒントが沢山隠れているのがおわかりでしようか。
カンアオイの花ものの交配も、これらをヒントにドンドン進化していくものと思われます。
これからは「花もの」も目が離せませんヨォ~!!

« 浦島太郎さ・・がい~っぱい(これで終わりよの・・その6) | トップページ | 蒔かぬ種は・・・ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

yamakusa様
寒葵の花、面白いですね。こうズラズラっと写真載せられると楽しくてしょうがありません。
オナガ桃縞花「紫々舞」良いですね。色といい形といい私も好みです。
マエダ縞咲き分けは、至れり尽くせりで凄いですね・・。咲き分けというのもいけるのだなと、感心しました。

横浜H様、こむばむは。
「飛鳥」くんはお元気でしょうか・・。
Kさんの交配は、僕の雪割草の交配と同じで徹底してます。
すべてにおいて・・の方向から「完璧」を目指してますよ。
近いうちに、続きが来そうなので楽しみです。
うちのギボも発芽を始めてきました。
「無敵の交配」目指して・・・
お互いがむばりませう!!
また、遊びに来てください。

yamakusa様 こんばんは!
飛鳥ちゃんは、元気いっぱいですよー。ご安心下さい。其の時、無理言ってお分け頂いたお花、開花しました!素晴らしいです。
今一番見ている鉢です。
マエダ縞咲き分けを生み出したのは凄い方なのですね。其の続編、是非見て感銘受けたいです。当方のギボウ実生、お陰さまで凄いことになってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浦島太郎さ・・がい~っぱい(これで終わりよの・・その6) | トップページ | 蒔かぬ種は・・・ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ