« 15年目の奇跡(ギボウシの恩返し!?) | トップページ | 案外こんなものなのかしら・・・!? »

2007年7月19日 (木)

コーカサスの黄色い星


ゲンチアナ・オシュタニカ」 コーカサス原産の黄色い小型リンドウです。漸く花を見ることが出来ました。
「ゲンチアナ・ヴェルナ」に黄色い花がある・・・。
そんな話を耳にしたのは10年とチョット前の事でした。
そんな折、数年前に見たA.G.SやN.A.R.G.S
の紙面で矢継ぎにその「黄色いヴェルナ」が紹介されました。
「たしかに「黄色いヴェルナ」だ・・・」
これが始めてこの花の写真を見た、僕のそのまんまの感想です。
その後、J.ハルダの「JENUS・GENTIANA」に描かれたイラストを見て、この植物に対する関心がピークに達しました。
全体のイラストを見ても、花はヴェルナに比してより大輪で、明るい濁りの無い黄色の花は見る人を虜にせずにはいられません。
面白いもので、この頃からチェコのシードマンたちはこぞってこの花に注目し、現地採種の種子もリストに掲載されるようになりました。
当時は「ゲンチアナ・ヴェルナ・オシュタニカ」としてヴェルナの変種として扱われていますが、現在は別種として「ゲンチアナ・オシュタニカ」と分類されているようです。
さて、栽培ですが・・・現在「ヴェルナ」として流通している「アングローサ」と同様で、比較的丈夫なような気がします。
写真のものは実生二年目ですが、このタイプは発芽に1年以上かかる為に、実際は3年前の実生品です。
栽培はまずまずなのですが、蕾がついても力が無いのか・・・なかなかスムーズに開花してくれませんでした。
今日、漸く・・・少し花を虫に食われていますが・・・その済んだ美しい黄色の花を見ることが出来ました。
今のところ実生栽培もコンスタンスに少しづつですが増え、また、毎年実生も試みているので、いずれは多くの方に育てていただけそうな逸品です。
最近は、中央アジアや奥地のゲンチアナが結構はまってますね!!

ゲンチアナ・オシュタニカ」 草姿はどこから見てもゲンチアナ・ヴェルナです。大輪の美しい黄クリーム花を早く株立ちで楽しみたいですね。

« 15年目の奇跡(ギボウシの恩返し!?) | トップページ | 案外こんなものなのかしら・・・!? »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

早く広く普及するといいですね。
最近健康食品でひそかに話題の「エルカンプーレ」もリンドウ科リンドウ属ということで調べたら、Gentianella alborosea のことだそうです。近いような別の属で、これそのものは地味な花のようですが、アンデスやパタゴニアにもいろんなリンドウがあるのでしょうか。

はぐりっど様、こんばんは。
「黄色い星」は今年の実生も発芽しているので、多分秋リストには掲載出来ると思います。
南米にはゲンチアネラの仲間に良いものがあります。
ヒルクルスなんかオレンジ色の飴の様なストライプがとても可愛らしいものです。
以前、オランダで増殖中と聞いたのですが・・・その後どうしたのでしょうか??
纏まりは悪そうですが・・・!??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 15年目の奇跡(ギボウシの恩返し!?) | トップページ | 案外こんなものなのかしら・・・!? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ