« 山見学のドライブです | トップページ | 今年も実りの季節 »

2007年4月 8日 (日)

今シーズンの反省


庭の雪割草」 今年は年始めのころとは打って変わって、自宅の庭の雪割草の開花も少し遅れ気味でした。カタクリなんかはこれから開花です。
漸く雪割草のシーズンも終わり、今日は今シーズンの反省です。
まず、真っ先にお詫びしなくてはいけない事は・・・。
シーズン当初からいきなり忙しくなってしまって、ホームページの販売品が殆ど出せなくなってしまった事です。
楽しみにされていた方も多いと思いましたが、兎に角、その日に咲いた売り物を、ほとんど他の業者さんやお客様がお持ちになる・・・と言った状況が続いてしまって、とてもネットで販売できるような品物が残りませんでした。
来年は何か考えなくてはいけませんね。
もう一つの反省は、このブログに使用するもの意外は全く写真が撮影できませんでした。
特に銘品や銘花は殆ど撮影できず、今年は写真集なんかにお貸しする写真もぜーんぜんありまへ~ん。(あ~い、とぅみまてぇ~ん!!)
交配はやはり、早い時期に交配したものが余り結実がよくありません。
早い時期に交配するものは、だいたいにおいて・・
それまで忙しくって「咲いていても交配できなかったもの」から始めるので、やっぱりメシベが乾いていてなかなか結実しませんでした。
二段咲き等が交配できなかった理由は、実はその辺のところもあるのです。
来年は、二段咲き、標準花、交配♂親等はなるべく涼しいところに置いて、少しでも開花を遅らせる事が大切なようです。
逆に、交配♀親や遅咲きのものは早い時期から日を採って、開花をあわせることも大切だと感じました。
棚下等もうまく利用すると良さそうです。
早い時期に咲いたものは、花芽の整理もままならぬうちに「灰色カビ病」が出始めたものがあります。
今のうちに削除して、ポット苗でも清潔な状態に保つ事も大切です。
そろそろ、結実した種子も大きく膨らみ始めたものがあります。
明日からは古葉や花柄を整理しながら、膨らんだタネに袋かけを始めます。
此処の所の暖かさで一気に結実が早まりそうです。
雪割草たちも次のサイクルに入りました。

庭の雪割草」 キスミレと並んで咲き誇っています。どちらも春の陽射しをいっぱいに浴びて元気ですね。

« 山見学のドライブです | トップページ | 今年も実りの季節 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

お仕事も家庭サービスも両立されておられる様子がうかがえてこちらは反省しきりです。

早い時期に交配したものが余り・・
私もそんな感じです。温度なのか雌蕊の準備不足なのか、はたまた花粉の活性の問題なのか・・・
そしてやはり前々から感じていた柱頭の湿度が受粉には重要だということがこの日記を見て納得です。
柱頭の産毛がなくなって鏡のようにツルツルになっているものにたっぷり花粉をつけてもなかなか膨らんでくれないんですよね。

そして私との決定的な違いは花粉を噴かせているやまくささんと噴く前の花粉を使う私とのでは受粉率は全然違うということです。
こちらは膨らんでも数個という場合が多いんですよね。
私も来年は歯石取り使ってみます。

ハヤシ様、こんばんは。
メシベの寿命と言うのは、微妙に良く解りませんね。
僕のところでは湿度が高い為か、長く咲いていたものでも意外にタネが出来る事もあります。
顕著なのは「全国大会」等に展示した花たちです。
わずか3日にもかかわらず、
会場が乾燥しているせいか、殆ど結実しませんね。
いい花は展示できないですよ。
これから種取りも大変ですね。
折角交配したタネですから・・・。
大切にしたいですね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山見学のドライブです | トップページ | 今年も実りの季節 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ