« チョウチョウでもオダマキでも無いのだ!! | トップページ | 雪の節分 »

2008年2月 2日 (土)

2月になってはみたけれど・・・


秀吉」 佐渡産の珍しい三段型唐子咲きで、特に咲き始めの茶赤色の小花弁には圧倒されます。小花弁の元にオシベがあります。今年はF1が咲いてくるので、良い遺伝子が拾えれば嬉しいのですけど・・・。
気がつけば2月です。
このブログも忘れていた間に3年目に入りました。
お蔭様で、なんだかここに来てアクセスが増えているようです。
2月と言っても、園の雪割草は開花までは後一歩です。
今年は早いかな・・・と思っていたのですが、ここに来ていきなりスローダウンで・・・色々咲き始めるのは早くても後10日くらいはかかりそうです。
来週からは「早咲き展」なのですが、果たしてどの位咲いてくれるのでしょうか!?
展示品は何とかなるとしても・・・肝心の即売品が・・・何とか咲かせたいとは思っているのですが・・・。

ここに来て・・・昨日辺りから体調不良です。
いつもの「アデノイド」(扁桃腺)が腫れてきたみたいで・・・かなり咽喉に痛みを感じています。
正しくは鼻と咽喉の間・・・ですけど!!
なかなか休めないんですよね・・・。
うがいして・・ルゴールで咽喉焼いて・・・風邪薬飲んで・・・いつものパターンです。
それでも雪割草たちはポツポツと蕾を持ち上げてきました。
今年の初花、早く見たいなぁ・・・。

大麒麟」 H12年実生の「佐渡の幻F1」の子です。年々巨大な花になってきて今年はすんごいボリュームです、開けば楽に500円玉を越えるでしょう!! 僕の実生の中では一番早咲きの品種ですね。

« チョウチョウでもオダマキでも無いのだ!! | トップページ | 雪の節分 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チョウチョウでもオダマキでも無いのだ!! | トップページ | 雪の節分 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ