« 発芽6ヶ月の脅威!! | トップページ | 目標・10月20日・・・ »

2008年9月23日 (火)

肥培のシーズン


変化はヤッパリ変化」 先日紹介しました武甲山産のイワギボウシ曙散り斑の「武甲変化」です。以前から「子宝咲き」とは言われていましたが、実際は多弁系の八重咲きです、ただ、これまで余り花の写真は見られませんでしたね!! 写真は知人のMさんのところで開花したもので、僕のところではもう少しです。「武甲変化」は青梅のSさん秘蔵の一品ですが、当時から株数はあり、一部の業者さんを経てかなりの数が各地に散っていったと考えられます。みんな今、どうしてるのかしら・・・。
今日は「秋分の日」です。
ここ菖蒲町もいよいよ秋の気配が感じられる陽気になりました。
さて・・・これから少しの間は「肥培」の季節です。
先日までの暑さの為になかなか「肥培」に思い切れなかったのですが・・・これで漸く一安心。
先ずはいつもよりも芽の太り方が遅れている雪割草に液肥を与えます。
これから10日に1回くらい、来月まで3~4回ほど与えます。
少し前にポッと苗の置き肥も漸く済ませたので、これからは一気に芽が太ってくるのを待ちます。
山野草たちも休日をはさんで木曜日から寒冷紗を外します。
これも置き肥をして、休眠まで元気に成長させましょう。
蒔き床も発芽しているものはボチボチ肥料切れです!!
雑草を整理して・・・少し肥料を置いてみましょう。
花後のウチョウランたちもこれから一気に来年の球根作りに入ります。
これも10日に1回くらいの割合で液肥を与えます。
シダやカンアオイ、野生ランなんかも充実の時です。
これも液肥と置き肥で充実を図ると驚くほどに成長します。
球根植物も速いものでは芽出しを始めたので・・・これも肥培始めのタイミングです。
まあ・・・この時期はどんなものでも・・・「肥培」は欠かせない・・・と言う事ですね!!
何かと忙しい時期に入りました。
明日からは「リスト」作りに入ります。
いよいよ・・・猫の手も借りたいですね!!

純白花コマメギボウシ」 コマメともヤクシマとも呼ばれて流通していますが、「屋久島」にこんなギボウシはありません。「小さいからヤクシマ」の銘々が流行っていた頃の「遺物」ですね。おそらくは「北海道よりも北」の産との説が有力??です。現在流通している純白花は、僕の古い知人で静岡のOさんの実生から偶然咲いた1個体が繁殖したものだと思います。秋の陽射しに眩しいほどの白さが可愛いですね!!
おおっ・・・いよいよ30万アクセス突破です!!
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
(ヤバッ・・だんだん迂闊な事がかけなくなってきたぞぉ~・・・)

« 発芽6ヶ月の脅威!! | トップページ | 目標・10月20日・・・ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

今日は一週間ぶりのお休みだったので、少し遠出をしてある園芸店まで土を買いに行きました...が到着したら店じまいしているところでした。がっかりしたついでに普段入ったことのない本屋に入ると、「山野草マニアックス」の最新号があるではないですか。中を見るとグロテスクな花の写真、そして解説文のページに冨澤正美さんのお名前。これは買うべしと思い一冊ゲットしました。最近某映画化された漫画の影響で、悪魔的なものに少し心引かれる身としては、この仲間は外せませんね。グロテスクな上に有毒。浦島さんはいませんがユキモチソウとムサシアブミはあるので育て方の参考にしたいと思います。
次号も執筆されているそうなので出たら買おうと思います。
土はまた一週間後のお休みにリベンジします。(少しこだわりがあります)
ムジナノカミソリは秋出葉型でいいんですよね?ネリネは抽薹しているんですがまだこちらは休眠中みたいです

はぐりっど様、こんばんは。
「マニアックス」お買い上げ有難うございます。
何となく・・・照れますね!!

ムジナノカミソリは発芽11月から12月の頭の頃の様です。
その分、休眠も早いですね!!
僕のところでも未だ休眠中です。
大丈夫だと思うのですけど・・・。

今日はお忙しい中、いろいろお話聞かせてくれてありがとうございました。あの棚に並んだギボウシ達を見ていたらまた一歩深~いギボウシの底なし沼にはまった気がします。本当に奥が深い世界で楽しいですね。やまくささんはあんな大人の高貴な遊びをされているなんてホントに憧れます。ぜひまた来年もよろしくお願いします。
それから、話に出たヒメウナズキはヒメヒュウガの間違いでした。
まあ元々こんなのがあるのかは分かりませんが。

今晩は。実は昨日は興奮してメモをとるのを忘れてしまい少しお聞きしたいことがあるのですが、あのサイゴクイワ羅紗は元株の株分けでよろしかったでしょうか?それとヒメイワは実生品でしょうか?すいませんが教えてください。

M・T様、こんばんは。
先日は遠い所をわざわざ有難うございました。
余りの熱心さに・・・圧倒されてしまいました。
ご質問の件ですが・・・
サイゴクイワ羅紗は原種の株分け品です、貴重品ですよ!!(葉焼けとダニで葉痛みひどくてスミマセン・・・です。coldsweats01
ヒメイワの方は実生です、ただしセルフ選別の株分けですので変な血は入っておりません。むしろ原種の分離で固定した花ですので、実生親として使うにはホモ化していると思われますので使いやすいですよ!!
あの後・・・早速、トサヤマの斑入りを5タイプほど手配してみました。
はたして純粋なものかどうか・・・楽しみです。
バランはやはりミズギボウシよりもかなり暑がりそうです。
今年は時期が悪い様ですので、来年は何とかなるかもしれません。
少し、トサヤマ、ヒメイワ、ナガサキなんかの小型のものを集めてみようと考えています。
お陰様で・・・僕のほうも新しい「インスピレーション」が浮かんできそうです!!
来年もご来園、楽しみにしております。
沢山のお土産話を聞かせてくださいね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 発芽6ヶ月の脅威!! | トップページ | 目標・10月20日・・・ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ