« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月29日 (月)

目標・10月20日・・・

はてさて・・・・これはいったい何の目標かしら・・??
とーぜん!!
「2008~2009・リスト」の完成予定日です!!

今年は・・・夏の暑さや植物の状態なども加味して、なかなか「何をリストに載せられるか・・・」が見えてきませんでした。
ここに来て、「夏リスト」の植物で痛んだと思っていたものも、復活したり、夏眠して芽吹き始めたものもかなり出てきました・・・ヨカッタ!!
それに連呼するように、知人たちも増殖品がなかなか見えてこなくて、漸くこの時期になって増殖品のリストが到着し始めています。
それに加えて「人手不足」も手伝って・・・園に居る間はやる仕事が目白押しで・・・
誰かが来た段階でその日のスケジュールが全て崩れるほどの過密スケジュールです。
「あれもやらなきゃ・・・これもやらなきゃ・・・」そんな毎日ですね!!
先日、漸くリスト用の写真の選別が終わり印刷屋さんにCD-Rを送る事が出来ました。
これも・・・5000枚以上の写真のストックから、なるべく今までとダブらない様なもので在庫のあるものを640枚選び、キク科から順番に並べなおして、品名を入れて、ナンバーを入れて・・・・・
いよいよ今日辺りから、本格的なリスト打ちに入ります。
新しい植物を打ち込んで・・・在庫の無いものを削除して・・・
これも・・・今、園では午後8時過ぎくらいまでは仕事をしているので・・だいたい毎日10時ごろから始めます。
あとは・・・夜は寝て、早朝から打ち込み始め・・・ですね!!
10月10日までには印刷屋さんにリスト本文のほうも渡したいのですけど・・・今週も2日ほど旅に出てしまいますし・・・なかなか時間が取れません。

これから毎日がハードワークです・・・少しでも早く「2008~2009・リスト」をお届けできればと考えています。
本当にお待たせしてスミマセン!!
そんな訳で・・・ブログもしばらくは休憩か・・とびとびになりますがご容赦ください。
あとは体が壊れない事を・・・祈るばかりです・・ハ・ハ・ハ・・・。

庭のヒガンバナ」 九州産の八重咲き「紅孔雀」です。3年前に1株植えたものですが、今年は6本の花が咲きました。
「ユキワリソウ」のリスト冊子のほうも結局・・・なかなか手付かずです。一気に作ってしまおうと思っているのですが・・・。
色々とお待たせしてしまってすみません。
どうぞご理解とご了承の程、よろしくお願い申し上げます。

2008年9月23日 (火)

肥培のシーズン


変化はヤッパリ変化」 先日紹介しました武甲山産のイワギボウシ曙散り斑の「武甲変化」です。以前から「子宝咲き」とは言われていましたが、実際は多弁系の八重咲きです、ただ、これまで余り花の写真は見られませんでしたね!! 写真は知人のMさんのところで開花したもので、僕のところではもう少しです。「武甲変化」は青梅のSさん秘蔵の一品ですが、当時から株数はあり、一部の業者さんを経てかなりの数が各地に散っていったと考えられます。みんな今、どうしてるのかしら・・・。
今日は「秋分の日」です。
ここ菖蒲町もいよいよ秋の気配が感じられる陽気になりました。
さて・・・これから少しの間は「肥培」の季節です。
先日までの暑さの為になかなか「肥培」に思い切れなかったのですが・・・これで漸く一安心。
先ずはいつもよりも芽の太り方が遅れている雪割草に液肥を与えます。
これから10日に1回くらい、来月まで3~4回ほど与えます。
少し前にポッと苗の置き肥も漸く済ませたので、これからは一気に芽が太ってくるのを待ちます。
山野草たちも休日をはさんで木曜日から寒冷紗を外します。
これも置き肥をして、休眠まで元気に成長させましょう。
蒔き床も発芽しているものはボチボチ肥料切れです!!
雑草を整理して・・・少し肥料を置いてみましょう。
花後のウチョウランたちもこれから一気に来年の球根作りに入ります。
これも10日に1回くらいの割合で液肥を与えます。
シダやカンアオイ、野生ランなんかも充実の時です。
これも液肥と置き肥で充実を図ると驚くほどに成長します。
球根植物も速いものでは芽出しを始めたので・・・これも肥培始めのタイミングです。
まあ・・・この時期はどんなものでも・・・「肥培」は欠かせない・・・と言う事ですね!!
何かと忙しい時期に入りました。
明日からは「リスト」作りに入ります。
いよいよ・・・猫の手も借りたいですね!!

純白花コマメギボウシ」 コマメともヤクシマとも呼ばれて流通していますが、「屋久島」にこんなギボウシはありません。「小さいからヤクシマ」の銘々が流行っていた頃の「遺物」ですね。おそらくは「北海道よりも北」の産との説が有力??です。現在流通している純白花は、僕の古い知人で静岡のOさんの実生から偶然咲いた1個体が繁殖したものだと思います。秋の陽射しに眩しいほどの白さが可愛いですね!!
おおっ・・・いよいよ30万アクセス突破です!!
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
(ヤバッ・・だんだん迂闊な事がかけなくなってきたぞぉ~・・・)

2008年9月22日 (月)

発芽6ヶ月の脅威!!


イカリソウ交配種初花」 E.レプトリズムにE.クロランドルムを交配した初花です。えっ・・・何で今頃イカリソウかって・・・それは・・・・・
写真の花はイカリソウの交配種です。
何で今頃イカリソウか・・・と言うと、実はこのイカリソウは今日、狂い咲きで咲いていたものです。
E.レプトリズムにE.クロランドルムを交配した初花のもので、写真でもお解りいただける通り・・・見事に色も形も両種の中間型で咲いています。
このイカリソウ・・・今の時期に咲いていることも面白いのですが・・・
実は、この交配種はH19年に交配して、今年の3月にカイワレを発芽、そのまま成長を続けてわずか発芽から6ヶ月で開花しました。
こんな事は初めてです。
しかも・・・ちゃんとマトモに咲いているし・・・・・。
僕はE.クロランドルムの抹茶緑色の葯の色が大好きなのですが、この花の葯もちゃ~んと抹茶緑色です。
最近発売された「マニアックスVol.19」等でも多くのイカリソウの交配種が紹介されて、イカリソウの新しい時代もじわじわと浸透し始めた感があります。
それにしても6ヶ月で開花するとは・・・ヤッパリ案外に丈夫な植物なんでしょうね!!
1年得した気分ですね!!

2008年9月21日 (日)

だから実生は・・・


イワギボウシ・純白多弁花」 数年前、交換会で入手したイワギボウシの純白多弁花・・・唯、いまひとつ花芸が甘く・・花姿が良いから「マアッ・・イッカァ~」程度のものでしたが・・・。
写真の花は「イワギボウシ純白多弁花」・・・以前、交換会で入手したものです。「栃木産??」との事でしたが結局定かで無く・・・全体の雰囲気はもっと南のものの様な気がします。
ただ・・・小型で花着きが良く、花の咲く姿がとても美しいイワギボウシだったので、これだけでも観賞価値が高いと考えてとりあえずセルフ実生を試みてみました。
2年が過ぎて、今週辺りからポツポツと咲き始めた花が次の写真です。

イワギボウシ純白多弁セルフ」 なんと・・・ヤッパリ多弁花が咲いています。更に、隣の蕾はなんかへんちょこりんです。何なんでしょうか・・・コレは・・。

イワギボウシ純白多弁セルフ」 となりの蕾のアップです!!  花弁と苞が入り混じった不思議な蕾です。もう少しで開花するのでしょうが・・・どんな風に開くのでしょうか??
同じ様なつぼみのものが他にもいくつも見られます。
これは拾い物かも・・・・。
となりではこんな花も咲いていました。


イワギボウシ純白多弁セルフ」 花弁の八重化はかなり進んで、更に花筒の元に小さな花弁が開いています。蕾を見ると解るのですが全ての花が固定しています。不思議な花ですね!!(サビキみたいだ・・・) 

これも、同じ様な蕾で花茎を上げている株が数ポットあります。
結局、現在花芽をあげているポットの約半分がこの様な変化花になっています。
交換会・・・様々ですね!!
青軸純白花で草姿もよく、オマケに変化花・・・これだから実生は止められないですね!!
新しい遺伝子が又1つ・・・誕生したのかしら・・・!??

雪割草交配実生リスト」に多くの方からご注文をいただいております。
本当にありがとうございます。
数の無い1品ものがバッティングしてしまいご迷惑をおかけしております。
自宅を出ると、帰るまでデータの修正がきかないのでご迷惑をおかけしております。
これからもポツポツと追加販売していく心算ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
今日のオマケ・・・

魔宮」 「魔海」と「海ほたる」の交配から生まれた強烈なインパクトを持つ白地濃赤紫色地合い咲きです。
早々に数名の方から標準花のご注文もいただいております。
ありがとうございます。
標準花も当園自慢の交配ばかりです。
お薦め品も多数ですよ!!

2008年9月19日 (金)

値上がりラッシュです・・


ゲンチアナ・クルシィー・ロチェリィー・アルバ」 スロベニア・ファトラ山2000mの現地採種種子の実生から突然咲いた純白花です。少しナメクジに齧られてますが・・・まさか緑のブロッチも入らない真っ白な花が咲きました。スゲ~~ェ!!大切に増やさなきゃあ・・V.ホルベックさん・・ありがとうね。ちなみに・・・兄弟でピンクっぽいのも咲いたんですよ・・やっぱりスンゲ~~エ!!
今日も朝から一枚のファックスが届きました・・・。
ファックスの差出人は・・・いつも仕事をお願いしているハウス屋さんからです。
さて・・・内容は・・・
「10月からビニールやらなにやら、いっせいに値上げします。予定している仕事があれば今のうちに材料を買っておきますよ・・云々」と言う内容でした。
年内じゅうには雪割草の交配室を作る予定でしたので・・早速ハウス屋さんを呼んで見積もりをお願いします。
「値上がりしてからじゃ大変だからね!!」
有難いハウス屋さんのお言葉です。
ここに来てポットやらケースやら、ネットやらトレーやら・・・さては用土や肥料まで・・・なんでも1割以上の値上がりが始まりました。
ビニールやプラスチック、石油などが関係する資材は全て値上がりですね!!
苗の値段はかわらないのに・・・・・・・。
生産者受難の時代に入りました・・・農家いじめですよ!!
大変な時代になりました。
今後はサブプライムやリーマン破綻の影響がどんな形で出てくるかもわかりませんし・・・
今さらですけど・・・これからは今以上にものを大切にしないといけませんね!!
でも・・・いい加減にしてほしいんですけどね・・・。
この手の話はタメ息ばっかりですね!!
はぁ~~~~~~~~(××)

武甲山産イワギボウシ」 先日紹介した武甲山のイワギボウシが開花しました。この花着きにこの草姿・・・嗚呼・・・素晴らしい!! 山野草としては一級品です。そろそろギボウシの交配も始まりました、これなんかは絶対に・・・何の悪戯もせずに「セルフ」で増やしたいですね!!
いよいよ「雪割草限定品特別販売リスト」が完成しました!!
なかなかのレアモノが勢ぞろいです。
興味のある方は是非、この機会をご利用ください。

2008年9月17日 (水)

体がたりませ~ん


カンカケイニラ」 今年は少し増えてきたので屋外栽培で種子採りにチャレンジです。お陰さまで少しは結実したみたい・・販売まではもう少し・・!??
9月も半ばを過ぎて、漸くこの辺りも秋の気配が感じられるようになりました。
こうなるとやる事が目白押しです。
今年は・・・これまで引っ張ってきましたが、そろそろ今週末頃からは「2008~2009リスト」の作成準備に入ります。
今、「クマさんチーム」は山野草の植え替えや整理、ポット上げの真っ最中です。
いったい何がリストに出せるのか・・・何が出せないのか・・・
僕の方はと言うと・・・そろそろ、リスト用の写真を集めなければなりません。
リスト本文そのものはモノクロ刷りなので短時間でも製本できるのですが、写真の方はカラーなので・・・どうしても2週間以上前には揃えておかなくてはなりません。
これから来週にかけて640枚の写真を集めて、品名を打ち込んで、印刷屋さんに発送します。
その間にリスト本文を打ち込んで、月末頃までには仕上げたいのですが・・・
今年は・・・最終的には10月10日過ぎごろの発送となりそうです。
本当は今月中に「雪割草リスト」も作りたかったのですが・・・なかなか仕事の時間も作れなくて・・。
おそらくは同時進行に近い形になりそうです。
ここのところ体調もいまひとつで・・・
なかなかしんどいにゃあ~(××)

タケシマラッキョウ」 古くより「カンカケイニラ」で販売されているもので、その名で入手するとたいていはコチラです。知人の話では欧州のA.ケルヌムが東へ移動しながら変化した、中国のセッカヤマネギと同じものだろうとの事です。これはこれで綺麗ですけどね!!
今日で「雪割草交配実生リスト」の基本的な部分が完成しました。「二段咲き交配リスト」と「標準花交配リスト」も完成です。
興味のある方は是非「雪割草交配実生リスト」をご覧ください。
ちなみに・・・今週末までには大物続々の「限定品特別販売リスト」も製作予定です。
完成したらブログで紹介しますね!!
インターネットのみの販売品・・・ですよん!!

2008年9月14日 (日)

そろそろウズ・ウズ・・・


ゆけ・ゆけ・タイガー・・」 なかなか咲いてこないキキョウの絞りダブル咲き・・。でも、そんな中で・・ついに「朝顔」を越えるほどに派手な「豹紋絞り」のダブル咲きが咲きました。まるで「タイガーマスク」の様な「豹柄」です。いまだ~花粉を使え~~!!
ここのところ・・毎日ドタバタしていて・・なんだかやる事がますます増えて、ブログもおざなりになって・・・どーもスイマセン!!
(えっ、けっして「メダカ」のせいじゃないですよ・・えへっ・・)
流石に9月も半ばに入ると、皆さんウズウズとしてくるみたいで・・・
毎日のように雪割草の問い合わせやご注文、色々とご連絡をいただいております。
僕の友人たちもそろそろウズウズしているのか・・・
ここのところ毎日の様に苗が送られてきたり、今年の豊富や希望品なんかの連絡が絶えなくなって来ました。
いよいよ・・・シーズン・インですね!!
販売リストの方も、あと・・二段咲きが少しと標準花を打ち込み始めなければ・・・・。
そして何より・・・今週中の頃には皆様待望の「限定販売品」や「F1の販売品」なんかを少しづつですが載せていこうと考えています。
漸く最低気温も20℃前後になってきたので、今週からは交配室や親木の株分けも始めようかと考えています。
涼しくなってますます忙しくなりますね!!
人手不足だし・・・。
でも、そんな事は言ってられませぬ・・・「2008~2009リスト」も作らなくっちゃあ・・・。
毎日がしんどそうだよぉ・・・。
(えっ、けっして「メダカ」のせいじゃないですよ・・えへっ・・)

トリカブト緑花」 とっても珍しいトリカブトの緑花です。何トリカブトかは未だ調べていませんが・・・これはとても綺麗な珍品ですよ・・何しろ夏に咲いても花色が寝惚けないのがイイ!!早く増殖しなくっちゃあ・・・。
「雪割草リスト」追加の折には、また、ご連絡いたします。

2008年9月 8日 (月)

ようやく・・・


ペクティリス・サガリキィー」 タイ原産のPecteilis sagarikiiです。その花の姿からダックオーキッドと呼ばれているハベナリアの近縁種です。最近では「ドナルドダックラン」等とも呼ばれている様ですが、この跳ね上がった鶏冠は・・・どちらかと言うと「ウッドペッカー」ですね!!
今日はとてもイイ・・・!!
何がイイって・・・お昼頃からは空がカラッとしていました。
明日も西からの高気圧の影響で漸くスッキリした秋晴れが始まりそうです。
待ってました・・・って感じですね!!
多少、昼間の温度は高そうですが、それでも夜間は20℃前後になりそうで・・・いよいよ本格的に秋のシーズン到来でしょうか。
今年は「秋リスト」を作るにあたっても・・・これまでの陽気が続くようであれば、何が生き残るのかも解らない・・・そんな状況でした!!
今年は何時・・・「秋リスト」が発行できるのだろうか・・・毎日、そんな心配ばかりです。
人手不足も手伝って・・・植え替えや在庫の整理も思うように進まず・・・余計な用事も多くなり・・・。
でも・・・流石に9月に入ってからは人の動きも目に見えて変化が見られ、毎日色々な事柄の問い合わせも多くなってきました。
嬉しいですね!!
明日はどうやら「メダカ」の日・・・夕方まではお出かけです!!
販売コーナーも後日公開!!(嗚呼・・後悔・・・??)

今日のオマケ・・・昨日の続きかなあ~。

古都錦」 「錦華山」に「古都路」を直接交配した巨大輪系の三段咲きです。H16年実生の4年生ですが、なかなかの迫力です!! オシベを切ると直ぐに花粉を吹くので、今年は「古都路」よりもこの花を多く花粉親に使いました、3年後がすんごく楽しみですね!!
今日も何人かの方から「雪割草」のご注文をいただきました。
ありがとうございました!!
早速、発送させていただきましたので、どうぞお楽しみください。
さてさて・・・マジに品切れ必至の交配品が出始めそうです。
次は、二段咲きリストを完成させなくっちゃ!!

2008年9月 6日 (土)

なんだか忙しい・・・


タイカカラマツ・桃色花」 白花の実生から生まれた優しい桃色のタイカカラマツです、何となく良い雰囲気ですよ。もう少し増殖したら販売しますね!!
9月に入って数日が過ぎましたが・・・
人手不足も手伝って・・・なんだかここのところ忙しさが加速しています。
先ず、朝起きたらPCに向かって「雪割草」のリスト作り。
その後園に行って最初にその日の植え込み準備をして・・・。
午前中は山野草の植え替えとポッと上げ、棚の整理・・・。
午後からはヤマシャクヤクの株分けと植え替えを始めて、それが終われば雪割草のカイワレの植え込み。
ここで漸く遅いお昼を食べて・・・・。
カイワレ植え替えの続きのあとは夕方からは潅水・・・。
時間が過ぎる頃まであちらこちらを回って・・・
園の終了時間の頃から雪割草親鉢の植え替えを始めます。
なんだかんだで8時過ぎ~帰宅して、夕飯食べてからまたまたPCでリスト作り・・・・。
大体こんな毎日です。
途中でお客様が見えたり、業者さんが来られたり・・・電話の応対なんかで・・・・
なかなか予定通りには進まなくなります。
1日がアーーーーッと言う間ですね!!
8月末頃からはシ-ズンなのか、毎日のように「雪割草」の注文や問い合わせが始まりました。
特にここのところは、1日数人の方から色々な問い合わせをいただきます。
賑やかになってきて・・・ヤッパリ嬉しいですね!!

今日のオマケ・・・

今年の初花」 「満月・跳珠」系と「古都路」F1の交配から生まれた巨大輪系の三段咲きです。初花とは思えない、この・・・いかにも、と言う雰囲気がとってもイイですね!!

今年の初花」 「天明」と「古都路」F1の交配から生まれた巨大輪系の三段咲きです。初花でも、花弁の絣り具合や重厚な三段弁はやはり如何にも・・・って感じですね!!

今年の初花」 実はこれも「天明」と「古都路」F1の交配で、上の写真とは兄弟です。「古都路」は岩さんから好意で分けていただいた巨大輪・黒跳系(跳珠・タイシュ・黒姫系)の花粉の出る三段咲きで・・・僕の秘蔵品です。子供はみ~んな「いかにも」・・・って感じですよ、何と言っても三段弁の作りが違いますね!!
今日で「雪割草・交配実生リスト」の「三段咲き」が完了しました。
全部で120交配とちょっと・・・もちろん、「古都路」系の交配も載ってますよ!!
興味のある方は「雪割草・交配実生リスト」をご覧ください。
早くも品切れ間近のものがございます。
ジックリと・・・ご検討くださいませ!!

2008年9月 5日 (金)

武甲山産イワギボウシ??と武甲系イワギボウシ??

9月に入り、気の早いイワギボウシたちが次々と花芽を覗かせ、或いは既に花茎を伸ばし始めてきているものもあります。
大した事ではないのですが・・・何となく目に付いたことなんかもありますので、写真を見ながらその趣を一緒に感じ取ってください。
なかなか微妙ですよ!!
先ずは・・下の写真から・・・どうぞ!!

武甲山産イワギボウシ」 秩父の雄「K」さんが発見、選別されたと言われる武甲山産のイワギボウシで20本以上の坪採りと言われています。ここのものは花茎は斜上して、蕾が割れ始めるにつれガクが枯れ落ちます。確かに花付きが良く蕾が穂状にビッシリと密集するタイプでかなり多花性ではあります(クルクマみたいだ・・)。「黄河」と呼ばれている個体と良く似ていますね!!

武甲変化」 ちなみに・・・このタイプは芽出しから葉が固まるまでは写真の様に曙性の萌黄散り斑を交るものが多く見られますますが、夏前には暗みます。写真の個体はこの坪採りの中のひとつで「武甲変化」と呼ばれるものですが、今は既にこの斑も暗んでいます。以前から「子宝咲き」と呼ばれている個体で、まもなく伸びてくる花茎を見るのが楽しみなのですが・・・・。
これは古く武甲山で発見されたと言われる「武甲変化」と呼ばれるイワギボウシとその兄弟です。
ご覧のとおり・・・斜上する花茎、直ぐに枯れ落ちるガク、大きく横に広がる茎葉等、全体の姿を見ると栃木や山梨、静岡等に見られる普通のイワギボウシと同じ姿です。
次も武甲山産のイワギボウシです。

武甲山産イワギボウシ」 これもKさんによって採種・選別された武甲山産イワギボウシの坪採りの1つです。やはり花茎は斜上して、長く穂状にビッシリと花がつきます。ガクは花が開くにつれて枯れ落ちます。やはり普通のイワギボウシですね!!

武甲山産イワギボウシ」 やはりこの個体も芽出しの頃から曙系の萌黄散り斑を現します。この個体の方が葉に丸味があり、全体のバランスもなかなか見事で観賞価値の高い秀品です。
これも武甲山で発見されたKさん秘蔵のイワギボウシの一つです。おそらく上の「武甲変化」に近いところで発見されたのでしょうが、やはり普通のイワギボウシです。
おそらく「武甲山」に生える岩ギボウシは殆どがこの一般的な形のイワギボウシだと考えます。
次に「武甲系イワギボウシ」と呼ばれている系統のものをご覧ください。

武甲系イワギボウシ」 青梅のTさん選別の「武甲系イワギボウシ」で「T25」と呼びならしている個体です。このタイプのものは写真の様に、花茎は真っ直ぐ伸びてボール状の蕾が次々と割れて行くように開きます。ガクは硬く花後も殆ど落ちずに残ります「武甲誉」「武甲昇竜」や「昇光錦」「昇栄錦」等、殆どの「武甲系」と言われているものはこのタイプです。
あれれれ・・・下の蕾を良く見ると・・・・

武甲系イワギボウシ・T25」 ハ・ハ・ハ・・・これまた子宝咲きの片鱗を見せています。Tさんの幾つかの「武甲系」選別品には、このように子宝咲きの遺伝子を持つものが見られます。ただ・・・残念ながら全花が子宝咲きになるものは殆ど見られません・・。
「武甲系」のイワギボウシたちは写真の様に「武甲山産」のイワギボウシとは大きく姿が異なります。
花茎は直立して、ガクは落ちずに残り、茎葉も斜上から立ち上がる個体が多く見られます。
実はこれ・・・「武甲山産」と「武甲系」は明らかに産地が異なります・・・と言われていますが・・・確かにそうかも・・・。
「武甲山産」が武甲山の産であるのに対し、「武甲系」は秩父でも比較的西の方で発見されていると聞きます。
「武甲」はあくまで秩父の象徴であって産地では無い・・・と言う事かしら・・・??
ともあれ・・・僕はどっちでも好き・・・だからあんまり関係ないんだけど・・・でもルーツは大事かな・・!!
これからイワギボウシのシーズンに入りますね。
皆さんも色々と見比べてみると・・・なかなか楽しいですよ!!

2008年9月 2日 (火)

「メダカ」・・な日々


やややっ・・」 加温室の一室に突如現れた水槽群・・・まだまだ増えそうな・・・悪い予感!!

なんだかここのところ・・・「メダカ」な日々です。
先日、知人のTさんが遊びに見えた折に、生まれたばかりの小さなメダカたちを沢山持ってきてくれました。
その中身は・・・と言うと・・・
「パンダスケルトンダルマ交配」とか、「楊貴妃系ダルマ交配」、「パンダ鱗光ダルマ交配」「琥珀光銀鱗ダルマ交配」等、Tさん自身の手による交配メダカたちが沢山やってきました。
ここのところ、「実験動物として始まった」と言われる「変わりメダカ」たちの進歩には目覚しいものがあります。
特に、目玉の回りが黒く縁取る「パンダ」と呼ばれるものや、体が半透明の「スケルトン」や鰓の紅が透けて見える「桜」、目玉の飛び出た「ハンマーヘッド」、ヒカリ芸が目にも見られる「スモールアイ」や「男前」、背びれが細く立つ「角」や「サムライ」と呼ばれるものなど特に人気が高く、出現率が少ない事も手伝って、高価ながらもどこの店でも品切れ続出のようです。
これらのメダカたちは・・・これまでの上から眺めるメダカと異なり、透明水槽で横から眺めて初めて美しさが楽しめるメダカたちばかりです。
そんな訳で・・・Tさんんからもらったメダカたちを入れるためにKホームさんに行ってとにかく小さなアクリル水槽を買占め、簡単な機材も少し買って飼育準備をしていたのですが・・・そのKホームさんの売り場でも「初めて」と言うくらい綺麗な「楊貴妃」と「東天光」(楊貴妃のヒカリタイプ)が小さな水槽に入れられていました。でも・・・値段がありません!!
僕がこれまで見ていた系統よりもはるかに綺麗だったので「これ・・・売るの・・」と、店員さんに聞いてみると・・・。
「あっ・・・未だ値段つけてませんね!!、売りますよ・・、これだけ綺麗なの初めて入荷しました!!」等と話してくれました。
値段を聞いて・・・「買う、ペアでね!!」
やれやれ・・・またまた、悪い癖が始まりました!!
これまでも「園」では様々なメダカを販売していましたが・・・ここのところのメダカは一味違う!!
こうしてセットした写真が上の写真です、とーぜん売り物ではありません。
でも・・こうなると「悪い癖」で・・嗚呼・・止まりません!!
今度は「男前」に挑戦です!!
ネットで「男前」と「超男前」の遺伝子交配を5系統くらい注文して・・・。
来週は知人のところで「パンダ」や「ダルマ」「ヒカリ」等の販売品の他に・・・自分でお楽しみ用の「パンダスケルトンダルマ」や「楊貴妃ダルマ」「ハンマーヘッド」や「パンダハンマーヘッドの交配」なんかも頼んでみました。
バッカだねぇ~・・・ホント・・・。
取敢えずこれで一通りの遺伝子は揃いそうなので・・・
まあ・・・交配の仕方は植物も動物も指して変わりは無いでしょう・・・。(交配する気か!??)
ただでさえ忙しいのに・・・忙しい時期なのに・・・
何してるんでしょう・・・・ハア・・
また安い水槽・・・買い占めてこなきゃ~ね。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ