« 今年こそは・・・!! | トップページ | 庭の草むしり »

2007年5月 7日 (月)

魅惑のブラックホール


アサルム・スペシオサ」 実生2代目の中から生まれたストライプの全く入らない花です。自慢のストライプが無くなって、まるでブラックホールの様な怪しげな花に吸い込まれそう・・・。
世界のカンアオイの中で最も美しい花の一つが北米・アラバマ州にあります。
その名は「アサルム・スペシオサ」。
以前は「魅惑のカンアオイ」として、ただ一鉢で沢山花をつけただけでも「月刊誌の表紙」を飾るほどの「幻のカンアオイ」でした。
自生地でも数の少ないもので、古く、何個体かが輸入されマニアの間で珍重されていましたが、いつの間にやらウイルス等に犯されて、健全株を見ることは殆ど無くなりました。
最近では、某大手生産者がメリクロンを試みた苗が流通するので、ちょっとやる気のある山草屋さんなら目にする事も多いと思います。
写真の花は京都のHさんより分与いただいた実生苗です。
Hさんは以前、アラバマの北部でこのカンアオイの自生地に出向き、数個体を導入されました。
その中で特徴のあるものを交配して1代目の実生苗を作出。
その中で選別した花をもう一度交配して作ったのが2代目の実生苗です。
今年はその2代目(葯250本)のうち10本ほどが開花、その中の一つが最初の写真の「ブラックホール」です。
実はこの2代目を生んだ最初の1代目たちが今、次々と開花を始めました。
それらもいずれ劣らず素晴らしい花ばかりです。
今回はその1代目の一部をご紹介したいと思います。
おそらく「アサルム・スペシオサ」のヴァリエーションがこれだけ紹介されたのは始めての事と思います。
どうぞご覧ください。







どうです、結構色々とあるものでしょう。
これから咲くものもまだまだいーっぱいありますよ。
このブログは表向きは僕のブログですが、この様にこの世界の「大物さん」たちがこぞってネタ提供をしてくれているのも、このブログの特徴の一つです。
実際、僕は唯の「お飾り」に過ぎないんですよね。
でも、この様なネタもまた、だんだん「やまくさ」の商品になっていくんですケドね。
本当に皆さん、チョー有名な「陰のドン」ばかりです。
上には上がたーっくさん居る・・という事を痛感させられます。
おてやわらかに・・・・ネ!!

« 今年こそは・・・!! | トップページ | 庭の草むしり »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりでございます。岐阜の加藤です。
以前、アクィレギア・スコプロルムなどを購入させて頂いた者です。他のものは昇天してしまいましたが、(スミマセン)アクィレギア・スコプロルムだけは、無事に生き残って花を咲かせてくれました。つぼみが現在5つあり、最初の花はどうやら種を付けてくれそうです。(オダマキ1年目の初心者なので分かりませんが)
 1つ質問なのですが、アクィレギア・スコプロルムの寿命は3年ぐらいなのでしょうか。たった1つ残ったものですから、大事に育てていきたいです。NHKの春の山野草の本は購入させて頂き、勉強しております。どうか宜しくお願い致します。また、同じような雰囲気のアクィレギアがありましたらお教え下さい。是非購入したいです。重ねてお願い致します。

加藤様、こんばんは。
A.スコプロルム、元気との事で嬉しく思います。
寿命はもっと長いと思いますよ。
同じ様な雰囲気で良い花はいくつかあります。
これから花が咲くA.アマリアエ
世界最小のオダマキ、A.ジョネシィー
コロラドの州花A.セルレア
なんかがお勧めです。
オダマキ、はまると面白いですよ。

「学○と○学」でおなじみの出版社さんが、最近いろんな花で300種くらい載せた図鑑シリーズを出されていますが、やまくささん著で「オダマキ」のが出たらうれしいです。
もちろん成分道(こんな書き方でいいですか?)さんからでもいいですが、G研さんの本の方が持ち運びもしやすいサイズで、お値段も手ごろですので...
一応リクエスト出しておきましょうか。

はぐりっど様、
こんばんは。
たのむからこれ以上
仕事増やさんでくれ~!!
お願い。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年こそは・・・!! | トップページ | 庭の草むしり »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ