« 今がその時・・・ | トップページ | リスト梱包ただ今終了!! »

2007年10月 9日 (火)

隠れたニューフェイス

なんだかドタバタとした毎日が続きます!!
急に涼しくなるのは嬉しいのですが、やる事がいっぺんに重なって・・・いささかパニックですね。
とりあえず、ギボウシの交配だけは一通り終わったのですが・・(と、言っても・・最後に「武甲昇竜」とか「小笹錦」の交配が残ってますケド・・・)
今年は結実もなかなかのものですよ!!
さて、今年のギボウシシーズンを振り返ってみると・・・
実は秩父山系のイワギボウシに意外なおもしろさがありました。
それも・・・とくに「武甲系」と呼ばれている、一連のタイプに興味津々なのです。
「武甲系」と言っても、決して「武甲山」産という意味ではありません、あくまで系統名です。
N渓周辺で徒然発見された大型化するタイプのイワギボウシたちの総称です。
この「武甲系」たち・・ここに来て「子宝咲き」は咲くは、「石化」はするは、「紺地」は強いは、「斑」は綺麗だし、「大型」化はするしで・・・
とにかく、それぞれのタイプが見ていて飽きないくらい、それぞれに変化に富んでいます。
最近この系統は、とかく「変な花」ばかり注目されていますが、実際は紺地の強い葉にくっきりと縞や覆輪を流し染めて、長く伸びた茎と大型化するその姿は他を圧巻する程に観賞価値の高いものです。
いずれ近い将来「武甲系」は、イワギボウシを代表する1つの系統として作り伝えられる事でしょう。
僕の作場にもこれまでの積み重ねで、この「武甲系」のタイプが60を超える数になりました。
今年も色々と交配をして見ましたが、やはり、この「武甲系」の特徴を損なわずに、なんとか次に繋げる傑作を作りたいと考えて、色々と交配してみました。
それにしても、こんな良いものがどうして今まで眠っていたのでしょう。
この機会に、僕のお気に入りの「武甲系」をすこし照会したいと考えました。
どうぞご覧ください。

武甲系イワギボウシ」 武甲系選別の第一人者Tさんの選別品です。「T-20」と呼び鳴らしているものですが、青味がかった紺地にくっきりと入る大覆輪がとても見事です。大柄で迫力一杯ですよ。

武甲系イワギボウシ」 これもTさんの選別です。「T-5」と呼んでいたものですが、黒々とした紺地に白の縞をくっきりと染めた雄大な景を見せる逸品です。「天山」と銘々しました。

武甲系イワギボウシ」 「T-Y1」と呼んでいたTさん選別の縞斑から出た芽変わりの中押し斑で「武甲殿」と銘々してみました。実物は斑の部分がもう少し黄色みを帯びていますが、なにぶん小苗なので継続に期待です。

武甲系交配種」 秩父系実生の第一人者Hさんの交配によるものですが、「武甲系」と「小笹系」の交配と思われます。深緑色の紺地に流れるような縞斑がとても美しいフォルムを見せてくれます。とりあえず「大銀河」と銘々して楽しんでいます。

武甲系イワギボウシの石化」 最近「武甲石化」(百花錦)が一部で話題になっているようですが、武甲系の中には写真の様に大型化して花茎が石化しやすいものが見られます。

武甲系イワギボウシの石化」 石化しやすいタイプのものは、写真の花茎の下の部分を見ていただくと解りますが「子宝咲き」のタイプに多く見られます。角度を変えて考えれば、武甲系イワギボウシの大型化するタイプのものには、この様に「子宝咲き」の系統が多く見られ、その中から株の力か何かによって「石化」もみられます。(肥培??? 環境???・・・安定??? たまたま???)

武甲系イワギボウシ」 相当に大型化する個体で、紺地に白い大覆輪が見事な個体です。花も「子宝咲き芸」を見せるもので「羽衣」と呼び鳴らしています。このタイプも幾つか見られて、「武甲誉」「武甲昇竜」等もこの系統に近いものだと考えられます。
大型で雄大な景を見せ、花も変わっていて、斑は抜群に美しい・・・こんな「武甲系イワギボウシ」を是非多くの方に楽しんでいただきたいですね。
まだまだ・・・ありますよお!!

« 今がその時・・・ | トップページ | リスト梱包ただ今終了!! »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

yamakusa様 こんばんは
当方のギボウシ交配も終わりに近付いてきました。しかし、なかなか思い通りには行かなかったので(那須錦が折角咲いてくれたのに使えなかった~。)、結果は不満です。しかし、岩牡丹のお陰でなんとか楽しみも出来ました。白輝晃でも遊べましたし。
 武甲系の紺地はやっぱり良いですね。武甲錦しか知らなかったのに、60タイプだなんて、急速な変化にただただ驚くばかりです。
 花茎の石化ですが、当方の八丈系の花茎も石化しました。去年は普通だったのですが、連鎖の法則でしょうか。多摩の雪系の丸い花がごちゃごちゃと咲いて、蕾はぽろぽろ取れるし、見栄えが悪くどうもいけません。。

横浜Hさま、こんばんは。
「石化」って何なのでしょうか!?
気まぐれなのか・・・固定しているのか・・・
よく解りませんね。
でも「武甲石化」(旧名・百花錦)は確かに「石化」すると凄いみたいですよ。
ルーツや現存数も大体は確認できました。
僕のところにも小さな3枚葉が入っているので、数年後は見事な芸が見られるかも知れません。(見られればイイなぁ・・・)
M氏の話では、「ネジバナ」みたいで凄かった・・・との事ですが・・。
ただ、ギボウシの石化は確かにつぼみがボロボロと落ちるんですよね。
ああ言うのは好き好きですね。
「武甲系」は「雄大さ」と「紺地」・・
これに尽きますね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今がその時・・・ | トップページ | リスト梱包ただ今終了!! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ