« 新しい時代へ・・ | トップページ | 5月19日土曜日のトラウマ »

2007年5月18日 (金)

今年こそは・・!?


アラルディア・ニベア」 アズマギクに近いキク科の仲間で、現在はアラルディア属(Allardia)になっているようですが、以前はワルドヘイミア(Waldoheimia)属とされていました。インド・ラダカ5000m産の実生ですが、埼玉の地でこの「昇竜」の様な草姿が見られたのは本当に感激ものです。
ゴールデンウィークも過ぎた頃から、皆さん山野草の虫が疼き始めたのでしょうか。
「今年は夏リストにどんなものが出そうですか??」
と、言う電話が毎日の様にかかってきます。
まだ、ポットあげもこれからなのにナァ~!!
今日も久しぶりに、北海道帯広のKさんから連絡がありました。
「どうも・・北海道のKです・・」
電話の向こうは相変わらずお元気なお声。
「なんか、気になったら居てもたってもいられなくってさあ・・」と言う事で、今年の新作の問い合わせです。
話の中では「流石にほっかいどー」・・と言う話しが次々と出てきます。
なんせこのKさん、かのパラクィレギア・ケスピトーサを30輪くらい咲かせて、タネをイッパイ採って、いっぱい発芽させて、そのまま忘れて全部枯らした・・と、いうツワモノですから・・・。
なにより感動したのがこのセリフ!!
「サウスレアは殆ど生きてますよ、クェルシフォリアだけは無くなったみたいだけど・・・」
えーっ、ほんとーに・・・
「サウスレア・レウコマやトリダクティラ・・・グナファロデスも元気だよ」
すっ・・・・・・・・・・・・・すっげぇー!! Ψ(
「小型プリムラも結構元気だねぇー、幾つか咲いたのもあるよぉ・・・でもあれだね、アメジスティナは乾かして枯れちゃったね!!」
ふ~ん、うちはアメジスティナ・・咲いたもんねぇ~だ。
話を聞いているうちに・・ついに出ました!! 僕の捨てゼリフ!!
「だって、ここは目の前にトッタベツもポロシリも・・・日高山脈は無いもんねぇ~、平地だモーン!!」
何と言う低レベルの会話なんだろうか・・・。
でも、Kさん曰く・・・
「考えてみたら北海道の人間が関東から難物の苗買ってんだもんねぇー!! 、友人に・・こんなものどこから手に入れるの・・・って聞かれたから埼玉って答えたら・・・そんなところで栽培できるの!!!って驚いてたもの・・」
確かに変といえば変かも・・・。

昨年の「夏の無肥料」が功を制したのか、僕のところでも難物が結構生き残ってます。
今年の実生も、珍しいものや以前から欲しかったものが結構発芽していますよ。
問題は、どの位リストの作成リミットまでに、実生苗のポット上げが出来るか・・・と、ゆー事ですね。
取敢えずはいろんなもの・・・せめて花くらいは見てみたいものですけど・・・。

サウスレア・グナファロデス」 昨年販売した実生苗と同じものです。インド・ラダカ5500mの苗ですが「へーんだ、僕のところでも生きてるんだよー!!」です。花・・見たかったナァ~・・・残念!! でも、この苗も、まさかこんな下界で栽培されて、しかも、ハモグリバエの被害にあうとは思ってもみなかったでしょうねぇ・・。

サウスレア・aff・カンスーエンシス」 中国奥地4700m産の実生3年生苗です。完全なセーターではないこのタイプのものは、下界でも比較的栽培は容易です。現在、花芽を伸長中。うまく咲いたら、又ブログで報告しますね。

« 新しい時代へ・・ | トップページ | 5月19日土曜日のトラウマ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

オラも、もう1回サウスレアに挑戦したいよー。屋根つきの作場にしたからちょっとは進歩したと思うけど、実はもう棚が一杯なのです・・・。で、渋川の続きなんですけど、今はカキノハグサの花盛りです。此のあたりの固体は、柿の葉と言ふより桃の葉ですね、と、そんなこたあどーでもいい。お茶屋のおじさんが、青紫のカザグルマを分けてくれたのですが(此のあたりのカザグルマは、白ばっかりです。)クレマチスとの区別を教えてください。8弁、オシベは、赤く、一回しか咲きません。

木彫店様、
たびたびたびたびです。
サウスレアは今年の「夏リスト」には、又、色々なものが出せそうです。
是非、ご検討ください。
カザグルマは、
普通、花弁が8枚のものはカザグルマ、6枚のものはテッセンと言われているようですが、このタイプの交配種も多く、一概に「8枚だからカザグルマ」とは言えないようです。
基本的には白花でシベが紫のものが多いようですが、淡い藤色や、紫色のものも見られるそうです。
時に、花弁が紫色で、シベが赤いものもあるようですが、どの写真を見ても、あのカザグルマの細くのびのびとした花弁に比べると花型のいいタイプが多く、野生種かどうかは僕には良く解りません。
でも、野生種に良いものが無い・・とは言えませんし・・・。
決定的な事が言えずにごめんなさい。
でも、綺麗ならいいじゃないんですか。
(それよりも、テッセン=クレマチス・フロリダ・・の自生地の写真が見てみたい・・・)

私はラヌギノーサの原種そのものが見てみたい。絶滅したとも聞きますが...
ところでテッセンの栽培型(先に日本に入ってきたほう、本来はこれがテッセンなのですが)が今年の某コンビニの母の日ギフトのカタログで、「新種のテッセン」と紹介されていました。これが新種だったらほとんどの園芸植物が新種になるよ、と心の中でツッコミを入れていました。

はぐりっど様、おはようございます。
確かに!!
あれだけラヌギノーサ系があるのにね。
ぼくはどこかでクレマチス・フロリダ「ユキオコシ」と言うのを見ました。
あるの・・?
オタクミツツジは少しですがゲットしておきました。
「夏リスト」には載せてみたいと思っています。

テッセンの写真、「天の花回廊」で見たやうな気がして久しぶりにバイブルをひっぱりだしてみました。私のは、アサヒグラフの、切り抜きスクラップです。
で、写真は見つからなかったのですが、リンドウやら、サウスレア、デルフィニューム・・・・私の好きな、ムラサキ科のすんごいクッション、あんなの栽培下では、無理でせうね。
あの連載のときは、こんなのオラには一生見れない、遠い遠い雲の上の話だ、と思っていたのですが、(それでもスクラップはしていた・・・)斯うして実際苗を手にしたときは、ヤマクサ様の後ろに後光十徳が、見えましたよ、ホント・・・・

今日は大雨の中、相手をして頂いて有難うございました。

帰りは冗談が本当になってしまって、電車が・・・、弟は居ないし・・・(涙)仕方なく電車が動くまで待って、着いたのは22:40でした。お店を出てから4時間半も掛かるとは思いもしませんでした。

そうそう、色々な貴重なネタ有難うございました。ギボちゃんは乙女系で経験値を上げて頑張ります。

結局「黒幻」は来たのですか?

角田様、お疲れ様でした。
ほんとーに「電車」・・止まったんですね。
だったら家にお泊りいただけばよかったと・・反省してます。
「黒幻」さんは今日は来ませんでした。
東京ドームラン展の東洋ランブースで展示に使った鉢なので、球根にはきっといい仕上がりになると思います。
ひとつ「ツワブキ」を植えてみましたが、かなり上品で格好良かったですよ。
入荷したらとっておきます。
オーリキュラ鉢も楽しみです・・♪♪
ディオニシアえらい量ですが、がんばってポット上げしておきます。
でも、その前に雪割のタネ蒔きがぁ~!!
(毎回こればっか・・)

木彫店様、こんばんは。
アサヒグラフ「植物の世界」は良い本ですね。
僕はもっと古い「世界の植物」の頃も好きです。
ムラサキ科のクッション(多分、キアノカリスだと思います)、毎年蒔いているんですけど・・なんせ・・かの「J.ハルダ氏」のタネなのでなかなか発芽しません。
発芽しても、アッ   と言う間に誰か持っていかれます。
今年も「天の花回廊」や「花のヒマラヤ」クラスの花は色々発芽しています。
ポット上げ出来れば「夏リスト」に掲載しますね。
でも、その前に雪割のタネ蒔きがぁ~!!
(まだ言ってるよ・・・)

やまくさ様こんばんわ。オタクミツツジ、楽しみにしています。今までで一番単価が高かった植物が斑入りのエゾアジサイ1575円というあかんたれですが、(総額とはいえ一度に80ユキチーズは真似できません)言いだしっぺでもあるのでおっしゃる値段で責任をもって買わせていただこうと思います。
何の脈絡もなくふと先日、これからニワゼキショウでなにか面白い動きがありそうな気がしました。そう思って花を見ますが白くらいしか変化を見つけられないのは素人の浅はかさですね。

はぐりっど様、こんばんは。
そういえばオタクミ・・値段も聞きませんでした。
たぶん・・そんなに高くは無いでしょう。
(と、思いますが…)
実は僕にはあこがれのニワゼキショウがあるんですよ。
それはロッキー高地に生えるシチリンチウム・ドゥグラシィーです。
何度タネ蒔いても発芽が悪いし、芽が出ても秋には腐ってるんですよ。
花も葉も・・雰囲気がとても好いんですけど。
又挑戦してみましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しい時代へ・・ | トップページ | 5月19日土曜日のトラウマ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ