« 火山島の白い妖精 | トップページ | 今年こそは・・!? »

2007年5月17日 (木)

新しい時代へ・・


ツワブキ・クローバー縮緬葉」 葉先がクローバーの葉の様に3つに分かれた不思議な葉芸に縮緬を加えたものです。なんなんだ!!これはー!!

ツワブキ・クローバー黄縞斑」 クローバー葉に黄色の縞斑を絡めたものです。まだ大柄な葉芸ですが、選別によって美しく変身しそうです。
当園のお客様の中には、様々な植物の育種を試みている方が沢山いらっしゃいます。
或る人は「園芸」から入られた方で、原種の素朴さに惚れ込み、一から好みの花を作ってみようと育種を始めました。
或る人は「山野草」から入った方で、自分だけの花を作ってみたいとの拘りから育種を始めました。
出発点は違っても、考えている事、実行している事は、両者ともに同じライン上です。
今、「山野草」と「園芸」は丁度並行する状況が多く、「育種」と言う点に置いては、確実に交叉している状況が見られます。
写真のツワブキは、以前カンアオイのキメラ花を紹介させていただいた九州のKさん作出の逸品です。
Kさんはご高齢(失礼です・・)ながら、育種にかけては人一倍どん欲で、多くの逸品を作出され、世に輩出されています。
こんなKさんの様な人たちが、僕の周りには沢山いらっしゃいます。
ただ「好い物を作りたい」と言う信念の基に、日々色々と考えて交配している人たちです。
ツワブキにクレマントディウムを交配している人もいます、雪割草にセントポーリアを交配してメシベの動きを研究している人もいます。
これが「園芸」の始まりです。
「こんなものを作ってみたいんですけど・・・」
そう言って園を訪ねてくださる方が、最近特に多くなって来た様に感じます。
これまでの山野草の本に無かった「育種」と言う分野が確立しつつあるような気がします。
今は材料が豊富な時代です。
何かを作りたいと思えば、直ぐに材料を集める事ができます。
こんなツワブキの逸品も、惜しげも無く提供くださる方もいらっしゃいます。
この期待を裏切ることなく、増殖し、一人でも多くの方に楽しんでいただく事が僕らの務めです。
「何かを作りたい」、そういった方々に出来るだけ多くの材料を提供させていただく事も僕らの務めなのです。
写真のツワブキも、実はこの斑入りを♀にして縮緬を♂にすれば、おそらく早ければ一回で「クローバー黄縞斑縮緬葉」が出来ると思います。
僕のこれまでのつたない経験と勘(これが大事!!)によれば、キメラは♀優位で、縮緬や羅紗、甲竜等の遺伝子に入り込みやすい芸は♂でも充分継続可能です。
ただ、縮緬や羅紗なんかの芸は、ほんの数パーセント位がいいんですよね。余りキツイとね・・。
雪割草の内裏系みたいに、ぜーんぶがクシャクシャになっても辛いものがありますよね。
何でもかんでもごちゃ混ぜに交配している人がいます。
すると、直ぐにそれを「否定」する人がいます。
純系保持の正義感のつもりで「否定」しているのでしょうが、一生懸命交配している人にとってはありがた迷惑です。
みなさん「自分の信念」を持って交配しているのですから、誰に指図されるものでもありません。「個人の信念」に対して、他人がとやかく言う権利など無いのです。
ただ、育種で大切なのは、それを「選別」する事と、他を「捨てる」勇気です。乱立は避けなければいけないと思います。
僕のところにある植物は、すべて育種の為の「材料」です。
おそらく写真のツワブキを作出したKさんにとっても、この苗たちは既に「材料」にすぎないのだと思います。
1つのものが出来上がった時、その時からそれは「次を作るための材料」なんです。
これからは育種によって新しい花がドンドン生まれてくると思います。
楽しいですね・・♪♪♪
さーあ、どんどん「今より良いもの」を皆で作りましょう。
新しい時代が始まりました。

ツワブキ・龍虎実生」 縮緬斑入りの銘品「龍虎」を使った交配から生まれた、山吹色の縞も鮮やかな逸品です。
横浜H師匠、こんなツワブキたちはいかがですか!
(名指しかよぉ~)

« 火山島の白い妖精 | トップページ | 今年こそは・・!? »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

ツワブキと言へば、岡崎のA植物園のKさん、色々揃えて見えましたねえ。息子さんの代になってから足が遠のいていましたが、久しぶりに行って見たくなりました。
チャペックの「園芸家12ヶ月」が私のバイブルなのですが、(バイブルは「黄色い涙」だったり「事件や稼業」だったりします。節操は無いです。)ここに書き込みなさっている皆さんも、微苦笑無しには、あの本、読めないでせうね。
と・こ・ろ・で、行ってきました熊(くんま)まで。静岡県天竜市もちろん山の中です。毎年新茶を買いに行って、ついでにgabaya(HP有ります)と言ふ陶芸家のところでも買い物してきます。と、こんなこたあどーでもいい。
途中の渋川で、ツツジ祭りをしているのです。渋川ツツジの苗など並んでいる中に、ありましたよ「渋川シロ菊」と「渋川ニンジン」の実生苗。私があんまり嬉しそうに、ニンジンのポットを選ぶもんだから
ツツジを見ていたご夫婦が、売店のオジサンに「これはなんですか?」「あーた、渋川に来て、渋川ニンジンを買わない手は無いよ。まあ、ニンジンみたいな花さ。漢方薬だよ。」おー!そーか、サイシンに近いから、漢方薬になるわなあ。何でも薬だわさ。
ちなみに1ポット2本入りで、100円でした。これにはヤマクサさんも参ったでせう。

yamakusa師匠 
クローバー縮緬&黄縞斑、見事です。いろいろ遊べそうでうらやましい。
龍虎実生、親の物足りないところを補えていて、素晴らしいです。私もやろうと思っていたことですが、良いのが出ませんでしたので、全部捨てちゃいましたよ。。
次へと進歩するので、やりたいことは限りなくありますが、それをものにできる確率はアクシデントもあるし、自分が生きているうちにいくつ実現できるでしょう・・。好みは皆だいたい似ているし、方向性はだいたい同じなので、「どんどん良いものを皆で作りましょう。」なんて楽しいことでしょう。

木彫店様,こんばんは。
シブカワニンジン、いいですねぇ。
ツルニンジンの、葉が細くて裏毛の多い奴ですね。
実は僕も、去年タネを蒔いたんですけど・・。
100円で買えるなら渋川で買ったほうがいいですね。
でも、勧められていた人はドンナ「ニンジン」を想像していたんでしょう。
キキョウ科だからサイシンとはうーんと遠いですけど(笑)
100円・・・参りました・・。

そーです。おじさんは、バアソブ、馬の鈴クサと勘違いしてました。いまは外国産で大きな花で、結構顔が赤くなるやうな花がありますね(馬の鈴クサのこと)蝶豆も作ってます。・・ほれ、何か話しの方向が・・・・・

横浜H先生様、こんばんは。
この子達、興味あれば割っときますよ。
あと、群馬のÅさんが「八丈の白チリ」増えてる・・・との事です。
取敢えず「ちょーだい!」と頼んでおきました。
ギボの実生がなかなか楽しい事になってきました。
やっぱ、Cセルフはおもろい!!
いらない分は引き取りますよ。
もうすぐ巨大な「神津親」も来ますよ。
今度は「神津×西/羅紗」を直接行ってみようと思います。
何となく「多摩雪」の顔が邪魔っぽく感じて来たので・・・。
「武/誉」や「武/変」、「無名武系子宝」なんかの変化花や、「十六夜」「白輝晃」「岩白八重」なんかの白や純白もうまく利用して遊んでみようと思っています。
まあ、何にしても・・そんなに小難しく時間のかかる事ではなさそうですね。
これからの時期はレンゲとヤマシャクの悪戯です。キキョウもあるし・・・。
まだまだオモチャはいーっぱい!!
楽しいですね♪♪
でも、未だに雪割のタネ蒔きが・・(涙)

木彫店様、
たびたびです。
バアソブはウマノスズクサ科じゃないです。キキョウ科です。
でも、ウマノスズクサのでっかいの・・いいですねぇ。
ウエストランディーなんて、千と千尋の「顔無し」みたいですよ。
もうすぐすんごくちっちゃいのも来そうですよ。
北米産のもので、丈10㎝で「へんないきもの」で話題になった「オオクチボヤ」見たいな黒い花が地面に咲きます。
早くリストに出したい花ですね。
笑えますよ!!

yamakusa天皇様
日曜日に遊びに行きますので、石蕗たち是非おねがいします。念願の八丈白チリ情報に思わずブログ見て歓喜で立ち上がっちゃいました。なんと、喜ばせるお話でしょう。
当方のC実生、99%羅紗です。斑も可なりの割合で出てます。そうなると、今度は1%の急成長君がなんだか可愛く思えてきますよ。。
大洞*Cは羅紗出現は数株程度、1株気になるキャベツがでてます。実生床持参します。

お待ちしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 火山島の白い妖精 | トップページ | 今年こそは・・!? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ