« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月29日 (火)

夏の終わりの様な空の一日


世界で最も美しいサギソウ??」 K蘭園さんから好意で分けていただいたハベナリア・メドゥーサが開花しました。巨大輪の繊細な花は風にそよぎ美しくはばたきます。ものすごくインパクトのある花ですね!!(実物はこの写真の1.5倍位の大きさです)
昨日の夜の雨のせいか・・・今朝は少し涼しげな雲の多い朝です。
こんな日は傷んだ苗の植え替え日和・・・なのですが・・・。
な・・・なんと・・・2.5寸のロングスリットのポットが・・・無い・・。
コレは困った・・・植え替えが出来ない・・。
と言う事で・・・今日は朝から午後2時ごろまで、古いロングスリットポットのリサイクルです。
皆、少しでも使ったポットは直ぐに捨てようとするけれど・・・じつはこのロングスリットポットは通常の2.5寸のポットから比べると5倍近い価格の差があります。
使ったばかりで捨てられたロングスリットポットを集めてきて・・・タワシでゴシゴシ水洗い・・・54入りのケースに入れて10数ケースがリサイクルできました。
これで3000円以上は浮きましたね!!
今後も石油製品がどんどん値上がりしそうです。
皆で改めて、資源・資材を大切に使う事を考えたいですね!!
コスト計算も大事だよ・・・しわい・しわい・・・。

3時前ごろには北の空に巨大なキノコの様な雲が・・・携帯の画像で見ると真っ赤です。
案の定、この方面から来られたお客様が「どしゃ降りで凄かった」との事、服を乾かしがてら、少し遊んでいかれました。
この雲・・・こっちに来そうな雰囲気でしたが・・・途中で消滅して風に流れていきました。
6時前になり、潅水も終わりの頃にはまたまた北の空が真っ暗です。雲の下のほうにははっきりと雨の筋が見えるし・・・コレはどしゃ降りですね!!
就業時間も過ぎてきたので、危なそうだから早めに皆を帰していると・・・ポッポッと可愛い雨の後に・・・いきなりどしゃ降りです。
どうも北から流れてきた雲が・・・園の真上で巨大化し始めました。
近くでゴロゴロと鳴り始めたので、ワイパーフル稼動で家に帰ります。
どしゃ降りは思いのほか長く続いて・・・雷雲はゆっくりと南に移動しながら、いつまでもあちらこちらでピカピカ・ゴロゴロ・・・ナカナカ賑やかです。
その後・・・1時間ほどで小雨になりましたが、南の空はいつまでもピカピカと光って・・・暗い夜中でも巨大な白い入道雲はくっきりと浮かび、雲の中のあちらこちらで閃光が見られます。
東京を襲った大雨は・・・もちろんこの雲です。
こんな天気は良く「夏の終わり」に起こります。
今年の「夏」は・・・どうなっているんですかねぇ!!??

世界で最も美しいサギソウ??」 花の形を見るとやっぱりサギソウそのものです。これから「飛翔」やダイサギソウ、タカサゴサギソウなんかが咲いてくるので、交配でもしてみましょうか??
各地で集中豪雨の被害が相次いでいます。
これも「温暖化」の影響・・・なのでしょうか!!??

2008年7月27日 (日)

今日も大荒れ・・


キキョウ・新花」 藤色の三重弁ですが、中段の花弁が丁字状に捩れて不思議な味を醸し出しています。幾つかの同形の兄弟があるので固定すれば面白いですね。
毎日暑いですね。
今日は朝から蒸し暑くどんよりした曇り日で、なんかいつもと雰囲気が違いそう・・・こんな日は天気が読めません。
ただ・・・日差しが強くは無いので、こんな日は傷んだ苗の植え替え日です。
2時ごろから遠くでゴロゴロと言う音・・・「また来たかな・・」と思い携帯で確認・・。
どうやらここよりも下のほうを通りそうなので・・・たぶん今回は大丈夫でしょう!!

今朝は僕の中学の頃からの師匠(勝手に思ってるだけですが・・)である鈴木吉五郎先生について調べている方が話を聞きたいと訪ねて見えました。
旧家の頃からの鈴木家の話をとても詳しく教えていただいたのですが(訪ねてくださったのに、僕の聴いた話のほうが多かったかも・・・)・・・色々とお話を聞いていてびっくり!!
埼玉県の春日部にあった「鈴木家」と「鈴木銀行」については、以前にも他の方から伺ったことがあるのですが・・・実は吉五郎先生の祖父にあたる方はここ菖蒲町にあった当時の大地主・H家の出身で、ここから鈴木家に養子に行かれたとの話を教えていただきました。
コレははじめて聞いてビックリの話です!!
たしかにこの町にはHさんという苗字が多く見られます。
まさか・・・自分が園を開いているこの地が、「勝手に師匠」の鈴木吉五郎先生のおじいさんにあたる方の出身地とは・・・余りの巡り合せにビックリです!!
思わず「ここに呼んでくださったのかな」・・・などと、これまた勝手に思い込んでしまいました。(思い込みすぎだよ・・・)
初めて聞いて・・・ほんとにビックリですね。

今日は湿度が高く暑かったので・・・日曜日と言う事もあって早上がりです。
5時前頃に園を閉めたのですが・・・この頃には西の空には巨大な雷雲群が・・・。
5時半過ぎに家について・・疲れていたので早寝をしようと思った矢先に・・・突然のどしゃ降りです。
これで涼しくなると横になったのですが・・・直ぐにピカピカ・・・ゴロゴロ・・・バリバリ・・・ドッカーーーン!!
眠っていてもまぶたの中に閃光が走るほどのすんごい雷雨です!!
先日の時よりも雷がすごい・・・こりゃあ楽しい・・と思った矢先にピカッ・ドーーーンで停電だし・・・・・。
巨大な雷雲の塊が抜けるのに1時間もかかったでしょうか・・・。
あと数日・・・こんな日が続きそうです。
絶対にこのあとが本当の「梅雨明け」だよお~・・・。

キキョウ・新花」 小紋絞りの美しいキキョウです。一重でもナカナカ綺麗です。ますます「朝顔」ですね。
色々と新鮮な一日でした。
人の繋がりや縁というのはとても面白いものだ・・・と改めて感じた日でした。

2008年7月25日 (金)

久しぶりの雷雨です・・


ポニョ・・」 掲示板でポニョに似た花が話題になっていますが、何と言っても本命はコレでしょう・・ミジンコ食べるし・・・。沢山増やして「ポニョゴケ」で売り出そう・・・チョット遅かったかなあ・・・。
今日は朝からすんばらしい暑さ・・・夜間も25℃を切らなかったみたいで・・・とにかく朝から暑いです。
こんな日は危ない・・・。
先日の東北地震のときもそうでしたが・・・震源地の深い地震は来る前になーんとなくわかるんですよね!!
ただ・・・揺れ始める10秒か20秒くらい前なんですけど・・・。
転寝していたんだけど・・・何となく磁場が狂うと言うか・・・大気が揺れると言うか・・・「あっ・・地震・・来る」と感じるんですよね。
この辺は震度3でしたけど・・・「遠いな・・・」と言うのはわかりましたね!!
でも・・それ以上に体で感じるのは大気の不安定な日・・。
今日も朝から・・・「今日は雷雨だね・・でかいよ!!」と感じていました。
長い事自然の中で仕事をしていると・・・なーんとなくですがわかるようになるものですね!!
案の定・・・2時を過ぎた頃から雲の動きがおかしい・・・・。
と思ったのも束の間・・・涼しい風が吹いてきて・・・パラパラと雨が降り始めました。
「チャンス!!」
こんな時はハウスの植物に打ち水程度の水をかけます。大体・・・明日の昼頃までに乾く程度の潅水です。
そうするとハウスの中がグッと冷えて・・・風も冷たくなるんですね!!

そうこうしている内に携帯の雲画像が真っ赤です。しかも・・・画像上の雲の動きが早い!!
「これは来るよ・・・」。
4時を過ぎて、一通りの潅水が終わりそうなので・・・手の開いた順から急いで帰宅です。
稲光が近づいたので・・僕も4時半には園を後にして・・・途中クロネコに寄って荷物を出してから家に帰ると・・・
ザァーーーという音と共に滝の様な雨です。
これから何日かはこんな日が続きそうです。
今年は梅雨入りも良く解らなかったのですが・・・梅雨明けも良く解りませんでした。
でも、僕の経験上・・・この雷雨が終わって初めて「梅雨明け」なんだと思うんですけど・・・・・ねっ。

キキョウ・新花」 フェアリー系の実生から生まれた網目の底紫花です。この味わいは最高ですね!!

キキョウ・新花」 スプレー吹きの粉の様な絞り模様がとってもお洒落なダブル咲きです。この旨味も素晴らしい!!
ポ~~ニョ ポ~ニョ ボニョ おかまのこ~・・・な・・なんか違うような・・・(義姉に怒られるぅ~)。

2008年7月22日 (火)

今年のお出かけ


カリアンテマム・コリアンドリフォリウム」 欧州原産のキタダケソウの仲間です。比較的小型のタイプで、小さなキタダケソウの様な姿はなかなか味わい深いものです。
毎日暑いですね!!
この辺りはここ数日は午後には雲が出始めて、夕方には結構涼しい風も吹いていますので・・・ここ数日はこんな時期でも植物の植え替えやポット上げをしています。
さて・・・今年も色々とあれやこれやと検討した結果・・・我が家の夏休みのお出かけ日が決まりました。
今年は8月4日~7日までの4日間、行き先は・・・まだナイショです。
この期間は園には僕と奥さんはいません!!
何処に行くかを書いてしまうと、色々とお気使いもいただいてしまうので・・・。
ヒントは海があって、山があって、美味しいものが色々あって、温泉があって、の~んびり出来るところです。(ナンノコッチャ・・・)
毎年の家族旅行・・・これだけは楽しみ!!
なぜかいつも・・・最初に考えていた場所からは大幅に変更して決まります。
性分ですね・・・・。

今、いっせいに夏眠性球根植物や球根ランの抜き取り作業を始めています。
出来るだけ早く取り出して・・・そのあとはクマさんチーム全員で一度に植え込みます。
夏のメイン作業ですね。
ウサギさんチームは既に毎日のように、来年初花の雪割草ポットの表土替えです。
これも夏のメイン作業・・・。
あとは・・・少しでも涼しい夏であってほしいと・・・祈るばかりですね!!

ヒダカソウの根伏せ」 今年の3月20日に根伏せをしたヒダカソウです。結構ぞっくりと発芽してますね。

ヒダカソウの根伏せ」 鉢から抜いた姿です。根の前からも後からも・・枝根からも発芽を始めているのがわかります。こんなに発芽がいいのですから・・・確かに簡単に増やせますね!!
未だ海水温は低いのかしら・・・。
魚採りは9月末以降が良さそうですね!!
(チョウチョウウオ・・い~っぱい来ないかなあ・・)

2008年7月19日 (土)

楽しい草むしり


キキョウ「銀河」」 数年前に絞りの実生から偶然生まれた地合い系の吹き掛けキメラ絞り花です。白地の絞り咲きよりも涼しげな雰囲気が好きで、この花のダブル咲きを夢見て現在も交配中です。
毎日暑いですね。
暑い日・・・にする事と言えば・・・ヤッパ草むしりでしょう!!
そんな訳でここのところ毎日、ハウスの中の草茫々のポットや鉢を片っ端から雑草抜きです。
蚊取り線香とピンセットとハサミを持って・・・腰にはアースマットと完全防備で・・・
端から雑草を見つけてはピンセットで根元をグリグリ・・・
カタバミやスミレなんかは、見えない根茎をピンセットで探りながら・・・何となく江戸川辺りでハゼの脈釣りでもしているかの様な感覚ですね!!
ここぞと思ったポイントでピンセットを挟んで引き上げます。
ズルズルッ・・・と言う感覚と共に根茎の先端まで取り出せた時は、まさしく脈釣り感覚でその振動が指先に伝わります・・・そのときの爽快感と言ったら・・・まるでサザエのつぼ焼きがとぐろの先端まで綺麗に取り出せたときの爽快感そのものです。(なんのこっちゃ・・・!??)
集中すると雑草の種類によってあんな抜き方やこんな抜き方・・・なんて、コツも掴めてきます。
こうなるとペースアップで早い早い・・。
雑草抜きは棚が綺麗になるし・・・ストレス発散にもなるし・・・結構楽しいですね!!
目標は1日1棚・・・と言っても54ポット入り15ケースはけっこう手強いですよ!!

キキョウ「夢銀河」系」 上の「銀河」を基に作ったのがこの花です。地合いダブル咲きの涼しげで美しい大輪花で、この系統を「夢銀河」と銘付けてみました。白地の絞り花とはかなり趣が違いますね。

キキョウ「夢銀河」系」 全体に淡い地合い絞りを散らしキメラを絡めたとても上品な美しさです。白地では味わえない風情がなんとも良いですね。

キキョウ「夢銀河」系」 これは更に一歩前進したトリプル弁です。15~16枚の花弁はナカナカのボリュームで、地合い絞りは朝顔の「浮雲」の様ですね。
キキョウは今年は初花が多いので、本格的な開花は8月以降になりそうです。
そういえばキキョウのダブル咲きはどうして花弁が増えるのでしょう。
オシベもメシベも正常にありますし・・・ガクも正常なのに花弁だけが増えています。
なんなんだろう・・・。

2008年7月17日 (木)

毎日暑いですね!!


チャボシラン三蝶咲き」 ここに来て遅咲きの中に黄花小白及の顔を持つタイプが次々と咲いてきました。次で黄色や樺色、橙色等の良いものが期待できそうです。
ここのところ暑い日が続いていますね。
当園のある菖蒲町でも、毎日にわか雨や雷雨の注意報がありながらも・・・殆ど雨が降らない状態です。
日中も毎日34℃前後が続いています。
こうなると毎日の楽しみは夕方の潅水ぐらいなものですね。
ここのところ結構、ハードワークが続いています。
約一名リタイアしているので、そちらの仕事も含めて・・・毎日やることがイッパイです。
何となく夏風邪っぽくて・・・微熱が下がらず、体力の無い日々が続いていました。
体重も落ち気味だし・・・・。
そんな訳で先日・・・ついに重い腰を上げて医者に行ってみました。
内科診療して血液も検査してもらったのですが・・・咽喉に多少の炎症があったのですが、それ以外は全てクリア!!
肝数値も見てもらったのですが・・・一切異常なし、メタボや糖尿病の心配も無く・・少し安心です。
でも・・・毎日こう暑いと・・・流石に何かやる気もうせますね!!

今日は咲きあがったウチョウランの花摘みです。
交配の方は150弱で終了としました。
沢山作ってもしょうがないし・・・・・。
そろそろキキョウの交配なんかも始めないとね!!

チャボシラン三蝶咲き」 これも黄花小白及の顔が強い花です。リップよりも幅広の蝶咲き弁が見事ですね!!

チャボシラン三蝶咲き」 これも淡いクリーム弁に優しい桃色の蝶咲き弁がとても可愛らしい花です。

チャボシラン三蝶咲き」 淡い桃色の花弁に鮮やかな口紅の蝶咲き弁はとてもインパクトがあります。誰が見ても綺麗な花ですね!!

チャボシラン三蝶咲き」 蝶咲き弁がとても賑やかで、淡い花弁がそれをスッキリと受けています。いろんな顔がありますね。
チャボシラン三蝶咲き、結構長いこと楽しめますね!!

台風が近づいています。
3連休頃に影響が出そうですね・・・お気をつけください。

2008年7月12日 (土)

夏が間近!??


夏の雲??」 今日の夕方4時半頃に見られた東南方向の入道雲です。東京東部や千葉西部に発達した雷雲ですね。
今日は今年一番の暑さでした。
朝のうちは痛い様な陽射しでかんかん照りでしたが、午後を過ぎた頃から雲が広がり、東西南北のあちらこちらで黒い雲が発生していました。
園の上も色々な雲が次々と湧き上がり東に流れていきました。
これは夏の夕方に良く見る光景です。
いよいよ・・・夏が近そうですね。
来週はまたまた蒸し暑くシトシトした日が続きそうですが、それが過ぎれば「梅雨明け」として本格的な「夏」でしょうか。

今日はぎりぎりの時期でウチョウランの花整理(仕分け)をしていました。
タイプ別に花を集めて、選別して・・・でも、中間的な系統のものも多く、そんなものはみーんな「ミックス」のケースに収まりました。
「ミックス」・・・意外といい花かも・・・。
夕方からは高山植物たちの暑くなったポットにた~っぷりと水をかけて、どんどん冷やしてあげましょう。
この頃には東の空の「雷雲」の影響で風も流れて・・・けっこう涼しくなりました。

ウチョウランの販売もいよいよ明日で終了です。
・・・明後日からは・・・何を売りましょうか・・・??

ゲンチアナ・ヴェイチオルム」 中国の高地に咲く小型のリンドウです。この暑さでも頑張って咲いていました。

2008年7月10日 (木)

ぎりぎり・・間に合ったかしら・・その後


何とか結実・・」 斑入りアマナランの柱頭にチャボシラン三蝶咲きを交配した、その後の姿です。何とか結実してくれました、うれしい~!!
以前、ブログで公開した「斑入りアマナラン」に「チャボシラン三蝶咲き」を交配した結果、写真の通り見事に種子が出来たみたいです。
現在2株に結実を確認・・・
更に今日、2株ほど「チャボシラン三蝶咲き」が咲いて来たので、取敢えず全部で4花交配が間に合いました。
これでいよいよ・・・念願の「チャボアマナシラン斑入り三蝶咲き」なんぞも出来そうです。
でも・・・なんだかごちゃ混ぜ・・・ですね!!
どうして僕の交配は・・・何をやってもゴチャゴチャ混ざってしまうのでせう・・・。
なにをするにも、材料をい~~~っぱい作りすぎるのですね・・・
ちょっと・・・・・反省・・・。

チャボシラン三蝶咲き」 本日開花のチャボシラン三蝶咲きです。花粉発見!! 黄花小白及の顔が良く出てますね。

チャボシラン三蝶咲き」 これも本日の開花品、シランの顔が濃いタイプですね。またまた花粉発見!!

ハ・ハ・ハ・・秘蔵品!!」 嗚呼・・・公開してしまいました・・(チョット後悔なーんてね・・<ボケッ)。実はチャボシラン三蝶系の実生の中にはこーんな綺麗な「雪白縞斑」もいたのです・・・まさに、「蒔かぬタネは生えぬ・蒔けば何かが生える」ですね!! 未だ花は来年ですが、これで三蝶咲きが咲いたら嬉しいですね。もっとも・・・一重でもセルフや三蝶クロスで答えは決定・・・ですけどね!!
実は・・・純白三蝶系実生の中にも白覆輪斑があるんですよ!!
これだから実生はやめられないよねっ!!

2008年7月 9日 (水)

夏バテ気味かも・・


キアナンサス・cf・インカヌス」 四川省4300mの高地に生える小型のキアナンサスです。草体の割には大きめの花で青の鮮度も良いものです。
ここ二週間ほどかなりハードワークが続いたのか、いささか体調不良です。
天気も暑かったり、急に涼しくなったり、毎日コロコロと変わって・・・少し早いけど夏バテ状態ですね。
微熱が続いているし・・腰は痛いし・・口蓋垂は腫れるし・・なんだかいまいち・・肩こりはぜーんぜん取れないし・・。
昨日も越後湯沢で1泊で会議があったのですが、僕はバテテたので日帰りです。
取敢えずこの時期やる事のピークは過ぎたので・・
今日は久々にお休み。
少しの~んびりしてましょう。
さてさて・・・明日はそろそろウチョウランの時期も終わりに近いので、今のうちに花選別しておかなきゃ。
夏眠性球根の掘り出し作業もそろそろ始めないとね。

そういえば天候不順のせいか・・・今年の早咲きギボウシたちは結実がいまひとつですね。
まあ・・・10時前後の交配ですからね!!
やっぱ・・4時に起きなきゃダメ・・・かなあ~。

キアナンサス・SP1」 四川省ミンシャン4300mのもので詳細不明だったものです。全体的にはマクロカリックスに似ていますが、少し緑を絡んで花口の毛が少なく短い花でした。

キアナンサス・ロンギフロスル」 先日のものとは別なタイプで毛の部分が濃色でブローチの様に見えます。蒔き床での開花ですがとても綺麗な大輪花です。
今日は充電日。
でも・・・庭の草むしりもしたいなあ~・・・。

2008年7月 8日 (火)

ギボウシの季節!??


今年発芽の実生苗」 なんだかゴチャゴチャと発芽してます。こんな蒔き床が200とちょっと・・・このそれぞれの交配のほとんどにい~っぱいの「斑入り」「純白」「羅紗」「子宝」「八重」なんかの2つ以上の遺伝子が詰まっていますよ。でも・・・ここからがやっとスタートですね!! 
上の写真は今年発芽したイワギボウシたちです。
この殆どが「斑入り×羅紗」とか「斑入り×斑入り子宝」、「斑入り純白×八重純白」「羅紗×純白」「斑入り子宝×羅紗」「斑入り子宝×純白八重」等など・・・とりあえずは多芸品作出の為の「始めの一歩」です。
実際、これらの花が咲いてくるのが早くても来年ですので・・・そこからが漸く育種のスタートですね。

実は当園のギボウシたちはその殆どが一般に公開はしていません。
出版社から取材の話も時折ありますが、所詮、僕らが聞きかじりや受け売りの話をしてもしょうがないし・・・ヘタに写真を掲載されて「ニセモノだ!!」と騒がれるのも非常に不快なので・・・今回はたまたま案内状のあった本場・青梅の方々の展示会を出版社さんには紹介させていただきました。
青梅の皆さん、ご協力ありがとうございました。これからもどんどん良いものを紹介してください、楽しみにしています!!
ちなみに・・・そんな訳で僕のギボウシは取材はおろか、全国誌への写真掲載も今のところNGです。
販売も、本当に気心の知れている人や熱心な方、事情を理解されている方、いい加減な事をしない方に限定しています。
ところで・・・いまの「ギボウシ通」の人たちはいったいどこまで事実を理解しているのでしょうか??
本来は実生なのに「野生品」扱いのものや、明らかに別の血が入っているのに「○○産・イワギボウシ」として紹介されているものもけっこう目につく事があります。まあ・・・ある程度育種をかじっている人なら、セルフしてみれば元の顔は一目でしょうけどね。(やってみるとナカナカ結果が面白い・・・でも・・・飽きた・・)
まあ・・・なぜかこの世界では昔からの事・・・ですけど。
「付き合う人」によって情報は左右されるし・・。
特にギボウシの芸は変化しやすく、年により大きく芸や葉型の異なるものも多々ありますので(縞なんかは当たり前・・・ですね)、きっとラベルを外したら解らないものも多そうですね。
最も・・・銘にこだわらずにそのものが良ければ良いかしら・・・とも思いますけど・・・・・。
最近、色々な銘品の「ニセモノ」が出回っているとは良く聞きますが・・・仕事柄、あちらこちらの山草屋さんを回るのですが、イワギボウシの銘品を扱っているところは殆ど見ません。どこで売っているのかしら・・・!?? たぶん殆どの山草屋さんは「銘」すら知らないんじゃないかしら・・・??
最も・・・僕のところのギボウシたちも本物がどうかは解りませんけどね・・(あっ!!うちの事言ってるのかなあ・・・ほとんど販売して無いけど・・・)
でも・・・こんな事の積み重ねが「ギボウシの世界」を不快で非常に面白くないものにしているんでしょうね。
個人的には好きな植物だし、長い付き合いですから・・・もう少し追い求めてみたいとは思います。
方向性としては、やはり「落葉万年青」・・・ですかね!!

今回は興味のある方も多くいらっしゃるようですので、僕のコレクションを少し紹介してみます。
これらは本場の方々を始めとして、僕の周りにおられる沢山の方々のご協力によって集まった僕の大切なコレクションです。
殆どが無名品ですが、これからも大切に栽培し、それらの遺伝子をさらに進化させてあげたいと考えています。(その第一歩が上の写真ですよん)
なんであろうとイイものはイイ・・・のですから。

アッ、一鉢傷んでる・・・中斑は焼けやすいですね・・トホホ・・。

「多摩の雪」の芽変わり??があるね・・あとは色々・・

右上に「吉田の○」があるけど本物かしら・・雑誌で紹介されたものと同じ株なんだけど・・・ニセモノって言われちゃうかな・・

手前のスミレは抜いた方がイイね!!

オリジンコーナー・・オオボラ交配メインですね・・でも羅紗の血入りだよ~ん・・

ここもオリジンメインのコーナー・・・でも鳳来王がカッコイイ・・

オリジンヒメトクと武甲系・・・雑草抜けよ!!

Tさん選別の武甲系たち、雄大でとっても綺麗ですね!!

最近の入手品もちらほち・・手前はオリジンだね・・

オトメ系が開花、手前はオリジン、中央は覆輪が出ないと言われる銘品芽変わりの、白覆輪の太郎さんだね、その奥は巨大な神津錦・・・
未だありますが・・めんどくさくなったのでこの辺でお開き・・・。
何と言っても気の合う仲間との語らいの時間が一番楽しい・・。
来年は仲間と展示会でもしてみたいですね。
(でも・・・オリジンがもう少し揃ったらにしよっと!!)

2008年7月 5日 (土)

ぎりぎり・・間に合ったかしら・・。


アマナラン縞斑」 台湾原産のシランに似た小型種、アマナランの縞斑です。シラン品種改良に一役買ってくれそうなのですが・・・。
今日はとても暑い日でした。
何やっても汗がダラダラ・・・でも・・・暑すぎてやる事といったら草むしり・・・くらい。
だから・・ますます汗がダラダラ・・・。
そんな日にも多くの方に遊びに来ていただきました。
本当にありがとうございます。

さて・・・以前このブログで「アマナラン縞斑」と「チャボシラン三蝶咲き」を交配したい・・・と書いた事があります。
ところがです・・・実はこの交配にはあるネックがあったのです。
それは・・・アマナランの開花はシランよりも1ヶ月遅い・・・・・と言う事です。
案の定、アマナランが蕾を上げる頃にはシランは殆ど花が終わり・・・チャボシランたちも全て終わってしまいました。
せっかくアマナランが咲く頃には他の仲間はなーんにも咲いてません。
ところがです・・・神は見捨てていなかった!!
ここ1週間ほど前から・・・たまたまチャボシランのケースに目をやったら・・・ナ・・・ナント・・・
チャボシラン三蝶の実生たちが今頃になって次々と初花を持ち上げてきているではありませんか・・。
次々と花芽が確認できて・・・蕾だけでも30ポット以上を拾い上げました。
すかさずハウスに入れて開花を早める準備です。
そして・・・今日、めでたく最初の2本が咲きました。
2本とも三蝶咲きです・・・しかも・・・しかもです・・・
1本は花粉塊がありました。
ヤッターーーーーーッ!!
そんな訳で早速交配、
いよいよ「斑入り三蝶咲き」に挑戦だーーーい!!

チャボシラン三蝶咲き」 本日開花のチャボシラン三蝶咲きです。これまでに無い白っぽい花がとても可愛らしいものです。

チャボシラン三蝶咲き」 こちらも本日開花の三蝶咲きです。セパルにも赤い絣が入ります。オオッ!! 花粉塊が見えるよぉ!!
ウチョウランの交配もままならないと言うのに・・・
明日からは又、チャボシランも目が離せなくなりました・・。

2008年7月 3日 (木)

心地よい忙しさです


キアナンサス・マクロカリックス」 雲南4400mの高地に生えるキキョウ科の植物です。全体に毛が多く黄白色の花筒に紫褐色のラインが入る特徴があります。この仲間も「夏リスト」では人気の一品ですね。
お陰さまで、毎日多くの方からご注文をいただいております。
今日も朝から20名を越える方からご注文をいただきました。
毎日品出しと発送に追われる日々ですが、とても心地よい忙しさです。
本当にありがとうございます。
従業員の皆も人手不足というのに・・・本当に手際よく作業分担をしてくれて、次々と荷物を捌いてくれます。
素晴らしいチームワークですね!!
さてさて・・・今回の人気商品は・・・・なんでしょう!??
ヤッパリ・・・と言うか、予想通り・・・10点セットの人気が凄いですね!!
ブログで紹介したせいか・・12点セットのツワモノも結構いらっしゃるのには驚きました!!
あとは・・・やはりこのブログで紹介した為か・・・
アンドロサーケ・ビスルカ・アウラタの人気が凄いですね!!
寒冷地の方にはやはり・・・サウスレアとかアブラナ科の変なのとか・・・アンドロサーケ色々とかゲンチアナとか、キアナンサスとか、デルフィ色々とか・・・まあ・・その辺の「強敵」が多いですね。
国内マニアには何と言っても・・・
離島のキツネノカミソリに似た奴とか・・・
武甲山の岩から垂れ下がるユリとか・・・
九州の小さなアヤメとか・・・
そんなところは大人気ですね!!
早くも品切れものが出始めましたよ・・・!!
・エドライアンサス・セルフィリフォリウスとアンドロサーケ・aff・ザンバレンシスがあとチョットです。
生産の方はもう「秋リスト」用の体制に入りました。
これからが「夏本番」なんですけど・・・ねっ!!

キアナンサス・ロンギフロルス」 雲南3700mの小型のキアナンサスです。さっぱりした青藤色の花は、やや長めの花筒が特徴です。

キアナンサス・フラブス」 マクロカリックスに似ていますが花は全体に黄色で花口部の毛も短めです。雲南4500mの高地産です。

キアナンサス・不明種」 フラブスの中に混じっていたもので、よく見ると花はフラブスにそっくりな濃青色です。たまに変なものも混じります・・・もし咲いたらご勘弁を・・・。

キアナンサス・SP2-E53」 四川リタン4200mの高地に生えるキアナンサスの仲間です。全体のバランスも良くなかなかのもので、丁度マクロカリックスの色違いの様な感じです。
いよいよ梅雨も中盤を過ぎました。
これからの天気が・・・チョット心配ですね!!

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ