« お買い物 | トップページ | 次の世代へは・・・ »

2008年4月 8日 (火)

爆弾低気圧大暴れの日


イカリソウ交配種初花」 ダビディー×更紗源平(E.davidii×`Sarasa-Genpei`)です。ダビディーの花のイメージそのものに、花弁の更紗模様がなかなか目立ってお洒落です。一見、キメラの様にも見えますよ!!
今日は一日、すんごいどしゃ降りでした!!
東の海上で発達した低気圧が見る見る大きくなって、爆弾の様に大暴れ!!
兎に角、園が水没するんじゃなかろうか・・・と思うほどにものすごい雨でした。
こんな日はなかなかする事・・もとい・・・出来る事が限られてしまいます。
取敢えず急いでやらなくちゃならない事・・・
それは雪割草の古葉と花柄摘みです。
1鉢1鉢丁寧に、株の元から古葉を切って、交配して結実したものは枯れた花柄をピンセットで外して、交配していない花茎は元から切り取ります。
大切に交配した種子の結実状態を確認しながら・・
「よしよし・・・うまく結実したぞ!!」
「あ゛ーーーこれは種が出来ていない!!」
等と、一喜一憂するのも楽しいひと時です。
今年は結実がなかなか良いようです。
最も、交配する時は温度を25℃まで上げたり、交配した後は少しでも温度を下げない工夫等もしましたけど・・・。
今日はウサギさんチームが、この時期に葉を作るために「観葉植物用」の液肥をかけてくれたので、結実種子の袋かけは乾くのを待って明日にしました。
明日は休園日ですが、天気が回復しそうなのでイカリソウの早咲きのものの交配でもしようかと考えています。
この時期もやることがイッパイなので、少しでも時間があると園に出向いて作業をしています。
まだまだ・・・のんびり出来るのはいつの日でしょうか!!

イカリソウ交配種初花」 4月5日に紹介した「黒影」(SPミキノリ?)にイカリソウ「夕映」を交配した(Kurokage( E.mikinorii??)×`Yuubae`)の兄弟です。お気に入りの花で、こちらの方が赤味が強く花も良く開きます。次は花弁を白くしてコントラストをつける交配を考えています。

イカリソウ交配種初花」 これは「黒影」(SP.ミキノリ?)に「シオミイカリ×バイカイカリ」を交配した(Kurokage(E.Mikinorii??)×(E.trifoliatobinatum subsp. maritimum ×E.diphyllum))の多元交配です。優しい白と桃色のートンがとても可愛らしい花です。

イカリソウ交配種初花」 これも「黒影」(SP.ミキノリ?)に「シオミイカリ×バイカイカリ」を交配した(Kurokage(E.Mikinorii??)×(E.trifoliatobinatum subsp. maritimum ×E.diphyllum))の多元交配で、上の兄弟です。良く見ると葉脈に白い粉吹き状の筋が見られシオミの特徴が現れます。

「イカリソウ交配種初花」 これはフランケティーに「シオミ×バイカ」を交配したもので(E.franchetii BB×(E.trifoliatobinatum subsp. maritimum ×E.diphyllum))の多元交配です。形良くまとまったシオミ型のクリーム中輪花で、やはり葉脈に白筋がくっきりと見られます。


シオミイカリソウ×バイカイカリソウ」 こちらは親に使っている「シオミ×バイカ」(E.trifoliatobinatum subsp. maritimum ×E.diphyllum)で、東京のTさんの交配作出品です。丸みのあるぽってりした中輪花の雰囲気が好きで、良く交配に使っています。

イカリソウ交配種初花」 アクミナツムに「白糸」を交配した(E.acuminatum×`Siraito`)です。白い花弁に花冠部を青紫色に染めた面白い味わいの大輪花です。アクミナツムは幾つかのタイプがありますが、ここで使用したものは最も古いタイプの特に花の大きく型の良い秀花です。
休園日の仕事は雑用が入らないので集中できます。
そのかわり・・・結構忙しいんですけど・・・。

« お買い物 | トップページ | 次の世代へは・・・ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

この前は、ありがとうございました。
&こんな天気raintyphoonの日にもかかわらずイカリソウを載せて頂きウレシイhappy01です。

本当にすごい大荒れでしたネ。近くの山の方は、道が通行止めになったみたいでした。やっと咲いてきたイカリソウ君達も雨に打たれて可哀想weepでした。

晴れsunたら私も頑張って交配に取り組みたいと思います。とりあえず咲いてきたものから順々に・・・一歩一歩イカリソウのshine未来shineを目指してsign02

happy01今日の交配は素晴しいですね。モモンガかヒヨケザルが飛んでいるのを見上げたみたい。eyeいや見上げたもんです。(ゴルゴ13に出てた フライングスーツ 本当にあるんですねfuji)ちなみに絵文字は何となく諦めて、かわいいじゃん なんて言ってくれますうsmile

内直様、こんばんは。
僕も今日からイカリソウの交配開始です。
果たして交配種たちを次に進める事が出来るか??
興味津々です!!
色々交配してみましたが・・・
雪国系だけは、あの草姿を見ると・・・
今いち使い方が解りません。
ただのワガママかしら・・・。

木彫店様、こんばんは。
ヒヨケザル・・・なんかいい表現ですね!!
たしかにヒヨケザルみたいの・・イッパイ咲いています。
「山野草は山のもの」だけじゃ無くなりつつありますね。
「新・山野草時代」も結構面白いですよ。
イイ事・・・なのかしら!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お買い物 | トップページ | 次の世代へは・・・ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ