« 合掌造りと世界遺産の風景 | トップページ | 準備開始です!! »

2008年8月 7日 (木)

東京から一番近い「コマクサ」の咲く山


コマクサの群落」 東京から一番近い、標高2000m前後の礫地に咲くコマクサの群落です。少し盛りは過ぎましたが、それでもそこそこの数が見られました。ただし・・・ここは・・・・・・。
今日は旅の最後の日です。
宿泊先の「山ぼうし」さんは朝食も食べきれないほどの品数です。
時間が来たので宿を後にして・・・取敢えず上高地の脇を通って松本に向かいます。
ここでチョット一休み・・・まだまだ時間があるので・・・天気もいいし・・・・・せっかくなので何所かによってみましょう。
候補地は二つ・・・このまま「美ヶ原」に行くか、それとも少し走って帰り際に「高峰高原」に行くか。
携帯で天気や雲の動きを調べて・・・遅い時間でも安全そうなので「高峰高原」に決定です!!
松本から高速に入って、ジャンクションで上田方向に・・・行ったつもりが・・・あれれっ・・・長野に行っちゃったよぉ~・・・。
仕方なく長野で一回降りて・・・すかさずUターン。
今度は間違えないように「上田」方向に行って小諸まで走ります。
インターを出て、車坂方面の急な坂道を登ると・・・「高峰高原ホテル」に到着です。
高峰高原は浅間山の外輪山である黒斑山につながる連山です。
2000m前後の山が数峰、その殆どは亜高山帯の草原植生です。
ここで遅い昼食を食べて・・・その辺を散策・・・と思ったのですが、休日はマイカー規制があるが今日は平日で池の平湿原まで抜けられるとの事。
せっかくなので・・・ホテルのウラから凸凹道に入って・・・高峰温泉を抜けて更に悪路に入り・・・凸凹凸凹と走ること約20分、「池の平湿原」の駐車場に到着です。
ここでまたまた、駐車料金500円を払って湿原へ・・・。
湿原と言っても湿性草原で、しっかりした道や木道が作られています。
「池の平」は篭の登山と東篭の登山の間にあるハイキングコースで、垂直分布では亜高山帯ですが、日本海側と太平洋側、低山から高山帯の植物が入り混じって不思議なお花見を楽しませてくれます。

池の平湿原」 しっかりした木道が整備されているのでとても歩きやすく、子供連れのハイキングにも最適です。沢山の植物が見られますよ。

池の平湿原」 ポツポツと咲く青い花はマツムシソウです。今が見ごろですね。

ウスユキソウ」 湿原を抜けた辺りからウスユキソウが多く目立ちます。結構好きな花ですね。

コマクサ」 ウスユキソウの生える上り坂を越えるとコマクサの咲く三方が峰の風衝帯に入ります。このあたりは標高2000m前後、本白根山なんかと同じくらいの自生標高です。



コマクサ」 群生地は2箇所です、ただしこのコマクサの自生地は周りを檻の様に頑丈な大きな金網で囲われています。この写真は全て、その金網越しから撮影したものなのです。「何もこんなに大きな金網で囲わなくても・・・」とも思うのですが・・・ここまでしなくては盗掘tから守れないのでしょうか!??
簡単に見られるけれども・・・乗鞍岳なんかとは・・・何かが違う・・・違いすぎる!!


池の平湿原」 ふただび湿原を回ってみます。東篭の登山(左)から高峰方向を望んでいます。

池の平湿原」 風衝帯の風景は高山そのものです。クロマメノキやガンコウラン、ミネズオウ、コケモモなんかが主体ですね。

クルマユリ」 見事に満開でした!!

池の平湿原」 東側にはトウゲブキが沢山咲いていました。

池の平湿原」 夏の雲がとても綺麗でした。
とは言っても・・・実はとってもいい山です。
金網越しでも何でも・・・こんなに簡単にコマクサの自然な姿が見られるところはそう多くはありません。
花の種類も沢山あり、色々な植生を目にすることも出来ます。
関東近郊の方には是非お勧めしたい花のスポットですね。

タップリ遊んだ後は、再び小諸から関越自動車道にのって家路に急ぎます。
途中・・・どうしても撮影してしまう風景・・・コレですよね!!


妙義山」 僕の大好きな山です!! 上が表妙義、下が裏妙義です。横川のサービスエリアからの眺めはなかなかイイですよ!!
4日間で1258キロ・・・チョット疲れた・・。
でも、とても有意義な4日間でした。
ありがとうございました。

« 合掌造りと世界遺産の風景 | トップページ | 準備開始です!! »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

充実したご旅行だったようですね。
いつもお忙しいのに旅行もかなりの強行軍で、かえってお疲れになったのではないかと心配してしまいます。

お送りいただいた花粉は無事にうちの株に交配できました。いつも貴重な育種材料をご提供いただきありがとうございます。苗をお返しできるよう頑張ります。

千葉のS様、こんばんは。
かなりいい加減に花を送ってスミマセンでした。
無事に交配が出来れば嬉しいです。
こういった花たちが色々と栽培できるようになれば嬉しいですね。
又、面白い花がございましたらご紹介ください。
楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 合掌造りと世界遺産の風景 | トップページ | 準備開始です!! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ