« カンアオイの花ものも・・来てます!!来てます!! | トップページ | 蒔かぬ種は・・・(その2) »

2007年5月 1日 (火)

蒔かぬ種は・・・


ラケナリア・バクマンニィー」 南アフリカ原産の小型のラケナリアです。でも・・・あれっ、手前の花・・なんか変だぞ・・・。
ゴールデンウィークも前半を過ぎて、お蔭様で毎日多くの方にお越しいただきました。
休日の間は人の途切れる事も無く、沢山の商品をお買い求めいただきました。
本当に有難うございました。
今日は休日の中日という事で、少し時間が出来たので久しぶりに園の植物をジックリと見ることが出来ました。
写真の花はH17年に輸入した種子を実生をしたラケナリア・バクマンニィー(L.bachmannii)です。
一応、2袋ほど種子を入手して種を蒔いたものを、発芽後に2鉢に寄せて植えておいたもののうちの1鉢が写真の個体です。
見ていただくとお解りの通り、写真左手前の花が白く咲いています。
現在2鉢で咲いている花が7花前後、しかし、白い花が咲いているのはこの1本のみです。
しかもこの白花、写真では解り難いのですが、葉に入る紫褐色のウズラ模様も緑色で、花に入るブローチ等も緑一色で、花粉塊も濁りの無い明るい黄色です。
そうです、見れば見るほどどこにも色素は感じられず、全く濁りの無い純白・・・即ち「アルビノ」なんです。
ラケナリアについては余り多くの知識は持っていませんので、これが珍しいものかどうかは解りません。
でも、毎年多くのタネを蒔いていると、この様に「予想外」のプレゼントに巡り合うことが多々あります。
ヤッパリ「蒔かぬ種は・・・」ですよね。
いずれにしてもこの花、とっても綺麗なのでセルフして蒔いてみようと思います。
園芸関係の見識家の方何人かに見ていただきましたが、何れの方も「増えたら・・・」という事でしたので、もしかしたらチョット楽しみが増えたかもしれません。
また、新しい知識を吸収しなければ・・・。
調べてみよーっと!!

アップです」 どこから見てもアルビノですよね・・・??

昨日の夜の月」 ぜーんぜん関係ないんですけど、とってもまぶしく撮れたので載せました。目・・・目がぁ~・・・・。

« カンアオイの花ものも・・来てます!!来てます!! | トップページ | 蒔かぬ種は・・・(その2) »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

アルビノ=素心ということでしょうか。
いわゆる「幽霊」もアルビノだとすると、これは紙一重でこの世に存在することを許された貴重な命ですね。
ところで、マツモトセンノウを実生したところ本葉が真っ白(双葉は緑)なのですが、これは元々こういう物なのでしょうか。幽霊にならなければいいのですが。

はぐりっど様、こんにちは。
「幽霊」は全く色素が無いから(葉緑素すら無い)、本当のアルビノですね。
この場合は「アルバ」が正しいんでしょうけど、最近は多少色素があっても白花なら「アルバ」と言っているものもあるので、その辺の使い方は結構曖昧ですね。
学名ならL.bachmannii v.alba辺りかしら・・。
マツモトセンノウの中には、以前より作り伝えられている「白花三光斑」というのがあって、それを実生するとよく「幽霊」が出ましたけど・・・
本葉が白いものは「斑入り」「栄養障害」「嫌地」等、様々な原因が考えられます。
「幽霊」、葉焼けしなければいいんですけど・・・。

吉岡さんのところから買った種子で、「ツクシマツモト」の名であったものです。他に「マツモトセンノウ」の絞り花も同じところから種子を買い蒔きましたが、こちらは普通に緑でした。ちなみに、ツクシマツモトのほうはよく見たら真っ白は半分くらいの株に出ていました。いかにも白が出そうな改良種(確かツクシマツモトがマツモトセンノウの原種でしたね)で、しかも絞りではなく、原種のほうで出たのは意外でした。
今は、ツクシマツモトのほうは割りと日陰に置いています。
長々とよそから入手した植物のことを書いてすみません。
やまくささんからもこの春ツツジ系を中心に安物(失礼)ばかりですが買わせていただきましたが、その中の「千年健」、ネットで検索をかけたらサトイモ科の全く違う植物が出てくるんですが...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カンアオイの花ものも・・来てます!!来てます!! | トップページ | 蒔かぬ種は・・・(その2) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ