« 早々にありがとうございます。 | トップページ | 心地よい忙しさです »

2008年6月30日 (月)

パニ・パニ・パニックでもパニ・パニ・パーティー


園の自生カキラン」 自然実生のカキランがついに開花しました。3株中2本に花がビッシリ!!発見から3年目の快挙ですね。
今日は朝からFAX&TELが鳴りっぱなしです。
皆様のお手元に「夏リスト」が届いた様子で、今日一日だけでも沢山のご注文をいただきました。
ありがとうございました。
でも・・・一度に多くの注文をいただいたので・・・ちょっとパニック!!
果たしてこれだけの数がさばききれるか・・・。
今日中にある程度を発送してしまわないと・・・これからどんどん注文が溜まってしまいます。
さて・・・どこから手を付けようか・・・!??
ところがです・・。
僕のこんな心配を他所に・・・従業員のみんなが力を合わせて・・
午前中はわかる人がどんどん手分けして品出しをして・・・・・
午後からは皆で一気に梱包、そして発送・・・
実に素晴らしい手際で、どんどん荷物が片付いていきます。
スゴイ!! スゴイよぉ!!
夕方までには殆どの注文が発送出来ました。
従業員の皆さん、有難うございました。
明日からも大変だと思いますが頑張りましょう!!

お陰で僕も、夕方からはウチョウランの交配が始められました。
ウチョウランの交配は余り表立って公表はしていませんが・・・単純に遊びの範疇です。
でも・・・実は数年前から、結構交配しています。
と言っても、自分のところで販売する分程度の、少数精鋭ですが・・・。
平成17年が70交配、18年が20とちょっと、19年が約200交配しています。
種蒔きを快く引き受けで下さる方のお陰で、こんな事も出来るのです。
本当に有難く、唯々・・・「感謝」です。
お陰さまで結構いい花・・・咲いてきてますよ!!
今年も200近くの交配を考えていますが・・・暇・・・あるかなぁ~!??

今年交配に力を入れたい花たち、よろしかったら少しご覧ください。

朱花仁王連舌花」 巨大輪の朱花ですが鮮明な赤覆輪が抜群に美しい秀品です。

朱赤花仁王」 朱花系の大輪仁王花ですが色彩が朱というよりも赤に近いグラデーションです。

肌色黄覆輪花」 今年追いかけているタイプの花で、桃花に黄色を絡めた肌色系の不思議な色模様の花です。
真紅色仁王連舌花」 「ガーネット色」と呼んでいる初めての色です。朱花とも赤花とも紅赤系とも違う、とても深みのある赤色です。写真で雰囲気・・・わかるかなぁ~。

黒赤系仁王連舌花」 これも今年注目の色です。黒々とした濃紅色がものすごい迫力の巨大輪です。白いフリルとのコントラストも見事です。

白地赤一点仁王花」 最近では「ワイン色」とも呼ばれています。白と赤の対比が良く、更に黒々とした覆輪が迫力を醸し出します。このタイプは兜に緑が絡みやすいのも特徴です。

赤一点仁王連舌花」 赤花系の一点花で、深みのある赤色に黒い覆輪がド迫力です。大輪で花型もナカナカのものです。

赤一点仁王」 これも赤花系の一点花で、黒い覆輪のフリルは味がありナカナカの役者です。赤花系は蕾の色から容易に区別が可能です。

赤一点仁王」 赤・濃赤・黒・白覆輪と、4色の対比がものすごい迫力です。花も大きく見ごたえ充分ですね!!

赤斑紋仁王」 紅斑紋の赤花バージョンです。側裂片の赤黒い斑紋が1ランクアップの新しい花を生んでくれそうな予感です。

黄花子宝咲き」 黄花もついに子宝咲きの時代です。もう何でもアリですね!!
今日は取敢えず17交配・・・少数限定で頑張ります。
でも・・・明日は交配している時間があるかしら・・・。
サボってると・・・怒られそうだし・・・・。

« 早々にありがとうございます。 | トップページ | 心地よい忙しさです »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

happy01着きましたよー。
パラクィレギア  これはパラとアクィレギア でしょうか??うちの家内はモカ・マタリをモとカマタリに分けたので「カマタリある?」って聞かれたときは藤原鎌足かと思いました。
あっ、いやそのパラクィレギアですが、実は昨秋頂いたのがまだ生きていますscissorsこれって、自慢してもいいんですよねsmile
で、今回のもつい植え替えてしまいました。地上部に比べて、思いの外株元が太っていてびっくりです。flair
ナガレイシーsign03

木彫店様、こんばんは。
この度はまたまた多くのご注文、ありがとうございます。
また、アワチドリの写真も有難うございました。
移りの良い鉢で、作りこんだ姿が楽しみですね。happy01
パラクィレギア・・・雨さえ避けていれば意外に丈夫ですよ!!
一番怖いのは夏過ぎて秋の始め頃ですね。
この頃に突然・・・数日で葉が萎れ始めます。coldsweats02
あと・・・アブラムシとハダニには注意してください。
今回の苗も頑張れば来春には開花すると思います。
秋のリン酸系の肥培がポイントですよ~ん!!flair

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早々にありがとうございます。 | トップページ | 心地よい忙しさです »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ