« リスト作りが始まりました | トップページ | やまくさHP販売・一時閉店のお知らせ・・・ »

2007年9月25日 (火)

天は二物を与えるのか・・!?



「子宝」 まるでクリスマスツリーの様な「子宝」の開花姿です。1輪1輪がものすんごい花ですよ。
バック紙が汚れてゴメンナサイ!(グラペ買い直さなきゃ) 
9月16日のブログで「子宝」の花姿とバランスの悪さを指摘しました。
ところがです・・・全く僕の無知でした!!
この「子宝」・・・
実は・・・開花したらなんと・・驚くほどの巨大な花玉でした。
それが次から次と開花・・・
このくらい花茎が太くなくては、花が重すぎて支えられません。
また、開花したら・・ナ・ナント・・・
これだけ綺麗な縞斑が殆ど目立たないほどの花の見事さです。
なんじゃコリャ~!!
それはさておき・・・

やはり予想通り、秩父系や武甲系のイワギボウシの中には、ちらちらと子宝咲きの変貌が見られるものがいくつも出てきました。
こうなると・・・これらのタイプはいったいなんなのでしょうか!?
実は、この子宝咲きが咲くイワギボウシの系統には、ある共通する特徴が見られます。
洞察力の鋭い人が見れば一目でわかるその特徴は、とりあえずここでは控えます。
ただ、ナゼこんなに多くの子宝咲きが出てきたのでしょうか。
以下は僕の推測・・・・
1. 自生地に坪があって、毎年そこから出るものに子宝が多い。
2. たまたま付いているタネがこれらの子供で、それを蒔いたので数が出来た。
3. 一つの斑入り子宝が元にあって、その芽変りの覆輪や斑入りを選別していった為に別物のように扱われている。
4. 実はイワギボウシだけでは無く、他のギボウシの子宝咲きが作場で交雑して、そのついたタネをイワギボウシと思って蒔いたら出来た。
・・・こんなとこかしら・・・。

(1)はこの事が事実だとしたら・・・それこそ自生地は一面子宝咲きでいっぱいですね。その光景は実に素晴らしいでしょうね、すっげ~写真に撮りたい。
(2)は純朴な現地栽培者の方が「自分で見つけた」と言っているので・・・どうでしょうかね。ただ、色々な植物でこのセリフには懲りた経験がいっぱいありますが・・・。
(3)は・・・良く解りませんね。ただ、現地栽培者の方達は毎年「根伏せ」や「株分け」をしてます。もちろん・・・彼らはそれらの個体のほとんどに「銘」なんぞは付けていません、斑は良く動きますね。
(4)は実際に実っていたタネなんですから・・・なんともいえませんね、花に聞いてみないと・・。

さて・・・なんだかんだで・・・僕の作棚には「武甲系」と称するものだけでも50タイプ以上になってしまいました。
大別すると4つの系統に分かれそうです。
「武甲系」というのも産地や出生を考えると、決して「武甲山産」と言う意味で捉えるものでは無く、一つの系統名として考えた方がわかり易いかもしれません。
秩父系や武甲系を含めて、次々と色々なものが登場しているようですが、結構どれも似通った雰囲気のものが多くあります。
もちろん、その殆どは現地栽培家の方達のところで命名されたものは少なく、それを販売する業者さんの手によって命名され、販売されている品種も色々あるようです。
もちろん、それが商売ですし、販売者の当然の権利です。
どこで特徴を捉えているのか、品種大別の有無や価値観は個々のものなので良く解りませんが・・・

少なくとも僕のところにある100種近くのこれらの系統の幾つかはとても似通っていて、自分としては余程の特徴がない限りは、安易に銘々したい気分にはなれません。
僕は専門のマニアさんや業者さん等に比べれば、イワギボウシを含むギボウシについて殆ど無知な半可通なので、おそらく手に入れる順から命名しても、ラベルを抜いたら区別出来ないものが沢山出てきそうです。株の大きさによっても、葉姿や斑の変化などは全然違うもののように見えますしね、作ってみたらこれもおんなじだつた・・・みたいな。

今後数年で、ギボウシの世界も大きく変貌を遂げる様な気がします。
余程腰を据えて取り掛からないと・・・。
安易に名前を付けられるのは今だけ・・・・ですかね。
顔で笑って・・・心ではすーーーんごいプレッシャー!!
・・・・・だよね。

武甲系イワギボウシ」 なんとなく・・の雰囲気ですが、多分これも子宝になりますよ。夏に植え替えちゃったので本芸は来年ですね。

武甲系イワギボウシ」 力が無いときは大体こんな感じですね。この個体は花粉吹いてます。
秩父系イワギボウシ」 たぶん武甲系です。この個体は力が無くてもこれだけの花芸を見せてくれます。メインの花の花粉は退化していますが、子宝の小花には花粉がありました。ナルホドネ・・。

岩牡丹の花」 北関東産イワギボウシの銘花です。花を紹介しようと思ったらナメクジに喰われました、でも、弁化はわかるかしら・・・。ギホウシの花はとてもナメクジが大好きです。朝になったら丸かじりと言う事もしばしばですが、なぜかオシベヤメシベは食べません。ナメクジが交配してるのかも・・・。夜の見回りで、この株だけで5匹も採りました。(1棚で25匹採ったよ)やれやれです。

進化するギボウシに乞うご期待!!  ワクワク。

« リスト作りが始まりました | トップページ | やまくさHP販売・一時閉店のお知らせ・・・ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リスト作りが始まりました | トップページ | やまくさHP販売・一時閉店のお知らせ・・・ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ