« うすゆきそう雑記(2) | トップページ | 「夏リスト」が完成しました。 »

2007年6月13日 (水)

イソマは磯間



イソマカキラン」 鹿児島県磯間の日当たりの良い林に見られるもので、舌が花弁化した6弁花で、カキランの変種と言われているものです。
漸く雪割草のクロスのタネ蒔きが終わりました。
明日からはセルフのタネ蒔きです。
セルフは数が多いので、取敢えず優先順に仕分けしてあります。
でも・・・7月まではかかるでしょうね。
今日は休園日だったので、いよいよ「夏リスト」の作成に入りました。
取敢えず今年の実生だけで180種以上は載せられそうです。
その他にも、「追加号」以降に入荷した販売品などもありますので、そこそこのボリュームにはなると思います。
今月末までには印刷もしたいのですが・・・なにせ・・雑用も多いので・・・はたして・・・・・。
「夏リスト」作りが始まるので、ブログは飛び飛びになると思います。
懲りずに時々は覗きに来て、コメントなんぞも置いて行ってくださると嬉しく存じます。

初夏に入り、野性ランの季節に入ってきました。
写真の花は、鹿児島県磯間に見られるカキランの変種の「イソマカキラン」と呼ばれるものです。
野性ランの中には、この「イソマカキラン」の様に「種」として選別されている「変種」とも「別種」ともつかない花変りがいくつも見られます。
特に、この「イソマカキラン」の他にも「キリガミネアサヒラン」「ヒトツボクロモドキ」等に代表される「ペロリア化(整斉変態現象)」と呼ばれる変異は、なぜか基本種の無い場所での自生が多く、一概に「変種」として扱えない「なにか・・・」を含んでいるものが多く見られます。
この「ペロリア化(整斉変態現象)」は、俗に「六歌仙」と呼ばれる、ラン特有の舌が花弁化した6弁花現象で、ともするとユリ科の花の様なイメージがあり「先祖がえり」とも言われています。
当然、ラン科植物の殆どに見られる花弁変化の状態なのですが、何故ゆえにこの「イソマカキラン」のように基本種の居ないか殆ど居ない状態のところでそれだけが繁殖しているのか・・・・考えれば考えるほどに不思議ですね。
この「イソマカキラン」は基本のカキランよりもかなり大型化するような特徴もあります。
自生地では花弁の開きの良いものや、花弁先端の紫色の濃いもの、薄いもの等も様々で、若干の個体の差が見られます。
こんな「不思議」がたくさんあるのも、ラン科植物が面白い一要因かも知れませんね。
ちなみに・・この「イソマカキラン」も例外にもれず絶滅寸前です。
なんとか増殖して、この貴重な変異を多くの研究者や愛好家の方に楽しんでいただきたく努力しております。
「カキラン」は意外ですが冬に枯らします。
とにかく冬の凍結に弱い植物で、どんなに調子が良くても冬の凍結で全滅する事がしばしばあります。
この仲間は必ず、冬は無加温のフレームなどで保護する事をお勧めいたします。


イソマカキラン黄花」 極めて珍しいイソマカキランの黄色花です。希望者多く、ただ今急速に増殖したい逸品です。

« うすゆきそう雑記(2) | トップページ | 「夏リスト」が完成しました。 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

このペロリアというのはリップ以外の真の花弁がリップ化する現象ですね。カトレアなんかでもあったと思います。でも、先日ある展示会で、ウチョウランのがくの部分がリップ化して、(リップももちろん広がり)さながら全体が飛翔する鷲のような花容のものを見てびっくりしました。私が不勉強なだけで、このような咲き方にも名前があって、結構有名なものなのでしょうか。

文をよく見ていませんでした。これはリップの花弁化ですね。他の蘭では、これになったものを別種としている例もあるそうです。

4日前の水曜日、御殿場方面にドライブしました。丁度上天気に恵まれ、あちこち山草屋さんを覗いたり、山ボウシの白い並木を走ったりしました。どこに居ても富士山が見える、と言ふより、富士山に見守られている、といった塩梅の至福のときでした。
ある斑入り植物専門のお店(?)で、イソマカキラン、の話しが出て、そこはまだ蕾が、開いていませんでしたが
「これはねえ、まだ売りたくないんだよなー。確か千葉県の一部しか自生がなくてさー。」帰ってきてブログを開けば此の体たらく・・・もう一回行って「九州でーす。」って教えなくっちゃ・・・
ところで、皆さんお待ちかね(???)
松岡真澄展「蓮わたり」が、銀座ギャラリー悠玄で開催されます。7月2日から7・8日
まで。松岡女史のすばらしい細密画を見てください。ついでと言っちゃあなんですが
井畑勝江陶展、こちらは新宿ぎゃらりー玄海、(マルイメンズ1階)6.22から7.31です。井畑さんの力強くて、ポップな器は、和洋どちらにも良く合います。玄海って言ふ料理屋さんでも使っているのかな?
松岡さんは、鳥の細密画を描いていた岡崎立の奥さん。今回の作品の一部は、昨年妻有アートトリエンナーレに出品したものです。
では、夏リスト待ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うすゆきそう雑記(2) | トップページ | 「夏リスト」が完成しました。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ