« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月28日 (水)

予防接種だよ(^○^)


セテラチ・オフシナルム」 欧州アルプス高山の、特に石灰岩の岩に好んで生えるデンダに近い仲間です。もーのすごくカッコイイですよ!!
先日、「白毛イワデンダ」を紹介したら思わぬ反響なので・・・今回は僕が世界で一番好きなデンダの仲間、セテラチ(Ceterach offsinarum)をご紹介!!。
資料によってはアスプレミウム属にも扱われていますが、白い岩肌にかじりつくように生えるその姿は、まるでサンゴの岩場にしがみつくウミシダのような雰囲気で・・・個人的にはもっともカッチョイイシダだと思っております。
このシダを最後に育てたのが7~8年ほど前・・。
その後、しばらくご無沙汰でしたが、福島のKさんのところでほんの少し増殖していたので・・・無理を言って久しぶりに一株分けてもらいました。ウレヒイ!!
がんばって増やしましょうね!!
昔、作っていたシダで手放してしまって残念なのはもう1つ・・・そう、北岳の「ヒイラギデンダ」ですね。
これは余程の事がない限り入手は難しいですね。
今思うと失敗でした・・・欧州にはいっぱいあるのにね。

今日は一日、「追加リスト」づくりです。
どうやら20ページを超えそうで・・・「追加リスト」もついに冊子になりそうです。ヤレヤレ・・・。
夕方、娘が帰るのを待って親子でインフルエンザの予防接種に行って来ました。
インシュリン用の注射針なので殆ど痛みも感じず・・・アッ・・と言う間に終わりました。
親子3人で7500円・・・意外と簡単でしたね。
これで予防できればいいんですけどね!!
12月も色々と忙しそうです。
1年がアッと言う間に過ぎて行きますね・・。


なんだかわからないメキシコのシダ」 福島のKさんのところにシダマニアの方が持ち込んだ「メキシコ」で採集したシダだそうです。なんだかはわかりませんが、全体に青白く繊細な葉がとってもカッチョイイでした。増えたらチョーダイね!!

2007年11月27日 (火)

よくわかラン


キヌラン」 神出鬼没の不思議なラン、居たと思えば居なくなり、消えたと思えば又出てくる・・・変なランです。
写真の花は「キヌラン」です。
九州南部から琉球列島にかけて分布する小さな小さなラン科植物です。
琉球辺りではしばしば芝生の中にも生えているようです。(洒落じゃないよ)
殆ど灰色に見える細い葉を付けることから「ホソバラン」の別名があります。
この「キヌラン」、そのヒョロヒョロとした草姿とは裏腹に・・・実は予想以上に栽培可能な植物です。
ただし、同じ鉢で何年も栽培をするとなるととても難しいかもしれません。
なぜなら・・・このランは生育する寿命がとても短く、そのかわり種子の発芽が良いので・・・・
一度手に入れると、必ず回りのどこかしらかの鉢に飛び込んで花を咲かせる事がしばしばあるからなのです。
ちょっとネジバナっぽいですね!!
事実、当園の「キヌラン」も今から7~8年前に、野生ラン界の重鎮Oさんに分けていただいた1株がいつの間にかポツポツと繁殖を始めたものなのです。
特にツワブキのハウスが気に入ったのか、今年は豊作で結構あちらこちらの鉢に飛び込んでいました。
用土は特に選びませんが、発芽を見ていると以外に赤玉土系の鉢がお好きな様子です。
と・・・言うわけで、この「キヌラン」も「追加リスト」で販売しましようね。
神出鬼没の奇妙なラン・・・楽しんでみませんか!?

今日から雪割草用高級欅鉢の販売を始めました。いずれも一品ものです。興味のある方は鉢の写真をクリックしてください。

2007年11月25日 (日)

「追加リスト」・始動!!


福寿草「緑峰」」 今回の追加リストの目玉の一つ、フクジュソウの「緑峰」です。大輪の緑色の八重咲きですが、オシベ・メシベは正常です。初お目見えの珍しい花ですよ。ただし、チョット高価です!!(写真の写真だから見難くてすみませぬ・・・)
昨日辺りからそろそろと思い、いよいよ「追加リスト」の作成に入りました。
結構毎日のように商品が入荷しているので、なんだかんだで品物も揃ってきました。
でも、意外に売れてしまう商品も多く・・・追加リスト用に揃えた商品でも、追加リストを出す前に品切れになってしまったものもあります。
ゴメンナサイ・・・。
「追加リスト」は、「2007~2008リスト」でご購入いただいた方だけへの特別リストですので、一般的なものではありません。
少なくとも「2007~2008リスト」でお買い上げいただいた方々は、かなりのレベルのマニアックな方々ですので・・・そんな方達にご満足いただける様な品物を探すのも結構大変な作業です。
こちらの方としても「どーだぁー!!」・・と、言える様なものを出して見たいところもあり、なかなか大変ですね。
完成は今月末から来月頭を予定しております。
が・・・・・・・・・・
相変わらずのドタバタで、予定通り行きますかどうか。
もうしばらくお待ちくださいね!!

シラゲイワデンタ゛・特上品」 北アルプス産のシラゲイワデンダの、全面が白毛で覆われた特上芸のタイプです。特に芽出しの頃の白さは絶品ですよ!!これも目玉の一つかしら・・・。

2007年11月24日 (土)

今日は初氷です

庭のニシキギ」 庭のニシキギの実もたわわに稔って、いよいよ冬の到来を感じさせてくれます。今年は特に実付きが良いみたいです。
今朝はこの秋一番の寒さです。
家では気付かなかったのですが・・・案の定、「園」に行ったら水草の水槽に薄氷がはっています。
まだ1㎜にも満たない触れば折れそうな薄さですが・・・それでも、この秋初めての凍結です。
なぜか・・・こんな時期になると地掘り苗や根をミズゴケで包んだだけの裸の苗が多く入荷します。
まあ・・・いいんですけど、植え込んだ後の置き場探しがなかなか大変です。
明日は待望の「フクジュソウ」の入荷等もあります。
また、以前から頼んでおいた「雪割草」用の欅鉢等も入荷するので、今からとても楽しみです。
鉢は、作者のMさんも「今回のは凄くいいですよ!!」と語られるほどの自信作との事です・・・今からワクワクですね!!
少しづつの凍結も、毎日続くとかなりの厚さになります。
あっ!!いけない・・・「メダカ」・・・しまわなくっちゃ!!
ナカガワノギク・多弁花」 NHKでお馴染みのHさんが那賀川で選別した多弁花です。ビッシリと密についた花弁が幾分スプレー状にカールします。多少シマカンの顔も見られるので、もしかしたらワジキのタイプか、あるいは「里菊」(いえぎく)でもかかったのかしら・・・と思えなくも無いですね!!でも、観賞価値はとても高い秀品ですよ。

2007年11月23日 (金)

実生の準備

寒さが一段と厳しくなってきました。
ここ何日かの間に、ハウスもマイナスを記録する日が何日かあります。
いよいよ本格的な冬の到来ですね!!
「今年の寒さは平年並み」との事ですが、ラニーニャの影響もありちょっと厳しい冬になりそうな予感もします。
種子の中には「暑さを感じて・寒さを感じて・発芽する」ものが結構色々とあります。
これまで棚下で苔を出さない様に管理していたこの様なタイプの蒔き床は、既に屋外の棚に移して「ガチガチ」に凍らせる準備が出来ています。
とことん凍ってくれた方が発芽が良いんですけど・・・。
ここに来て裂実し始めた植物が色々とあります。
なるべく採り蒔きが良いのですが、余り早く蒔きすぎると発芽してその後に凍結し、株が全て浮き上がってしまうことがしばしばあります。
そんなものは急いで加温室に移して、そのまま成長させるように心がけます。

海外からの種子リストもそろそろ到着の時期です。
既に送られてきたものもありますが、今年はコーカサスやカムチャッカ、そしてやはり中国奥地は外せないようです。
面白いものが色々とありそうですよ!!

今日から3連休です。
今日も朝から業者さんがクリローを十数ケース取りにお出でになったり、途中で来園のお客様も多く・・・結構ドタバタでした。
お馴染みさんたちが昼頃から集まってあっちウロウロ、こっちウロウロ・・・。
先日のラン類のビン出しの植え込みや、途中入荷の色々なユリやテンナンショウ、クマガイソウ等の植え込み指示でドタバタドタバタ!!
ここのところ、特に植物の入荷が多くなっています。
まだまだ植え込みの日々は続きそうですね・・。
それにしても・・アッ・・・と言う間に一日が過ぎていきました。
今日は先日ブログに載せた「桜」の類や、ネリネ、クリロー、ツツジの仲間なんかに人気がありました。
あさっては懐かしい人たちも数組お見えになるみたいだし・・・この3連休は忙しながらも・・楽しそうです。
でも・・・早く種子リストのチェックをしないと・・・品切れになっちゃうよぉ~!!

イシガキスミレ」 南西諸島を代表するスミレの一つで、このタイプの仲間ではとても可愛らしくて好きなスミレです。冬を感じる頃に咲く南国のスミレには味わいのあるものが沢山あります。

シマジリスミレ」 沖縄の珍しいスミレの仲間です。やはり今ぐらいに開花しやすいもので、すっきりとした花立ち姿が素敵です。閉鎖花の立ち上がらない変な奴です。

2007年11月21日 (水)

休眠はじめ・・。


桜・お多福」 昨日画像を載せられなかった「お多福」です。十月桜が春に狂い咲いた時に里桜と交配されたのでは・・と言われています。でも・・・春なのに「狂い咲き」って・・・。
ここに来ての寒気の影響か、色々な植物達が休眠を始めてきました。
ウチョウランの仲間、テンナンショウの仲間等、完全に休眠するのを待ってから植え替えるものも沢山あります。
この地はとにかく空っ風が強いので、冬に地上部の残るものは乾燥に注意しないと直ぐに芽が傷んでしまいます。
あっという間にハウスの棚上から棚下までが、冬越しの植物で埋まってしまいます。
どうしても優先順位はありますけど・・・。
これから休眠芽の地掘り苗等の入荷も多くなってきます。
この様な植物達は、植え込んでも凍結によって直ぐに根が浮き上がってしまいますので、普通のハウスには入れられません。
そうなると今度は、加温ハウスの棚下が植え込み苗で一杯になってしまいます。
どの植物をどこに動かすか・・・ローテーションを考えるだけでも頭の痛い季節が始まりました。

ゲンチアナ・アングスティフォリア・アイスブルー・セルフ」 チャボリンドウの一タイプです。白と青紫色を交配した「アイスブルー」の種子をセルフ分離したものの1タイプです。巨大輪の白い花弁に空色のグラデーションはまるで虹のようで、とても神秘的で美しい花です。こんな絶品花を沢山セレクトしたいですね。

ゲンチアナ・アングスティフォリア・アイスブルー・セルフ」 こちらも「アイスブルー」の種子をセルフ分離したものの1タイプです。真っ白に近い大輪の花は緑のストライプを絡めて面白い味わいです。この実生は沢山蒔いてあります、全部の花を見てみたいものですね。

2007年11月19日 (月)

色々集まってきました!!

十月桜」 寒さが厳しくなるこの頃に開花を始める桜ですが実際は11月から咲くことが多いものです。交配種の「お多福」は更に紅色が鮮やかで、コレもまた美しいものです。
今日は久々に南の方にお出かけです。
早く行かなくては・・・とは思っていたのですが、毎日ドタバタしていて結局3週間遅れの訪問です。
寒気団のおかげで空の澄んだ良い日だったのですが、近づくほどに残念ながら「富士山」は見えませんでした。
例によって数件の仲間を訪ねたのですが、今回もなかなかの収穫で、いよいよ「追加リスト」用の植物も色々と揃ってきました。
今月末頃から「追加リスト」作りに入る予定です。
ただ、お蔭様で未だに注文書が途切れませんので、果たして予定通りにうまく進行しますでしょうか。
リストを作っている最中にも、各地から色々な植物が届きますしね!!
写真の花は知人のKさんのところで咲いていた「十月桜」です。
最近人気のある桜の一つで、苗は先日、新潟に行った折に蕾付きを入手していますので「追加リスト」には掲載出来そうです。
また、今日はこの「十月桜」の交配種の「お多福」も入手してきました。
こちらの方は更に紅が濃く、花も大輪で美しいものです。
明日は苗の整理で一日かかりそうですが、それも楽しい仕事です。
まだまだもう少し面白いもの・・・探したいですね!!

2007年11月18日 (日)

野菊満開


アワコガネギク」 別名キクタニギクとも呼ばれる野菊の代表選手です。小さな黄色の花を一面に咲かせてとても可愛らしい野菊です。
ふと・・気がつけば「野菊」が満開です。
今日は朝から、絶対に「野菊」の撮影をすると決めていました。
実はおとといから開花が気になって・・・・
昨日の朝に「今日は絶対に野菊の撮影」・・と、意気込んでいたのですが・・・。
カメラをセットするや否や・・電池切れ・・・・・・。
急いで予備の電池を入れ替えたのですが・・・こちらの方も充電し忘れというトホホ・・・な有様でした。
そんな訳で、今日は朝から真剣に撮影開始です。
園にある野菊の主だったものはNHKでお馴染みの千葉のHさんと、野菊を訪ねて三千里の埼玉のYさんのコレクションが殆どです。
今年は、Hさんは「山野草とミニ盆栽」、Yさんは「趣味の山野草」の各誌上でそれぞれが特集を組んでおられましたので、ご覧いただいた方も多いと存じます。
両特集に掲載された野菊のサンプルの殆どが実は当園にあり、現在試行錯誤で栽培増殖中です。
特に野菊(今回の場合はクリサンテマム=旧デンドランデマに限定)の仲間は勝手に交雑しやすく、あくまでもランナー増殖や挿し芽によってのみ系統維持が可能です。
また、紛らわしい品種や自然交雑種も多く、産地や系統、出生等のハッキリしたもの以外は同定の難しいものでもあります。
野菊の個体維持は意外に大変なんですよ・・!!
さてさて・・・今日はざっと100枚ほどの写真が撮れました。
もう少しは咲いてきそうです。
なにせ「リストは写真が命」・・・ですから!!

ノジギク」 菅間町産のノジギクです。コレも代表的な野菊の一つですが、暖味ある白い花がとても素敵です。

キバナノジギク」 上関町産の珍しいノジギクの黄花タイプです。全体に毛が少ないので多少交雑しているのかもしれません。

シロバナハマカンギク」 南薩摩市秋目産のシマカンギクとサツマノギクの自然交雑種です。楚々とした風情が味わい深いものですが、白~クリーム花まで色々なタイプが見られます。

セトノギク」 上関町産のノジギクの変種です。花も大輪で白菊の美しさを満面に味わえます。

イヨアブラギク」 江良山産のシマカンギクの変種です。全体に深く切れ込んだ葉と、茎上部に毛が多く特徴的なものです。細い枝を分けて一面に咲く様はとても見事ですよ。
先日のブログ、多くの方から僕の体調についてお気遣いや励ましのお言葉を頂戴いたしました。
本当にありがとうございます。
この場を借りて御礼申し上げます。

2007年11月16日 (金)

英語漬け



エピメディウム・レプトリズム「マリコ」」 イカリソウの第一人者O先生の秘蔵の一品です。ニオイエビネの様な青味の強い色彩と大輪の花のバランスが抜群の素晴らしい銘花です。
今日はベルギーからのお客様がお見えになりました。
N・H・Kの関係の方々からのご紹介だそうです。
最近の海外からのお客様は日本の日陰の植物に関心が高い様子で、カンアオイや雪割草、イカリソウ、テンナンシヨウ等には特に関心が深いようです。
今日のお客様も「カンアオイ」や「テンナンショウ」「イカリソウ」の仲間に嗜好が深く、それらを目的でわざわざ足を運んでくださいました。
こんな花もろくに無い休眠期にお出でくださっても・・・果たして面白いものなのかどうか!?チョット不安。
それでも、作場を色々とご案内させていただいたのですが、まず、カンアオイのところでしばし観戦・・・同じところを言ったり来たりで、見ていて微笑ましくなります。
英語は殆どダメの僕ですが、何より驚いたのは、このブログ「彩の華日記」や「やまくさホームページ」のコピー等も持参いただいて・・・オマケに僕のところに無い珍しいイカリソウの仲間を3種類もお土産にいただいてしまいました。
通訳の友人の方のお話では、「僕のところに来るのが何よりの楽しみだった」・・・との事、本当に嬉しく思いました。
結局、カンアオイやテンナンショウ、イカリソウ等、3つのダンボール箱にたくさんの品種を詰めて、、とても満足そうに笑顔で帰られました。
帰り際に、お手持ちの「イカリソウリスト」を渡されました。
「無いものがあれば今度増えたら分けられます」との事、楽しそうな品種がいーっぱいです。ウレシー!!
言葉もろくに通じなかったのですが・・・好きモノどうしだとなんとか通じ合うものですね。

さて・・・何より困ったのは、日本の植物ほど学名を知らないものだ・・・と、つくづく思いました。
とくに「カンアオイ」の地域もの等はなかなか資料もありませんね。
イカリソウの交配種なんか、みーんな「ヨンギアヌム」だし・・・。

そうこうしているうちに夕方になり、またまた突然の電話です。
「おはようございます!!Yです!」
あれっ、Y君はいま・・イギリスじゃなかったっけ!!
「そうです!イギリスから電話です」・・・あっ、だから「おはよう」なのね!!
「いま、Aナーセリーに居るんですけど、園主のJ・Mが荷物のお礼を言いたいそうです!!代わりますね!!」
「えっ・・・・・な・・・なにっ・・」
とつぜんJ・Mさんに代わったとたん、矢継ぎ早に英語で挨拶されました。
色々と語ってくださったのですが・・「早口と電波の加減でうまく聞き取れない・・・・」しどろもどろです。
感覚でとりあえずは返答しましたが・・・それにしても今日は良く生の英語を耳にする日です。
「今度日本に行く時は是非会いたい」との事、僕も同感です。是非遊びにいらしてください。
Y君は今日、HさんやMさんたちと合流する予定だそうです。
そういえばHさんも、イギリスに行く1時間前に空港から電話をくれて「何か欲しいものがあったら探すよ!!」とわざわざ連絡をくださいました。
僕は本当に多くの方から力をいただいています。
何かお返し出来るものがあれば・・・何時もそう思うのですが・・・。
人の輪がドンドン広がっていきます。
大切にしたいですね!!

2007年11月15日 (木)

体調不良・・かも・・


斉洲島ヤマラッキョウ」 韓国チェジュ島産のヤマラッキョウです。やや小型で花も大きくとても見ごたえのある逸品ですよ。「追加リスト」で販売予定だよ~ん。
今から二週間前に「トンカツ」食べて・・・口の中がボロボロになりました。
なぜか・・・なんでか解りませんが・・「トンカツ」を食べると必ずと言って良いほど口の中に火脹れが出来ます。(ナンデダロ・・・)
今回は特に酷い!!
火脹れがはじけて口の中がベロンベロン!!
血ィ出てるし・・・。
しかも・・・ここのところハードスケジュールなのか、途中で咳が止まらなくなったり、だるくなったり・・・。
もしかして・・・体調不良かも・・・。
何気にブログもご無沙汰だし・・・。
テレビ見てても「今年はインフルエンザの流行が早そう!」のニュースばかり・・・。
でも仕事の方は相変わらず・・・やる事がいっぱいで、体の好不調なんか良くわかりません。
相変わらず雪割草の植え替えは溜まっているしね。

今日は「越後丘陵公園」の方が見えて植栽用の雪割草をお持ちいただきました。
全部でたぶん3000本くらいかしら・・・。
古い交配や白や薄ピンクのものばかりですが、毎年提供させていただいています。
こうして毎年提供する事によって、作棚を空けて次に備えるのですが・・・公園のほうも毎年賑やかになるので、お互い様ですね。

相変わらず、発送と商品手配の毎日です。
お蔭様で、まだ毎日のように「山野草」の注文書が送られてきます。また、「雪割草リスト」の方も、毎日ご連絡をいただいております。
本当にありがとうございます。

ダウンなんてしていられません!!
毎日、うがいして、咽喉を焼いて、シップ貼って、コルセットして、鼻炎薬噴霧して、目薬塗って・・・コレが最近の毎朝の仕事ですね。
そして、食後に風邪薬飲んで・・・。
寝る前にも風邪薬と胃薬飲んで・・・。
そんなこんなで結構「復活」してきました。
(先週、新潟に居た頃が最悪・・・でしたね!!)
明日は某社の本の構成チェック締め切りです。
まだまだ元気に・・・がーんば!!
でも・・・ダルイから寝よっと!!

2007年11月 7日 (水)

お蔭様で・・・


ナルキサス・ヴィリディフロラ」 モロッコのヒジョ~に珍妙なスイセンです。でも、何気にカッコイイんですよ! !
今年はお蔭様で、リストを出してから一ヶ月になりますが、未だに多くの方からご注文をいただいております。
また、すでに2度目以降のリピーターの方も多くいらっしゃいます。
本当にありがとうございます。
ただ、なにぶんにも少人数でやっておりますので、見積りや発送がなかなか思うように行かずに申し訳ございません。
既に数人の方から「まだ~」と言う問い合わせをいただいておりますが、順次、品出しや発送を行っておりますので、勝手ながら近日ご注文の方はもうしばらくお待ちください。
お急ぎの方はお問い合わせいただければ、準備出来次第、先に発送させていただきます。
とくに、寒冷地の方や加温を要するものをご希望の方は、冬が近いでしょうから速めに発送させていただく心積もりでおります。電話連絡にてお知らせさせていただきます。

「雪割草リスト」のほうも早々にご注文いただきました。
ありがとうございました。
ここに来て、またまた色々な植物が入荷しております。
売店の接客、通販の品出し・発送、入荷植物の荷受、リストの配送、植え替え・植え付け、植物の管理などなど・・・毎日がドタバタで1日があっという間です・・・が、とても充実した毎日です。

明日からは新しい花探しも含めて、2日程出かけて参ります。
何か面白いものが出てくると嬉しいのですが・・・。
その間はブログもお休みです!!
次は・・・結果報告・・かしら。

マルバリュウキュウシャジン純白花」 南西諸島以南に生えるリュウキュウシャジンの変種で、団扇の様な丸い葉が特徴的なもの。写真の花は青軸純白花の珍品ですが、この葉姿とよく似合っていてとても優しく雰囲気の良いものです。なんとか増殖したい逸品ですね!!

2007年11月 5日 (月)

そろそろ防寒です


オリヅルスミレ」 湖底に沈んだ、沖縄の儚くも小さなスミレです。寒くなってきましたのでこれらも加温ハウスに移動です。
だんだん寒くなってきました。
この埼玉でも、ハウスの最低温度が5℃になる日が2日程ありました。
こうなるとそろそろ寒がる植物を移動しないと、気がついたら「霜枯れ」・・・なーんて事がしばしばです。
既に加温室に有るものは良いのですが、写真のオリヅルスミレを始めとして、シマジリ、イシガキ等のスミレの仲間や、沖縄のキバナノヒメユリ、ランの仲間、シダの仲間等、次々と移動です。
高山植物や野草の仲間も、乾いた風や芽の露出しているものは無加温のハウスに取り込みます。
逆に、冬に凍らせるタネ蒔き床等はガチガチに凍らせる為に表に出します。
そろそろ暖房のチェックも行います。
先日、全ての暖房機に灯油を入れて(全部の暖房で1500ℓ程になります)冬に備えました。
ところが・・一つの暖房ハウスがどうも灯油臭い!!
タンクを見てみると100ℓのタンクがほぼカラッポに近い状態です。
春に灯油漏れがあったので修理してもらった暖房機なのですが、どうも直っていなかったようです。
数人が気付いていた様ですが・・・・各暖房機のタンクには開閉バルブが付いているので、ちょっと閉めておいてくれれば良かったのですが・・・。
そのまま80ℓくらいが水に流れました・・・モッタイナイ・・。
今年はまたまた灯油が値上がり。
いったいこの冬はいくらかかるんでしようか・・・。
いささか・・・・不安・・ですね。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ