« 今日は色々です | トップページ | 最後のF1作り »

2008年4月 5日 (土)

方向性・・


イカリソウ交配種初花」 「黒影」(SPミキノリ?)にイカリソウ「夕映」を交配した(Kurokage( E.mikinorii??)×`Yuubae`)です。両種の良いとこ取りで、ふくよかな花弁に濃紅色の距は実に見事な迫力です。インパクトの強烈さはピカイチですね!!
今日は関西のイカリソウの第一人者Mさんと、トップレベルの若手育種家Yさんが、中国帰りのまま遊びに来てくれました。
目的はもちろん、イカリソウ見学です。
お二方ともジックリと堪能いただけたみたいで、あっと言う間に時間が過ぎてしまいました。
その時に話した僕の交配の方向性・・・
簡単に言うと・・・
・あくまで山野草園芸としての育種である事。
・花型、色合い、草姿にこだわる事。
・イカリソウの雰囲気を損なわずに、より斬新な花を目指す事。
・侘び寂があり、飽きのこない風流さを持ち合わせている事。
・誰が見ても綺麗である事。
・丈夫である事。
・・・・・こんなところでしょうか!??
目的や理想は多い方が良いですから・・・。
さてさて・・・実際は!??

イカリソウ交配種初花」 スズフリの「姫小町」にラティセパルムを交配した(E.youngianum×E.latisepalum)で、4月1日に紹介した花の兄弟です。ラティセパルムに似た花型で、花冠に藤紫色を底紫状に染めたとても味わい深い花です。

イカリソウ交配種初花」 これはラティセパルムに「都」を交配した(E.latisepalum×`Miyako`)で、3月28日、4月1日のブログに掲載したものの兄弟です。草姿の良い紅と黄色色のツートンカラーの大輪花で、とても美しく落ち着いた花です。

イカリソウ交配種」 これはオギスイにaff.ファンギィーを交配した(E.ogisui×E.aff.fangii)です。淡い桃藤色の花弁と濁りの無い黄色の花冠や距との対比が美しく、すっきりとした正開する花型も素晴らしいものです。

イカリソウ交配種初花」 リシチェニィーにダビディーを交配した(E.lishichenii×E.davidii)です。ちょっとオーメイエンセに似たタイプの花ですが、橙黄色のなかなか雰囲気の良い味わい深い花です。

イカリソウ交配種初花」 ラティセパルムに更紗源平を交配した(E.latisepalum×`Sarasa-Genpei)です。花弁の更紗模様はありませんが、きりっとした花型で、白地に中心を赤桃色に染めた底紅色の花はなんとも味のある銘花です。
だんだん「イカリソウ菌」に犯されている人が増えています。
園の方にも毎日の様にイカリソウ目当てにご来園のお客様や問い合わせが・・・。
いよいよ「イカリソウ新時代」も近いかしら・・・!??

« 今日は色々です | トップページ | 最後のF1作り »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は色々です | トップページ | 最後のF1作り »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ