« クリオネとウツボとガラスと輪島塗 | トップページ | 東京から一番近い「コマクサ」の咲く山 »

2008年8月 6日 (水)

合掌造りと世界遺産の風景


五箇山」 2つある合掌造り集落のうちの1つ「相倉合掌造り集落」です。一度は見てみたいと思っていた場所ですが、念願がかなって行ってきました。
今日はホテルを後にしていよいよ「世界遺産」巡りです。
先ずは能登半島を南に下って、能越自動車道には入ります。そのまんま東海北陸自動車道に入って一路「五箇山」へ・・・。
途中、白山の風景を楽しみたいと思ったのですが、ヤッパリ空には雲が被ってよく見えない・・・一応稜線と山の大きさだけは確認できましたけど・・・。
高速を出ると直ぐに「菅沼合掌造り集落」があります。
ただ、どこも駐車場が有料なのでここはパス。
更にその奥の「相倉合掌造り集落」に向かいます。
現地に着くと早速駐車代金500円を払います。
「世界遺産保護」の為の基金と考えての「有料」だそうです。まあ・・そう考えれば500円の出費は痛くも無いでしよう・・・という事だと思います。
閑静な山の谷あいで、そこだけ時が止まったかのような佇まいは・・・何かとても懐かしい感じがします。
ただし、ここは人の住んでいる住居であって遺跡ではありません。
当然、洗濯物も干してあれば、集落そのものが売店であったり、民宿であったりもしています。



五箇山」 全体的にはこじんまりとした家が多く、そこがまた・・良いのでしょうね。生活臭さがあるからこそ、家も生きているのでしょうね。

五箇山」 一部は「民俗館」として開放されています。

五箇山」 オオッ・・・でっかいスズメバチの巣だよ!!
五箇山を後にして、そのまま国道を下り白川郷に向かいます。
「世界遺産」の影響か、とにかく外国人の多い事、特に欧米や中国の方が目立ちました。
途中、五箇山~白川郷手前のとんかつ店~白川郷に行く度に、必ず同じ外人さん何組かが一緒になっていました。
白川郷も駐車料金500円、駐車場から吊橋を渡るとそこからはもう集落に入ります。

白川郷」 夏休みなので流石に人が多い・・・原宿のようだ!!



白川郷」 全体にドッシリトした造りのものが目立ちます。やっぱりみやげ物やとか民宿とかが多いですね!!

白川郷」 後ろの山の上に見晴台があります。そばで見るよりも全体的な雰囲気を味わったほうが良いのかも知れませんね・・・。
良くも悪くも「世界遺産」です。

ここを後にして、一路「新平湯温泉」に向かいます。
途中、出来たばかりの高山までのバイパスを使って向かったのですが・・・寄らないはずの高山の町で道に迷って・・・結局、「昔ながらの町並み」を通ってしまいました。
この頃には余り体調も思わしくなく・・・5時を過ぎてやっと「新平湯温泉」の宿「山ぼうし」さんに到着しました。
「山ぼうし」さんは未だ1周年を迎えたばかりの新しい宿ですが、高い吹き抜けの、とても味わいがあり感じの良い宿です。
山の幸満載の料理も素晴らしく、ヤッパリ食べきれないほどでした。
調子が悪かったので早く寝たのですが、ヤッパリもったいないので夜中に起きて「貸しきり露天風呂」へ・・。
満天の星を仰ぎながらの入浴は最高ですね!!

「山ぼうし」さん」 新平湯温泉の奥にあるお宿です。未だ新しい宿ですが、皆さん温かいおもてなしで迎えてくださいました。手間のかかった料理も、気持ちよい温泉も、とても寛げる空間です。
明日はいよいよ帰宅です。
さて・・・何所に寄って行こうかな・・。

« クリオネとウツボとガラスと輪島塗 | トップページ | 東京から一番近い「コマクサ」の咲く山 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

「白山」や「五箇山」「白川郷」の景観は、特に雪のある冬場が趣があって..というか、
余計な人工物を覆い隠してしまうので、いいですね。

是非、冬場に時間が取れたときにでも またいらしてください。


「白山」を眺望するのでしたら、「日本百名山」で有名な深田久弥の故郷..大聖寺から見る山容が白山の全体像としての広がりが判り易くてお勧めです。^^


今回は、どうもお疲れ様でした。(^O^)/

ken-ji様、こんばんは。
色々とありがとうございます。
このあたりの冬は絶対に良いと思いますが、僕の時間が出来るのが今のところこの時期だけなので・・・本当はカニやフブリも食べたいんですけど・・・。
でも、夏の五箇山も生活観があって僕は好きでした。
そのお陰で合掌造りの家も生きている様な・・・。
家の前に並んでいる野菜も、植えてある花たちも、流れる水も、洗濯物も、蜂の巣も・・・皆いい雰囲気でしたよ。
正直言って「白川郷」よりも「五箇山」のほうが好きですね。

あと、もう少しで「雪割草」の季節ですね。
又・・賑やかになると嬉しいですね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリオネとウツボとガラスと輪島塗 | トップページ | 東京から一番近い「コマクサ」の咲く山 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ